浩周(こうしゅう)

【姓名】 浩周(こうしゅう) 【あざな】 孔異(こうい)

【原籍】 上党郡(じょうとうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

孫権(そんけん)の真意を見抜けず、曹丕(そうひ)の信頼を失う

父母ともに不詳。

浩周は建安(けんあん)年間(196~220年)に「蕭県令(しょうけんのれい)」となり、やがて「徐州刺史(じょしゅうのしし)」に昇進した。

219年、于禁(うきん)の目付け役として従軍したとき、劉備(りゅうび)配下の関羽(かんう)に敗れて捕虜となる。この年のうちに、今度は孫権が関羽を討ち破って処刑すると、捕虜となっていた于禁を始め、浩周や東里袞(とうりこん)らを解放し厚遇した。

翌220年2月、曹丕が「魏王(ぎおう)」を継ぐと、浩周は東里袞とともに孫権の書簡を預かり魏へ帰る。

曹丕がふたりを引見した際、浩周は下問に答えて述べた。

「孫権は必ず臣従するでしょう」

だが、東里袞はこう述べた。

「孫権が臣従するとの保証はできかねます」

曹丕は浩周の言葉のほうを喜び、彼の判断にはしかるべき根拠があるものと考える。

同年10月、曹丕が帝位に即くと、孫権を「呉王(ごおう)」に封じて詔(みことのり)を伝える使者を遣わしたが、このとき浩周も随行した。

曹丕が浩周らを呉へ遣わしたのは翌221年に入ってからだと思うが、以下の記事との時期的な兼ね合いがイマイチつかめず……。

呉で孫権の私的な宴に招かれた際、浩周が言った。

「陛下は王(孫権)が御子息を入侍させるかお疑いでしたが、私は一門100人の命を懸け、そうされるだろうと保証いたしました」

孫権は涙ながらに謝意を表し、浩周の帰国時にも天に誓って約束を守ると言ってみせる。しかし浩周らが帰国した後も、孫権は息子(孫登〈そんとう〉)を魏へ遣らず、言を左右にした。このため孫権の使者は魏で長く拘留されてしまう。

222年8月、孫権は曹丕に上書して謝罪。別に浩周にも手紙を送り、自分の気持ちを述べる。

ここは一応「222年8月」と見たが、「221年8月」と見るべきなのかよくわからなかった。

曹丕は孫権の言い分を信じ、浩周が彼の真心を感じたものとも考えた。ところが孫権は言い繕うだけで、息子を魏へ遣る気などまったくなかった。そのうち曹丕も孫権の真意がわかると、浩周は遠ざけられ、二度と用いられることはなかったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。

浩周は関羽の捕虜となったものの処刑を免れ、ほどなくその関羽も敗れたことで、孫権との奇縁ができたわけですよね。孫権に厚遇された影響もあると思いますけど、痛い判断ミスをしてしまいました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】