龐淯(ほういく)

【姓名】 龐淯(ほういく) 【あざな】 子異(しい)

【原籍】 酒泉郡(しゅせんぐん)表氏県(ひょうしけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・龐淯伝』あり。

己を顧みない忠烈ぶり

父は龐子夏(ほうしか)、母は龐娥(ほうが。趙安〈ちょうあん〉の娘なので正しくは「趙娥」)。息子の龐曾(ほうそう)は跡継ぎ。

龐淯は、初め涼州(りょうしゅう)の「従事(じゅうじ)」として「破羌県長(はきょうけんのちょう)」を代行する。

209年、武威太守(ぶいたいしゅ)の張猛(ちょうもう)が反乱を起こし、涼州刺史(りょうしゅうしし)の邯鄲商(かんたんしょう)を殺害した。張猛は「あえて邯鄲商を弔う者があれば、容赦なく死刑に処す」と布告する。

しかし、これを聞くと龐淯は官を捨て、昼夜兼行で遺体の安置されている所へ駆けつけ号泣。その後、懐中に匕首(あいくち)を忍ばせ張猛の屋敷へ行き、会見の席で刺殺しようとする。結局、龐淯は事を果たせなかったが、張猛は彼が義士であるとわきまえて殺さなかった。

この一件により、龐淯の名は忠烈さをもって聞こえ渡り、酒泉太守の徐揖(じょゆう)から請われて「主簿(しゅぼ)」となった。

のち郡民の黄昂(こうこう)が反乱を起こし城を包囲すると、龐淯は妻子を捨て、夜間に城壁を乗り越えて反乱軍の包囲を脱し、張掖(ちょうえき)および燉煌(とんこう)の両郡に危急を知らせた。

初め両郡では疑って兵を出そうとしなかったが、彼が剣に身を伏せて自害しようとしたため、その義心に動かされる。

だが、援軍が到着しないうちに酒泉の城邑(まち)は陥落し、徐揖も死んでいた。龐淯は遺体を本籍の郡まで送り届け、3年の喪に服してから帰還する。曹操(そうそう)は話を聞き、龐淯を召し寄せて「掾属(えんぞく。属官)」とした。

220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと龐淯は「駙馬都尉(ふばとい)」に任ぜられる。やがて「西海太守(せいかいのたいしゅ)」に昇進し「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

のち中央へ召し還されて「中散大夫(ちゅうさんたいふ)」となったあと死去(時期は不明)し、息子の龐曾が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

雍涼(ようりょう)の出身者の中からは、忠義の尽くし方が激しい人物が数多く採り上げられている印象を受けます。学者が少ない地域だったのでしょうけど、彼らのように熱く真っすぐな態度には潔さを感じました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】