趙雲(ちょううん)

【姓名】 趙雲(ちょううん) 【あざな】 子龍(しりょう)

【原籍】 常山郡(じょうざんぐん)真定県(しんていけん)

【生没】 ?~229年(?歳)

【吉川】 第132話で初登場。
【演義】 第007回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・趙雲伝』あり。

劉備(りゅうび)を支えた名将のひとり。当陽(とうよう)で幼い劉禅(りゅうぜん)の身を守り抜く

父母ともに不詳。息子の趙統(ちょうとう)は跡継ぎで、趙広(ちょうこう)も同じく息子。

趙雲は初め公孫瓚(こうそんさん)に仕えていたが、192年に公孫瓚が劉備を遣り、青州刺史(せいしゅうしし)の田楷(でんかい)を助けて袁紹(えんしょう)を防がせたとき、趙雲は劉備の「主騎(しゅき。騎兵隊長)」を務める。

公孫瓚と劉備は、若いころ涿郡(たくぐん)の盧植(ろしょく)の下でともに経書を学んだ同門の間柄。

208年、曹操(そうそう)の追撃を受けた劉備が当陽の長阪(ちょうはん)で追いつかれ、妻子を捨てて南方へ逃走した際、趙雲は幼い劉禅を抱き、その母の甘夫人(かんふじん)ともども守り抜いた。のち「牙門将軍(がもんしょうぐん)」に昇進。

211年、劉備が劉璋(りゅうしょう)の要請を受けて蜀へ入り、翌212年には葭萌(かぼう)から反転し劉璋を攻めた。

214年春、荊州(けいしゅう)に残っていた趙雲も、諸葛亮(しょうかつりょう)や張飛(ちょうひ)らとともに軍勢をひきいて長江(ちょうこう)をさかのぼり、手分けして益州(えきしゅう)の郡県の平定にあたる。

このとき趙雲は江州(こうしゅう)から別の川を使って江陽(こうよう)に進み、成都(せいと)で劉備との合流を果たす。

同年夏、劉璋が劉備に降伏。こうして益州が平定されると趙雲は「翊軍将軍(よくぐんしょうぐん)」に任ぜられた。

223年、趙雲は「中護軍(ちゅうごぐん)・征南将軍(せいなんしょうぐん)」に昇進し「永昌亭侯(えいしょうていこう)」に封ぜられる。のち「鎮東将軍(ちんとうしょうぐん)」に転じた。

227年、諸葛亮に付き従い漢中(かんちゅう)に駐留。

翌228年、諸葛亮が出兵し、斜谷(やこく)を通ると宣伝したため、魏(ぎ)の曹真(そうしん)はその方面へ大軍を繰り出す。

趙雲はトウ芝(とうし。登+阝)とともに囮(おとり)の部隊をひきいて魏軍の主力を引きつけ、この間に諸葛亮は本軍をもって祁山(きざん)を攻めた。

趙雲らは箕谷(きこく)で敗れたものの、残兵をまとめて巧みに退いたので、損害は比較的小さな規模にとどまった。それでも帰還後は「鎮軍将軍(ちんぐんしょうぐん)」に降格。

翌229年、趙雲は死去し「順平侯(じゅんぺいこう)」と諡(おくりな)される。息子の趙統が跡を継いだ。

趙雲に諡号(しごう)が贈られたのは、ずっと後の蜀の景耀(けいよう)4(261)年のこと。

管理人「かぶらがわ」より

(正史の)『三国志』の「蜀書」については、おおむね列伝の記事はあっさりとしていますが、この趙雲もその例に漏れません。

『演義』や『吉川版』で使われている数多くの関連エピソードは、本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『趙雲別伝(ちょううんべつでん)』に見えるものでした。

趙雲の立派な風貌に始まり、公孫瓚のもとでの劉備との出会いと別れ、そして再会。

(209年に)「桂陽太守(けいようのたいしゅ)」を趙範(ちょうはん)と交代した際、趙範の兄と死別していた樊氏(はんし)を趙雲が娶らなかった話。

劉備に嫁いでやりたい放題だった孫権(そんけん)の妹の孫夫人に対し、趙雲が命を受けて奥向きの取り締まりにあたった話。

(211年に)劉備が劉璋の要請を受けて蜀へ向かった後、ひそかに帰国を企てた孫夫人の手から、張飛とともに劉禅を取り返した話。

(214年の)劉備の益州平定後、成都の城内にある屋敷や城外の田畑などを諸将に分け与えてはどうかという意見が出た際、これに反対を唱えた話。

(219年の)曹操との漢中攻防戦での自陣を利用した「空城計(くうじょうのけい)」。

(221年の)劉備の孫権討伐の東征を諫めた話など、有名なところはほぼ『趙雲別伝』から採られているようです。

物語の中ではイメージが湧きやすかった趙雲ですけど、史実からは細部がつかみづらい印象を受けました。並外れた武勇に加え、冷静沈着な人柄だったことはうかがえますが、位階の点でイマイチ突き抜けていないのはなぜなのでしょうね?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】