丁氏(ていし)B ※曹操(そうそう)の妻

【姓名】 丁氏(ていし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第212話で初登場。
【演義】 第068回で初登場。
【正史】 登場人物。

魏(ぎ)の曹操(そうそう)のもと正室。丁夫人(ていふじん)

父母ともに不詳。曹操との間に子はなかったものの、劉氏(りゅうし)が生んだ曹昂(そうこう)を養育した。

197年、曹操が張繡(ちょうしゅう)に敗れた際、曹昂が戦死。丁氏は、この件で曹操を責め続けたため折り合いが悪くなり、郷里に帰される。のち曹操が自ら迎えに来たものの、これを拒絶し、ついに離縁された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武宣卞皇后伝〈ぶせんべんこうごうでん〉)には、「建安(けんあん)の初年、正室の丁夫人が廃されたため代わって卞氏(べんし)が正室に立てられた」とありました。

「建安の初年」というので196年のことかと思いましたが、曹昂の戦死は197年ですから上の話と合いません。『国語辞典』で調べてみると、「初年」には「その年号の初めのころ」という意味もあるそう。それなら「196年ごろ」と解釈するのもアリなのか? イマイチすっきりしませんでした。

丁氏の離縁については、同じく「武宣卞皇后伝」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』に記事があり、まず丁氏が、亡くなった劉氏に代わり曹昂を養育した話が出てきます。

この曹昂が穣(じょう)で亡くなったあと、丁氏が曹操をなじって号泣するようになり。これに腹を立てた曹操が丁氏を里に帰し、気持ちが折れるのを待つことにしました。

しかし、のちに曹操が丁氏のもとを訪れると、丁氏は機(はた)織りをしたまま振り向きもせず、曹操の問いかけにも返答しなかった。こうして曹操は丁氏を離縁したのだと。

ただ、ここでの『魏略』には後日談もあり、「丁氏が離縁されたあと正室となった卞氏は、昔の仕打ち(正室だったころの丁氏は、卞氏をまともに扱わなかったという)を恨みに思わず、曹操の不在時を見計らい、贈り物を届けさせたり丁氏を招待したりした」ということです。

また、後年に丁氏が亡くなった際も、「卞氏が曹操に頼み込んで埋葬の許しをもらい、丁氏は許城(きょじょう)の南に埋葬された」とありました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】