張尚(ちょうしょう)B ※張玄(ちょうげん)の息子

【この記事をシェアする】

【姓名】 張尚(ちょうしょう) 【あざな】 ?

【原籍】 広陵郡(こうりょうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・張紘伝(ちょうこうでん)』に付された「張尚伝」あり。

孫晧(そんこう)に当てつけに嫌みを言ったため誅殺される

父は張玄(ちょうげん)だが、母は不詳。張紘は祖父。

張尚は孫晧の時代(264~280年)に「侍郎(じろう)」となり、気の利いた物言いで厚遇される。やがて抜てきされ「侍中(じちゅう)」や「中書令(ちゅうしょれい)」を務めた。

あるとき孫晧から琴を弾くよう命ぜられたが、張尚は琴が弾けなかった。そこで詔(みことのり)を受けて琴を習う。

その後、くつろいだ席で琴の精妙さに話題が及ぶと張尚が言った。

「かつて(春秋〈しゅんじゅう〉時代に)晋(しん)の平公(へいこう)が師曠(しこう)に『清角(せいかく)』の曲を弾かせようとしたとき彼は言いました。『わが君の徳は十分に高いと申せませんので、この曲をお聴きになる資格はございません』と」

孫晧は、暗に自分のことを例えていると感じ不愉快に思う。

のち他事にかこつけ張尚を投獄し、以前の琴の一件を詰問すると、建安(けんあん)へ送って船造りの労役に就かせた。だが、しばらくして役人が遣わされ、張尚は誅殺(時期は不明)されてしまった。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く環済(かんせい)の『呉紀(ごき)』には、孫晧は自分より優れている者を嫌ったとあります。ところが張尚は談論するたびに孫晧を出し抜いたため、恨みを買うことになりました。

あるとき孫晧が張尚に尋ねます。

「私の飲みっぷりは誰と比べられるだろうか?」

張尚が応えます。

「陛下は(孔子〈こうし〉のように)100の杯を飲み干すことができましょう」

これを聞いた孫晧が激怒して言います。

「張尚は孔丘(こうきゅう。孔子)が王者になれなかったことを承知していながら、私を彼に例えたのだ!」

張尚は捕らえられたものの、尚書(しょうしょ)の岑昬(しんこん)が公卿(こうけい)以下100余人とともに叩頭(こうとう)して許しを請うたため、どうにか死罪を免れることができたのだとか。

結局は別件が元で誅殺されてしまった張尚ですが、こういったやり取りを孫晧と繰り返していたのでは、命がいくつあっても足りないですね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】