孫震(そんしん)

【姓名】 孫震(そんしん) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~280年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫鄰(そんりん)の息子

父は孫鄰だが、母は不詳。孫苗(そんびょう)・孫旅(そんりょ)・孫述(そんじゅつ)はみな兄で、孫諧(そんかい)と孫歆(そんきん)は弟。

孫震は無難督(ぶなんとく)となった。

その後、280年に晋(しん)の総攻撃を受けた際、護軍将軍(ごぐんしょうぐん)として奮戦した末、丞相(じょうしょう)の張悌(ちょうてい)や丹楊太守(たんようたいしゅ)の沈瑩(しんえい)らとともに捕らえられ殺された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。晋軍の総攻撃に対し呉軍は目立った抵抗を見せられず、張悌らの奮戦が唯一とも言えるものでした。孫震も呉の滅亡に殉じた将軍のひとりですね。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました