楊儀(ようぎ)

【姓名】 楊儀(ようぎ) 【あざな】 威公(いこう)

【原籍】 襄陽郡(じょうようぐん)

【生没】 ?~235年(?歳)

【吉川】 第278話で初登場。
【演義】 第091回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・楊儀伝』あり。

独りよがりの性格が災いし、諸葛亮(しょかつりょう)の後継者になれず

父母ともに不詳。楊慮(ようりょ)は兄。

楊儀は、建安(けんあん)年間(196~220年)に荊州刺史(けいしゅうしし)の傅羣(ふぐん)に仕え「主簿(しゅぼ)」を務めた。のち傅羣に背き、襄陽太守(じょうようたいしゅ)の関羽(かんう)のもとへ行く。そして「功曹(こうそう)」に任ぜられ、西方にいた劉備(りゅうび)への使者として遣わされた。

楊儀は劉備と軍事や政事について語り合い大いに気に入られ、そのまま「左将軍兵曹掾(さしょうぐんへいそうえん)」としてとどめられた。

このとき劉備は漢(かん)の「左将軍」だった。

219年、劉備が「漢中王(かんちゅうおう)」になると、楊儀は「尚書(しょうしょ)」に抜てきされる。

221年、劉備が帝位に即き、孫権(そんけん)討伐のため東征に出向いた際、楊儀は尚書令(しょうしょれい)の劉巴(りゅうは)と対立したことから、遠方の(名目上の)「弘農太守(こうのうのたいしゅ)」に左遷された。

225年、楊儀は丞相(じょうしょう)の諸葛亮の「参軍(さんぐん)」となり、丞相府の業務を取り仕切り南征にも随行する。

227年、再び諸葛亮に付き従い漢中へ赴く。

230年、楊儀は「丞相長史(じょうしょうちょうし)」に昇進し「綏軍将軍(すいぐんしょうぐん)」の官位を加えられる。

このころ諸葛亮は北伐のため出兵を繰り返していたが、いつも楊儀が手際よく部隊の編成や兵糧の計算を行い補佐した。軍需物資の調達も楊儀の手によるところが大きかったので、諸葛亮は彼の才幹を愛惜しながらも、一方では魏延の豪勇を頼りにしていた。

楊儀と魏延は仲が悪く、諸葛亮は残念に思っていたものの、どちらかを辞めさせることまではできなかったという。

234年、楊儀は諸葛亮に付き従い出陣し、谷口(こうこく)に駐屯する。

同年秋、諸葛亮が陣没すると、楊儀は軍勢をひきいて帰還を果たし、撤退時に対立した魏延をも誅殺。大功を立てたことから、自分が諸葛亮に代わって政治を行うのが当然だと考えた。

そこで都尉(とい)の趙正(ちょうせい)を呼び、『周易(しゅうえき)』をもって占わせたところ「家人(かじん。家庭内の役割を表す)」の卦(け)が出る。楊儀は黙り込み不愉快な様子を見せた。

結局は蔣琬(しょうえん)が「尚書令」となり、「益州刺史(えきしゅうのしし)」を兼ねることになる。楊儀は成都に帰還したあと「中軍師(ちゅうぐんし)」に昇進したが、特に職務はなかった。

以前、楊儀が劉備の下で「尚書」を務めていたころ、まだ蔣琬は一介の「尚書郎(しょうしょろう)」にすぎなかった。

のちにふたりとも諸葛亮の下で「丞相参軍・長史」を務めたものの、楊儀はいつも諸葛亮に随行して激務をこなし、年齢や官位も蔣琬より上で、彼より自分のほうが才能があると思い込んでいた。

そのため蔣琬が諸葛亮の跡を継いだことへの不満が声や顔色に表れ、嘆息や舌打ちが体の中から湧き起こってくる。当時の人々は楊儀の発言に節度がないことを恐れ、彼に同情する者もいなかったが、ただ後軍師(こうぐんし)の費禕(ひい)だけは彼のもとへ通って慰めていた。

楊儀は費禕に様々な不満をぶつけたうえ、こうまで言った。

「丞相がお亡くなりになったとき、もし私が軍勢を挙げて魏氏(ぎし。魏の曹氏〈そうし〉)に付いていたら、世にあってこのように落ちぶれる羽目になっていただろうか。まさに後悔先に立たずだ!」

この発言は費禕によりひそかに上奏される。

翌235年、楊儀は免官のうえ庶民に貶(おと)され、漢嘉郡(かんかぐん)へ流された。ところが配所に着いた後、またも楊儀は上書して激しい誹謗(ひぼう)の言葉を書き連ねたため、ついに逮捕され自殺した。ただ、彼の妻子は蜀への帰還を許されたという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、諸葛亮は楊儀について普段からひそかにこう語っていたそうです。

「楊儀は性格が狷介(けんかい。頑固で心が狭く、他人と調和しない様子)で偏狭(頑固に意地を通す様子)だから、私の後継者には蔣琬を考えている」

諸葛亮は楊儀の仕事ぶりに一定の評価をする一方で、後事を託せるほどの器ではないとも早くから見ていたということに……。

しかし、本当に「中軍師」しか空きポストがなかったのでしょうか? その点からすれば、楊儀の不満も理解できなくはないなと思いました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】