曹楷(そうかい)A ※曹彰(そうしょう)の息子

【姓名】 曹楷(そうかい) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

曹彰(そうしょう)の息子。任城王(じんじょうおう)

父は曹彰だが、母は不詳。

息子の曹悌(そうてい)は曹礼(そうれい)の跡継ぎとなり、曹温(そうおん)は曹邕(そうよう)の跡継ぎとなった。

また、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く孫盛(そんせい)の『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』によると、曹叡(そうえい)の養子だった曹芳(そうほう)および曹詢(そうしゅん)は、曹楷の息子ともいう。

223年、曹楷は曹彰が薨去(こうきょ)したためその跡を継ぎ、「中牟王(ちゅうぼうおう)」に移封された。

翌224年に「任城県王」に移封され、232年に改めて「任城王」とされた。この際の封邑(ほうゆう)は5県2500戸だった。

235年、中尚方(ちゅうしょうほう。宮中で使う器物を製作する役所)に人を遣り、禁止されている器物を作らせた罪により2千戸を削られた。

246年に「済南王(せいなんおう)」に移封された。封邑は3千戸。その後、正元(せいげん)年間(254~256年)と景元(けいげん)年間(260~264年)の初めに続けて加増され4400戸となった。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書・任城威王彰伝(じんじょういおうしょうでん))の裴松之注によると、「曹楷は晋(しん)の泰始(たいし)年間(265~274年)の初めに『崇化少府(すうかしょうふ)』を務め、『百官名(ひゃっかんめい)』に記載がある」とのことです。

関連記事が少ないのでいくつか疑問が残りました。232年の「任城王」のときに2500戸で、235年に2千戸を削られたのなら残り500戸だけになるはず。そのまま246年の「済南王」への移封まで放っておかれたのだろうか? とか。

曹悌と曹温の兄弟順がわからないとか。まぁ兄弟順がわからないというのは『三国志』ではよくあることなんですけど……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】