何定(かてい)

【姓名】 何定(かてい) 【あざな】 ?

【原籍】 汝南郡(じょなんぐん)

【生没】 ?~272年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫晧(そんこう)の寵愛を得た末に誅殺

父母ともに不詳。

もともと何定は孫権(そんけん)の「給使(きゅうじ。使い走り)」を務めていたが、のち宮中を出て小役人に転じた。

何定は巧みに上司に取り入り、自分が先帝(孫権)の下で働いていたことを上表し、宮中へ戻り孫晧のそばで仕えたいと願い出る。そこで孫晧は「楼下都尉(ろうかとい)」に任じ、何定に酒や穀物の調達を任せた。

そのうち何定は勝手な振る舞いが目立つようになったが、孫晧は彼を信任して多くの事柄を委ね、ついには「列侯(れっこう)」に封ずる。

陸凱(りくかい)・陸抗(りくこう)・賀邵(がしょう)といった重臣たちは何定を重用しないよう繰り返し諫めたものの、なかなか孫晧に聴き入れてもらえなかった。

だが272年、何定はこれまでの悪事が露見したため誅殺される。孫晧は彼の所業が張布(ちょうふ)のそれと似ているとし、誅殺後に「何布(かふ)」と改名させたという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫晧伝)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』などによるものです。

孫晧にこびへつらうだけで「列侯」の地位まで昇った何定でしたが、握った権力と実力との釣り合いが取れておらず、お決まりの最期を迎えることになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の重臣
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました