劉邕(りゅうよう)

【姓名】 劉邕(りゅうよう) 【あざな】 南和(なんか)

【原籍】 義陽郡(ぎようぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

篤実さをたたえられた将軍(しょうぐん)

父母ともに不詳。息子の劉式(りゅうしょく)は跡継ぎで、劉武(りゅうぶ)も同じく息子。

211年、劉邕は劉備(りゅうび)に付き従い蜀(しょく)へ入る。

214年、劉備が成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降した後、劉邕は「江陽太守(こうようのたいしゅ)」に任ぜられた。劉禅(りゅうぜん)の建興(けんこう)年間(223~237年)には「監軍(かんぐん)・後将軍(こうしょうぐん)」まで昇り、「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられる。

劉邕が死去(時期は不明)すると息子の劉式が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・楊戯伝〈ようぎでん〉)の『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の陳寿(ちんじゅ)の注記によるもの。

登場箇所が少ないためコメントしにくいうえ、具体的な事績についての記事もなく、どのような人物だったのかはよくわかりませんでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】