厳シュン(げんしゅん。田+允+夂)

【姓名】 厳シュン(げんしゅん。田+允+夂) 【あざな】 曼才(まんさい)

【原籍】 彭城国(ほうじょうこく)

【生没】 ?~?年(78歳)

【吉川】 第135話で初登場。
【演義】 第038回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・厳シュン伝』あり。

己の能力をわきまえ、陸口(りくこう)鎮守の大任を固辞

父母ともに不詳。厳凱(げんかい)と厳爽(げんそう)という息子がいた。

厳シュンは若いころから学問に打ち込み、『詩経(しきょう)』『書経(しょきょう)』「三礼(さんらい)」に精通し『説文解字(せつもんかいじ)』を好んだ。

三礼は『周礼(しゅらい)』『儀礼(ぎらい)』『礼記(らいき)』のこと。

やがて世の混乱を避けて江東(こうとう)へ移り、諸葛瑾(しょかつきん)や歩騭(ほしつ)と並ぶ名声を得たが、彼ら3人は親しい友人ともなる。

厳シュンは真っすぐな性格で思いやりがあり、見どころのある者に助言を与え導き、さらに才能を伸ばせるよう力を貸した。

そのうち厳シュンは張昭(ちょうしょう)の推挙を受け、孫権(そんけん)から「騎都尉(きとい)・従事中郎(じゅうじちゅうろう)」に任ぜられた。

217年、横江将軍(おうこうしょうぐん)の魯粛(ろしゅく)が死去すると、孫権は厳シュンを後任に充て、1万の兵を授け陸口を守らせようとする。

だが、厳シュンは涙ながらに固辞し続け、ついに孫権も諦めて呂蒙(りょもう)を起用。人々は厳シュンが自身の能力をわきまえて固辞した態度をたたえたという。

229年、孫権が帝位に即くと厳シュンは「衛尉(えいい)」して蜀(しょく)へ遣わされる。この際、蜀の丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)から高い評価を受けた。

厳シュンと旧知の仲である劉穎(りゅうえい)は、街の片隅に引きこもって学問に励んでおり、評判を聞いた孫権から召されても病気を理由に応じなかった。

ところが、弟で零陵太守(れいりょうたいしゅ)の劉略(りゅうりゃく)が死去(時期は不明)すると劉穎は葬儀に参列した。そのため孫権は劉穎が仮病を使い出仕を断っていたことに気づき、早馬を立てて収監しようとする。

この話を聴いた厳シュンは、劉穎のもとに駆けつけ状況を説いたうえ、戻ってから孫権に劉穎の助命を乞うた。おかげで劉穎は罪を免れることができたが、孫権の怒りを買った厳シュンは免職となる。

しばらくして厳シュンは復帰を許され「尚書令(しょうしょれい)」に任ぜられたものの、のち78歳で死去(時期は不明)した。

なお、厳シュンには『孝経伝(こうきょうでん)』や「潮水論(ちょうすいろん)」といった著作がある。このほかに、裴玄(はいげん)や張承(ちょうしょう)と行った管仲(かんちゅう)や季路(きろ。孔子〈こうし〉の弟子)についての議論も広く世に伝わったという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、厳シュンは俸禄や下賜された品々をため込まず、みな親戚や知人らに分け与えてしまったため、いつも自分の家は貧しかったということです。

また、本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞喜(ぐき)の『志林(しりん)』によると、孫権は厳シュンが馬に乗れるか試したことがあったといい、彼は馬の背に上りはしたものの、鞍(くら)から滑り落ちてしまったのだとか……。

学者なら馬に乗れなくても問題ないのでしょうけど、この様子だと確かに陸口の司令官は難しそうですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】