曹氏(そうし)C ※創作された人物、曹操(そうそう)の娘

【姓名】 曹氏(そうし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第119話で初登場。
【演義】 第032回で初登場。
【正史】 登場せず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

創作された人物、魏(ぎ)の曹操(そうそう)の娘

父は曹操だが、母は不詳。

吉川『三国志』(第119話)では、実際に袁譚(えんたん)に嫁いだという設定。袁譚とあどけない新妻が言葉を交わす場面も出てくる。

『三国志演義』では、第32回で曹操が娘を袁譚に娶せると約束したくだりだけが出てきて、続く第33回で婚約が破棄されたという展開になっている。そのため、この曹氏が登場したとまでは言えないようだ。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていき〉)には、「203年10月、曹操は黎陽(れいよう)に到着し、息子の曹子整(そうしせい)のため袁譚の家と縁組した」とあります。

この話だと曹子整が娶るのは袁譚の娘ということになりますから、吉川『三国志』や『三国志演義』の話とは異なりますよね。ここを創作している両者の意図については測りかねています。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました