孫賁(そんほん)

【姓名】 孫賁(そんほん) 【あざな】 伯陽(はくよう)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~218年?(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫賁伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫羌(そんきょう)の息子

父は孫羌だが、母は不詳。孫輔(そんほ)は弟。

息子の孫鄰(そんりん)は跡継ぎ。孫安(そんあん)・孫熙(そんき)・孫績(そんせき)も同じく息子。ほかに曹操(そうそう)の息子の曹彰(そうしょう)に嫁いだ娘がいた。

孫賁は早くに両親を亡くし、まだ赤ん坊だった弟の孫輔の親代わりとしてよく面倒を見たという。やがて出仕して郡の督郵守長(とくゆうしゅちょう)となった。

190年、叔父の孫堅(そんけん)が長沙(ちょうさ)で義兵を挙げると、官吏を辞めて討伐に付き従う。

192年(191年とも)に孫堅が亡くなったあとは残された軍勢をひきい、柩(ひつぎ)を守って故郷へ戻った。

193年、袁術(えんじゅつ)が根拠地を寿春(じゅしゅん)へ移すと、その配下に入った。

袁紹(えんしょう)が周昂(しゅうこう)を九江太守(きゅうこうのたいしゅ)に任ずると、袁紹と袁術との間で仲たがいが起きた。孫賁は袁術の命を受け、陰陵(いんりょう)で周昂を討ち破る。袁術の上表により豫州刺史(よしゅうのしし)に任ぜられた。

その後、丹楊都尉(たんようのとい)に転じて征虜将軍(せいりょしょうぐん)を兼任し、山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)の平定にあたった。

そのうち揚州刺史(ようしゅうしし)の劉繇(りゅうよう)の圧力が強まり丹楊に留まれなくなったため、幕客や軍勢をひきいて歴陽(れきよう)へ移る。

しばらくして再び袁術の命を受け、呉景(ごけい)と共同で劉繇配下の樊能(はんのう)や張英(ちょうえい)を攻めたものの、すぐには陥せなかった。

翌194年、従弟の孫策(そんさく)が江東(こうとう)へ渡ってくると、助力を得て樊能・張英らを撃破し、さらに軍勢を進めて劉繇を攻めた。劉繇は豫章(よしょう)へ逃走。孫賁は孫策の意向により、呉景とともに寿春へ戻り、袁術に勝利を報告。

197年、袁術は皇帝(こうてい)を僭称(せんしょう)して百官の制度を定め、孫賁も九江太守に任ぜられた。しかしその官に就くことはなく、妻子を捨てて江南へ戻った。

このころ孫策は呉郡(ごぐん)と会稽郡(かいけいぐん)の平定を終えており、孫賁は孫策とともに廬江太守(ろこうたいしゅ)の劉勲(りゅうくん)と江夏太守(こうかたいしゅ)の黄祖(こうそ)の討伐を行う。

凱旋(がいせん)の途上で劉繇が病死したとの知らせが届くと、豫章へ立ち寄り平定。孫策の上表により孫賁が豫章太守の職務にあたることになった。のち都亭侯(とていこう)に封ぜられた。

208年、勅使の劉隠(りゅういん)が着き、詔(みことのり)をもって正式に征虜将軍に任ぜられ豫章太守も兼ねることになった。

孫賁は官職にあること11年で死去し、息子の孫鄰が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

孫賁の没年については最後の部分にある「官職にあること11年で死去」から想定したもので、イマイチはっきりしません。

また、200年に孫策が急死し孫権(そんけん)が跡を継いだわけですが、そのあたりからの事績にはまったく触れられていません。孫賁の没年は218年ごろだと考えられるので、190年代の活躍ぶりに比べると不思議な描かれ方になっていますね。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました