于禁(うきん)

【姓名】 于禁(うきん) 【あざな】 文則(ぶんそく)

【原籍】 泰山郡(たいざんぐん)鉅平県(きょへいけん)

【生没】 ?~221年(?歳)

【吉川】 第043話で初登場。
【演義】 第010回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・于禁伝』あり。

みなの評価を一変させた関羽(かんう)への投降

父母ともに不詳。息子の于圭(うけい)は跡継ぎ。

184年、黄巾(こうきん)の乱が起こると、于禁は鮑信(ほうしん)の募兵に応じ付き従う。

192年、曹操(そうそう)が兗州(えんしゅう)を治めるようになると于禁は仲間を連れて合流。「都伯(とはく。部隊長)」として将軍(しょうぐん)の王朗(おうろう)の下に配属される。

王朗は于禁を評価し、「彼の才能なら大将軍(だいしょうぐん)を任せられる」と言い推薦。曹操は于禁を引見したうえ「軍司馬(ぐんしば)」に任じ、兵をひきいて徐州(じょしゅう)へ行かせ、広威(こうい)への攻撃を命ずる。于禁は攻略に成功し「陥陣都尉(かんじんとい)」に昇進した。

194年の濮陽(ぼくよう)での呂布(りょふ)攻めに参加し、別軍として城南のふたつの敵営を撃破。また別軍の将として、須昌(しゅしょう)で呂布配下の高雅(こうが)も討ち破る。

翌195年?の寿張(じゅちょう)・定陶(ていとう)・離狐(りこ)への攻撃、雍丘(ようきゅう)での張超(ちょうちょう)包囲にも参加し、すべての陥落に貢献した。

翌196年、黄巾の劉辟(りゅうへき)および黄邵(こうしょう)らの討伐に加わり、版梁(はんりょう)に駐屯したとき曹操の軍営が夜襲を受ける。于禁は直属の兵を指揮して撃退。黄邵らを斬って配下の軍勢を降伏させ、「平虜校尉(へいりょこうい)」に昇進した。

翌197年の苦(こ)での橋蕤(きょうずい)包囲では、橋蕤以下の4人の将軍を斬る。次いで曹操に付き従い宛(えん)まで行き、張繡(ちょうしゅう)を降した。

だが、ほどなく張繡が背き、曹操は敗れて舞陰(ぶいん)へ引き返す。このとき軍が混乱し、おのおの間道を通って曹操の行方を捜したほどだった。ただ于禁だけは、配下の数百人を指揮して戦いながら引き揚げる。死傷者は出たものの離散者はいなかった。そして敵の追撃が弱まると、おもむろに隊列を整え、太鼓を打ち鳴らして帰還した。

曹操のところまで行き着く途中、けがをして裸で逃げる10余人の兵に遭遇。事情を聞くと青州兵(せいしゅうへい)の略奪に遭ったとのこと。

以前(192年)、降伏した黄巾賊をもって「青州兵」が組織され、曹操から寛大な扱いを受けていた。彼らはこれに付け込み、平気で略奪を働くようになっていた。

腹を立てた于禁は青州兵を懲らしめ、その罪を責め立てる。すると青州兵は、あわてて曹操のもとへ逃げ込んで訴えた。しかし、于禁は到着後すぐに軍営を設け、曹操への謁見は後回しにした。

ある者が于禁に注意する。

「すでに青州兵は、あなたさまのことを訴えております。早く殿のところへお行きになり、この件をはっきりさせる必要がありましょう」

于禁は応えた。

「いま賊軍はわれらの背後にある。まもなく追撃してくるだろう。まず備えを整えなければ、どうやって対処するのだ。それに殿は聡明(そうめい)であられる。でたらめの訴えが何の役に立とうか」

こうして塹壕(ざんごう)を掘って軍営が整うと、ようやく于禁は曹操に謁見を求め、実情を詳しく説明する。曹操は喜びを表したうえ、彼の前後にわたる戦功を採り上げ「益寿亭侯(えきじゅていこう)」に封じた。

その後も于禁は曹操に付き従い、穣(じょう)で張繡を攻め、翌198年には下邳(かひ)で呂布と戦う。

翌199年、別軍として曹仁(そうじん)や史渙(しかん)とともに、射犬(しゃけん)で眭固(すいこ)を討ち取った。

曹操が初めて袁紹(えんしょう)と戦ったとき、敵の軍勢は盛んだったが、于禁は先陣を望んで出る。その意気が認められ、彼は2千の歩兵をもって延津(えんしん)を守り、袁紹軍を防いで曹操が官渡(かんと)を渡るのを助けた。

のち劉備(りゅうび)が徐州に拠って背くと、翌200年、曹操は討伐のため東へ向かう。この間に袁紹の攻撃を受けたものの、于禁は延津を固守し続けた。

次いで楽進(がくしん)らと歩騎5千をひきい、袁紹の別営を攻める。

さらに延津から西南へ向かい、黄河(こうが)に沿って汲(きゅう)および獲嘉(かくか)の両県まで行き、30余か所の敵営を焼き払った。この時に斬った首と捕虜はそれぞれ数千。袁紹配下の将軍の何茂(かぼう)や王摩(おうま)ら20余人も降す。

その後、別軍をひきいて原武(げんぶ)に駐屯。杜氏津(とししん)にあった袁紹の別営を撃破した。于禁は「裨将軍(ひしょうぐん)」に昇進し、曹操に付き従って官渡へ戻る。曹操が「官渡の戦い」で勝利を収めると、于禁は「偏将軍(へんしょうぐん)」に昇進した。

206年、再び昌豨(しょうき。昌霸〈しょうは〉)が背くと、于禁が急いで討伐に向かう。昌豨は彼の旧知だったこともあり、出頭して降伏。

みな降伏した昌豨を曹操のもとに送るよう主張したが、于禁は言った。

「諸君は殿の常令を知らないのか? 包囲された後で降伏した者は許さない、とある。法律を奉じて命令を実行するのは、お上に仕える者の守るべき節義である。昌豨は旧友だが、そのことで私が節義を失ってよいものか」

自ら出向いて別れを告げると、涙を流しながら昌豨を斬った。

于禁は曹操の上奏により、楽進や張遼(ちょうりょう)ともども功績を評価され「虎威将軍(こいしょうぐん)」に任ぜられる。

208年?、于禁は臧霸(そうは)らとともに梅成(ばいせい)の討伐にあたる。同じく張遼や張郃(ちょうこう)らは陳蘭(ちんらん)を討伐した。

到着すると梅成は3千余の軍勢を挙げて降伏したが、ほどなく背き陳蘭と合流してしまう。于禁は陳蘭と対峙(たいじ)していた張遼らへの兵糧の輸送に努め、彼らが陳蘭と梅成を斬るのを助けた。于禁は200戸の加増を受け、以前と合わせて封邑(ほうゆう)は1200戸となる。

やがて「節鉞(せつえつ。軍権を示す旗とまさかり)」を授けられ、彼の封邑から500戸を分ける形で、息子のひとりが「列侯(れっこう)」に封ぜられた。

219年、樊(はん)の曹仁が劉備配下の関羽の攻撃を受ける。この際、于禁も援軍をひきいて樊へ向かった。この秋はひどい大雨となり、漢水(かんすい)が氾濫。平地に数丈(すうじょう)の水がたまり、于禁らの7軍は水没してしまう。

于禁が諸将と高地に登っていたところへ、関羽が大船に乗って攻めかけてくる。于禁は降伏したが、同じく援軍に駆けつけ捕らえられた龐悳(ほうとく)は、忠節を曲げることなく関羽に処刑された。

これを聞いた曹操は長大息して言う。

「私が于禁を知ってから30年になる。その彼が危難を前にして、かえって龐悳にも及ばぬとは思いも寄らなかった」

たまたま孫権(そんけん)が関羽を捕らえ、その配下の軍勢を捕虜としたので、于禁の身柄は呉(ご)へ移されることになった。

翌220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと孫権は藩国の礼を執り、翌221年には于禁を魏へ帰国させる。

曹丕が引見すると、于禁はひげも髪も真っ白で、顔かたちはげっそりとやつれていた。于禁は涙を流し、頭を地に打ちつけて拝礼したが、曹丕は故事を引き慰め諭すと「安遠将軍(あんえんしょうぐん)」に任じた。

そして呉へ使者として遣わすと言い、その前に鄴へ行き「高陵(こうりょう。曹操の陵)」に参拝するよう命ずる。このとき曹丕はあらかじめ陵の建物に、関羽が戦いに勝って龐悳が憤怒し、于禁が降伏しているさまを描かせておいた。

于禁はそれを見ると、面目なさと腹立ちのあまり病気となり、そのまま死去したという。「レイ侯(れいこう。厂+萬)」と諡(おくりな)され息子の于圭が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝には以下のようにありました。

「于禁は張遼・楽進・張郃・徐晃(じょこう)とともに名将のひとりとして数えられており、曹操が討伐に向かうたび代わるがわる起用され、進撃するときは先鋒を務め、帰還するときは殿軍(しんがり)を務めた」

「于禁が軍に臨む態度は厳格で、(鹵獲〈ろかく〉した)賊の財貨を私物化することがない。このため彼への賞賜は特に手厚いものだった。だが、彼は法律により配下を統御したので、兵や民の心をつかむことができなかった」

堅物ぶりがうかがえますが、これはこれで称賛に値する態度と言えましょう。ですが、例の関羽への降伏により、彼の事績が一遍に台なしになってしまいました。

ただ、魏へ帰国した後の曹丕の対応もどうなのか? 誰かの入れ知恵だったのかもしれませんけど、わざわざ辱めるぐらいなら、あっさり自害でも命じたほうがよかったのでは……。

しかも彼の息子の于圭に跡を継ぐことを認め、「益寿亭侯」に封じているのですよね。どうも処遇に一貫したところがなく、ちょっと理解に苦しみました。先代(曹操)からの愛憎が交錯していたという背景もあるのでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】