閻柔(えんじゅう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 閻柔(えんじゅう) 【あざな】 ?

【原籍】 広陽郡(こうようぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

異民族から敬われた将軍(しょうぐん)

父母ともに不詳。閻志(えんし)は弟。

閻柔は若いころに捕らえられ、烏丸族(うがんぞく)や鮮卑族(せんぴぞく)のもとで暮らしたが、成長するうち彼らから崇敬を集めるまでになった。

193年、幽州牧(ゆうしゅうぼく)の劉虞(りゅうぐ)が前将軍(ぜんしょうぐん)の公孫瓚(こうそんさん)に処刑されると、劉虞配下で「従事(じゅうじ)」を務めていた漁陽(ぎょよう)の鮮于輔(せんうほ)と斉周(せいしゅう)、さらに騎都尉(きとい)の鮮于銀(せんうぎん)らは、幽州の兵をひきいて公孫瓚に報復しようと考える。

そこで、異民族の信頼を得ている閻柔を「烏丸司馬(うがんしば)」に立てた。閻柔は烏丸族や鮮卑族にも呼びかけ、異民族と漢人(かんじん)からなる数万の軍勢を整える。

そして、公孫瓚が任命した漁陽太守(ぎょようたいしゅ)の鄒丹(すうたん)と潞北(ろほく)で戦い、大破したうえ彼を斬った。次いで漢の烏丸校尉(うがんこうい)の邢挙(けいきょ)も斬り、閻柔自ら代わった。袁紹(えんしょう)は閻柔らを厚遇することで、北方の安定を図ろうとしたという。

199年、袁紹の大攻勢を受け、易京(えきけい)で公孫瓚が滅ぶ。

翌200年、曹操(そうそう)と袁紹が官渡(かんと)で対峙(たいじ)すると、閻柔は曹操のほうに使者を遣って帰順し「護烏丸校尉(ごうがんこうい)」に任ぜられた。

205年、曹操が南皮(なんぴ)で袁譚(えんたん)を討伐した際、閻柔は配下の異民族をひきいて従軍し名馬を献ずる。

曹操は閻柔を正式な「烏丸校尉」に任じ、漢の「使節(はたじるし)」を与えたうえ、上谷郡(じょうこくぐん)の寧城(ねいじょう)に駐屯させた。

207年、閻柔は曹操が3郡(遼西〈りょうせい〉・遼東〈りょうとう〉・右北平〈ゆうほくへい〉)の烏丸を討伐した際も従軍し、功により「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられる。

曹操は、閻柔の配下にあった幽州と幷州(へいしゅう)の烏丸1万余落(らく)と3郡の烏丸を併せ、彼らを内地へ移住させたという。

211年、曹操が関中(かんちゅう)の韓遂(かんすい)と馬超(ばちょう)を討伐した際、田銀(でんぎん)や蘇伯(そはく)が河間(かかん)で反乱を起こす。

閻柔は鮮卑の大人(たいじん。部族の有力者)である軻比能(かひのう)とともに、田銀の討伐に加わった。なお、軻比能は建安(けんあん)年間(196~220年)に、たびたび閻柔を通じて朝廷に献上品を奉っていたという。

220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと閻柔は「度遼将軍(どりょうしょうぐん)」に昇進。県侯(けんこう)」に爵位が進み「特進(とくしん。三公に次ぐ待遇)」の位を授かった。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・公孫瓚伝)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』および『三国志』(魏書・烏丸伝)と『三国志』(魏書・鮮卑伝)によるものです。

『魏略』によると、曹操は閻柔によく目をかけ、いつもこう言っていたそうです。

「私は卿(きみ)を実の子のように思っている。卿も私を実の父のように思ってほしい」

そのため閻柔は(曹操の息子である)曹丕も頼りにし、ふたりは兄弟のようだったのだと。ただ、曹丕の即位後の閻柔については上で挙げた以外の記事がなく、没年などもわかりませんでした。

異民族との暮らしが長かったことも影響しているのか、閻柔には内地の人にはない魅力があったようですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】