孫越(そんえつ)

【姓名】 孫越(そんえつ) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫韶(そんしょう)の息子

父は孫韶だが、母は不詳。孫楷(そんかい)は兄で、孫異(そんい)・孫奕(そんえき)・孫恢(そんかい)はみな弟。

孫越は241年に死去した孫韶の跡を継ぎ右将軍(ゆうしょうぐん)まで昇った。

264年4月には魏(ぎ)の新附督(しんふとく)の王稚(おうち)が海側から句章(こうしょう)に侵入。これを孫越が迎撃し、船1隻(せき)を拿捕(だほ)して30人を捕虜とした。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました