秦旦(しんたん)

【姓名】 秦旦(しんたん) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

使節団のひとりとして乗り込んだ遼東(りょうとう)で待っていた思わぬ苦難

父母ともに不詳。

233年、孫権(そんけん)は前年に臣従を申し出た遼東太守(りょうとうたいしゅ)の公孫淵(こうそんえん)を信じ、彼を燕王(えんおう)に封ずることにする。

そこで、公孫淵が遣わした校尉(こうい)の宿舒(しゅくしょ)と郎中令(ろうちゅうれい)の孫綜(そんそう)が帰国する際、呉(ご)の太常(たいじょう)の張弥(ちょうび)、執金吾(しつきんご)の許晏(きょあん)、将軍(しょうぐん)の賀達(がたつ)らに1万の兵を付けて同行させ、財宝や九錫(きゅうせき)の下賜品を授けようとした。

このとき秦旦は中使(ちゅうし。孫権の個人的なあいさつを伝える役)として、張羣(ちょうぐん)・杜徳(ととく)・黄疆(こうきょう)らとともに使節団の一員として随行する。

使節団が襄平(じょうへい。遼東郡の郡治で公孫淵の本拠地)に到着したとき、呉の官吏や従者は合わせて400余人いた。

ところが公孫淵は翻意して張弥や許晏の殺害を謀り、手始めに呉の関係者を各地に分けて滞在させる。秦旦は張羣・杜徳・黄疆らに加え、官吏と兵士60人とともに玄菟郡(げんとぐん)へ行くよう言われ、民家での仮住まいを強いられた。

玄菟郡は遼東郡の北東200里(り)にあって、太守の王賛(おうさん)が200戸を治めていたが、多く見積もっても配下の兵士は3、400人というところだった。

そのまま40日ほど過ぎたころ、秦旦は黄疆らと相談して王賛を倒す計画を立て、8月19日の夜に決行する手はずを整える。

しかし当日の昼、部下の張松(ちょうしょう)が秦旦らの計画を密告したため、王賛は兵士を集めて城門を閉じた。

秦旦・張羣・杜徳・黄疆らは城壁を越えて城外へ逃れたものの、張羣は膝にできた腫れ物のため思うように歩けなかった。

張羣は杜徳の手を借り何とか6、700里の険しい道を進んできたが、傷が悪化し、ついに草むらに倒れ伏す。

みな張羣のそばに集まり涙を流すと、張羣は自分のことは捨て置き、早く先へ進んで使命を果たすよう言った。

それでもみな張羣を見捨てず、杜徳がこの場にとどまって張羣を看病し、秦旦と黄疆のふたりは先へ進むことになった。

数日後、秦旦と黄疆は句麗(くり。高句麗〈こうくり〉)の地までたどり着き、王の位宮(いきゅう)に経緯を説明する。

位宮が配下を付けてくれたため、秦旦は連絡を待っていた杜徳と張羣を助け出すことができた。

秦旦らは年内に位宮が遣わした25人の使者とともに帰国を果たし、孫権からその義行を高く評価され、みな校尉に任ぜられたという。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』によるもので、秦旦の名は『三国志』の本文には見えません。

こういった心温まる話も拾われているのが裴松之注のいいところですけど、重臣たちの反対を押し切って遼東に使節団を派遣した孫権の判断ミスが招いた、命がけの脱出行だったと言えますね。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました