孫羌(そんきょう)

【姓名】 孫羌(そんきょう) 【あざな】 聖台(せいだい)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫堅(そんけん)の同母兄

父母ともに不詳。孫堅と孫静(そんせい)は弟。孫賁(そんほん)と孫輔(そんほ)というふたりの息子がいた。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫賁伝)によると、孫賁は早くに両親を亡くし、まだ赤ん坊だった弟の孫輔の親代わりとしてよく面倒を見たという。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。孫堅の同母兄というわりに扱いが小さいですよね。特筆するような事績がなかったのでしょうか?

『三国志』の訳者注(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉氏)によると、「孫羌のあざなは『宋紹熙刊本(そうしょうきかんほん)』では聖壹(せいいつ。聖壱)と作っている」とのことです。ただ「弟の孫堅のあざなが文台(ぶんだい)、孫静のあざなが幼台(ようだい)であることから考えると、孫羌のあざなも聖台とすべきだろう」とも。

「臺(だい。台)と壹(壱)とが混乱する例は「『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・東夷伝〈とういでん〉)に見える邪馬臺(やまたい。邪馬台)と邪馬壹(やまいつ。邪馬壱)が有名で、いろいろと議論がある」とも。

なるほど。漢字には字体の似たものも多いので、後代の人が写したりする場合には気を遣うべきところですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました