韓当(かんとう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 韓当(かんとう) 【あざな】 義公(ぎこう)

【原籍】 遼西郡(りょうせいぐん)令支県(れいしけん)

【生没】 ?~226年

【吉川】 第031話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・韓当伝』あり。

孫氏(そんし)3代(孫堅〈そんけん〉・孫策〈そんさく〉・孫権〈そんけん〉)に仕え、よく将士の心をつかんだ宿将

父母ともに不詳。韓綜(かんそう)という息子がいた。

韓当は弓術や馬術に秀で腕力もあったため孫堅に気に入られ、各地の討伐に付き従うようになる。たびたび危険を犯して敵陣を陥し捕虜を得たので、功により「別部司馬(べつぶしば)」に任ぜられた。

のち孫策が江東(こうとう)へ渡ると、韓当は会稽(かいけい)・呉・丹楊(たんよう)の3郡の討伐に参加。「先登校尉(せんとうこうい)」に昇進し兵2千人と騎馬50頭を授かった。

199年、孫策に付き従い尋陽(じんよう)で劉勲(りゅうくん)を討伐。

203年、孫権の黄祖(こうそ)討伐に付き従い、その帰途では鄱陽(はよう)を討伐。

韓当は「楽安県長(らくあんけんのちょう)」に任ぜられたが、山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)たちは彼の威を恐れてよく従ったという。

208年、韓当は「中郎将(ちゅうろうしょう)」として周瑜(しゅうゆ)らとともに曹操(そうそう)を烏林(うりん)で撃破(「赤壁〈せきへき〉の戦い」)。さらに呂蒙(りょもう)らとともに南郡(なんぐん)の曹仁(そうじん)を攻め、翌209年には撤退に追いやる。

韓当は一連の功により「偏将軍(へんしょうぐん)」に昇進し(名目上の)「永昌太守(えいしょうのたいしゅ)」を兼ねた。

221年、劉備(りゅうび)の東進を陸遜(りくそん)や朱然(しゅぜん)らとともに迎え撃ち、涿郷(たくきょう)で大破。「威烈将軍(いれつしょうぐん)」に転じて「都亭侯(とていこう)」に封ぜられる。

翌222年、魏(ぎ)の曹真(そうしん)らが南郡に攻め寄せた際、韓当は城の東南を受け持ち守りきった。

翌223年、「昭武将軍(しょうぶしょうぐん)・冠軍太守(かんぐんのたいしゅ)」に昇進し「石城侯(せきじょうこう)」に爵位が進む。その後、「都督(ととく)」の称号も加えられる。

のち韓当は「敢死軍(かんしぐん)」や「解煩軍(かいはんぐん)」といった特別部隊の1万人をひきい、丹楊の反乱を平定した。

そして、226年に病死し息子の韓綜が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、韓当は地方へ出て軍勢の指揮を執る場合、よく将士を励まして心をひとつに合わせたそうです。

また、中央から遣わされた目付け役の意見を重んじ法令の順守にも努めたため、孫権から評価されたのだと。

ところが彼の跡を継いだ韓綜は素行が悪く、父の存命中こそ大目に見られていたものの、その父が亡くなってしまったことで、一転して処罰を受けるのではないかと不安を抱きます。

そこで韓綜は父の葬儀にかこつけ、(227年に)母方の親戚や数千の部曲(ぶきょく。私兵)を引き連れ魏に降伏してしまいました。

韓綜は特にひどい例だと思いますが、呉の宿将の息子たちには総じて活躍した人物が少ないですよね。ちょっと不思議な感じ……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】