曹参(そうさん)

【姓名】 曹参(そうさん) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~前190年(?歳)

【吉川】 第010話で初登場。
【演義】 第043回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

漢(かん)の高祖(こうそ)に仕えた宰相、魏(ぎ)の曹操(そうそう)の遠祖にあたるという

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、「周(しゅう)の武王(ぶおう)は殷(いん)を滅ぼしたあと先代の天子(てんし)の子孫を保護し、曹俠(そうきょう)を邾国(ちゅこく)に封じた」。

「この邾国は春秋(しゅんじゅう)時代に諸国の同盟会議に参加したが、戦国(せんごく)時代に入ると楚国(そこく)によって滅ぼされた。子孫は散りぢりになって流浪したが、この中に沛(はい)に住みついた者がいた。漢の高祖が挙兵したあと、曹参は功績により平陽侯(へいようこう)に封ぜられた」という。

管理人「かぶらがわ」より

曹操の父の曹嵩(そうすう)が夏侯氏(かこうし)から(異説もある)養子に入った先の曹氏の遠祖にあたるそうで、蕭何(しょうか)・韓信(かんしん)・陳平(ちんぺい)とともに、漢建国の功臣に挙げられる人物です。

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・費詩伝〈ひしでん〉)には、漢中王(かんちゅうおう)となった劉備(りゅうび)が、関羽(かんう)を前将軍(ぜんしょうぐん)に任じた際、費詩を使者として遣わすくだりが出てきます。

同時期に老年の黄忠(こうちゅう)が後将軍(こうしょうぐん)に任ぜられたことに関羽が腹を立て、印綬(いんじゅ)を受け取ろうとせず、費詩がその態度を諫めるというもので、『三国志演義』(第73回)にも出てきます。

費詩は、「蕭何と曹参は若いころから漢の高祖と親しい関係でしたが、あとから陳平や韓信が亡命して加わり、韓信が席次の最上位を占めることになりました。しかし、そのことで蕭何や曹参が恨みを抱いたという話は聞いたことがありません」と述べたうえ、「王(劉備)と君侯(関羽)はひとつの身体のようなものであり、官号の高下や爵禄の多少を気にされるのは適当でないと存じます」と諭します。そして、この話に大いに悟るところがあった関羽は、すぐに印綬を拝受したのだと。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました