呂布(りょふ)

【姓名】 呂布(りょふ) 【あざな】 奉先(ほうせん)

【原籍】 五原郡(ごげんぐん)九原県(きゅうげんけん)

【生没】 ?~198年(?歳)

【吉川】 第020話で初登場。
【演義】 第003回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・呂布伝』あり。

天下無双の豪傑も、思慮に欠け大成せず

父母ともに不詳。娘がいたことがうかがえる。

初め呂布は幷州刺史(へいしゅうしし)の丁原(ていげん)に仕え、「主簿(しゅぼ)」として目をかけられた。

189年4月に霊帝(れいてい)が崩御(ほうぎょ)すると、大将軍(だいしょうぐん)の何進(かしん)の要請に応じた丁原に付き従い、軍勢をひきいて洛陽(らくよう)へ上った。

同年8月、何進が中常侍(ちゅうじょうじ)の段珪(だんけい)らに謀殺されると、代わって董卓(とうたく)が実権を握った。呂布は董卓の誘いを受けて丁原を殺害。「騎都尉(きとい)」に任ぜられたうえ董卓と父子の契りを結んだ。

呂布は弓術や馬術に優れ、腕力も抜群だったため「飛将(ひしょう)」と呼ばれていた。やがて「中郎将(ちゅうろうしょう)」に昇進し「都亭侯(とていこう)」に封ぜられた。

192年4月、司徒(しと)の王允(おういん)らの計画に加担して董卓を殺害。

同年5月に李傕(りかく)らが長安(ちょうあん)へ攻め寄せると6月には長安を離れる。袁術(えんじゅつ)に受け入れを断られたあと、袁紹(えんしょう)や張楊(ちょうよう)のもとを転々とした。

194年、曹操(そうそう)が再度の陶謙(とうけん)討伐に赴いた際、張邈(ちょうばく)の弟の張超(ちょうちょう)が、曹操配下の陳宮(ちんきゅう)・許シ(きょし。氵+巳)・王楷(おうかい)らと結託して背いた。

張邈は陳宮の進言に従い、呂布を迎えて「兗州牧(えんしゅうのぼく)」とし、濮陽(ぼくよう)に立てこもった。呂布は徐州から戻ってきた曹操と濮陽で交戦し、100日以上も対峙。このころ干ばつと蝗(イナゴ)の被害により、人々が互いに食らい合うほど悲惨な状況だった。その後、山陽(さんよう)に駐屯。

翌195年、定陶(ていとう)と鉅野(きょや)で曹操に敗れ、さらに東へ逃げて劉備(りゅうび)を頼る。

翌196年、劉備が袁術と交戦している間に下邳(かひ)を奪い取る。戻ってきた劉備がそのまま留まることになり、彼を小沛(しょうはい)に駐屯させた。呂布は「徐州刺史(じょしゅうのしし)」を称した。

しかし、ほどなく劉備が1万余の兵を集めたことを問題視し、小沛を攻める。敗れた劉備は曹操のもとに身を寄せた。

198年、再び曹操に背いて袁術に味方し、高順(こうじゅん)を遣って沛の劉備を攻めさせ、これを撃破。曹操は夏侯惇(かこうとん)を救援に差し向けたが、これも高順が撃破した。

このあと曹操自ら討伐に乗り出してくる。下邳で3か月の包囲を受けた末に捕らえられ、12月に処刑された。

主な経歴

生年は不詳。

-189年-
4月、霊帝が崩御し少帝(しょうてい)が即位。大将軍の何進は袁紹らと協力して宦官の誅滅を計画したものの、何太后(かたいこう)の許可が得られなかった。

そこで何進は各地の群雄を洛陽に呼び寄せようとし、要請に応じた丁原も軍勢をひきいて洛陽へ上った。このとき丁原は「執金吾(しつきんご)」に任ぜられた。

8月、何進が中常侍の段珪らにおびき出され、宮中で殺害される。

8月、董卓の誘いを受けて丁原を殺害。董卓は呂布を「騎都尉」に任じたうえ父子の契りを結んだ。

9月、董卓が少帝を廃して「弘農王(こうのうおう)」に貶(おと)し、陳留王(ちんりゅうおう)の劉協(りゅうきょう)を帝位に即ける(献帝〈けんてい〉)。

-190年-
1月、山東(さんとう)で諸侯が挙兵し、袁紹を盟主とする「反董卓連合軍」が結成される。

2月、董卓が献帝に迫り、長安への遷都を強行。洛陽の住民を追い立てことごとく関中(かんちゅう)へ移らせる。一方で董卓は洛陽に留まり、畢圭苑(ひつけいえん)に駐屯した。

-191年-
4月、董卓が長安へ入城。

-192年-
4月、司徒の王允らの計画に加担し、自ら剣を振るって董卓を殺害。功により「奮武将軍(ふんぶしょうぐん)」に任ぜられ「節(せつ。権限を示すしるし)」を授けられた。加えて三公と同じ儀礼が許され、爵位も「温侯(おんこう)」に進んだ。

5月、李傕らが結託して長安へ攻め寄せる。

6月、李傕らを防ぎ止めることができず、数百騎とともに武関(ぶかん)を出て袁術を頼る。しかし袁術に受け入れを断られたため、北方の袁紹を頼る。

この年?、袁紹とともに常山(じょうざん)の張燕(ちょうえん)を攻める。呂布は敵陣に突入し張燕の軍勢を撃破した。ところが、呂布が兵の増員を求めたり、配下の将兵が略奪を働いたりしたため、袁紹から疎まれるようになった。

呂布のほうでも袁紹の気持ちに気づき、暇(いとま)を乞う。袁紹は報復を恐れ、彼を闇討ちしようとしたが失敗。このことが明るみに出ると呂布は河内(かだい)へ逃走した。

-193年-
この年、張楊と合流。袁紹は軍勢を出して呂布を追撃させたが、みな彼を怖がり、そばに寄る者はいなかった。

-194年-
この年、曹操が再度の陶謙討伐に赴いた際、張邈の弟の張超が曹操配下の陳宮・許シ・王楷らと結託して背いた。張邈は陳宮の進言に従い、呂布を迎え「兗州牧」とし濮陽に立てこもる。

ほとんどの郡県はこの動きに呼応したが、鄄城(けんじょう)・東阿(とうあ)・范県(はんけん)だけは曹操に背かず、守りを固めた。

徐州から戻ってきた曹操と濮陽で交戦し、100日以上も対峙。このころ干ばつと蝗の被害により、人々が互いに食らい合うほどの悲惨な状況だった。乗氏(じょうし)で李進(りしん)に敗れたあと東へと向かい、山陽に駐屯。

-195年-
春、定陶で曹操に敗れる。

夏、鉅野にいた配下の薛蘭(せつらん)と李封(りほう)が曹操の攻撃を受ける。自ら救援に駆けつけたものの敗れ、薛蘭は斬られてしまう。やむなく徐州の劉備を頼る。張邈は呂布に付き従う一方、弟の張超に命じ、家族とともに雍丘(ようきゅう)を守らせた。

12月、曹操が雍丘を陥し張超が自殺。城にいた張邈の三族(父母・妻子・兄弟姉妹。異説もある)も処刑された。

この年、袁術に救援を頼みに行く途中、張邈が配下の兵士によって殺害された。

-196年-
この年、劉備が袁術と交戦している間に下邳を奪い取る。帰還した劉備は呂布のもとに留まることにし、小沛に駐屯することになった。呂布は勝手に「徐州刺史」を称した。

この年、袁術が将軍の紀霊(きれい)らに歩騎3万を預け、小沛の劉備を攻撃するよう命じた。劉備の救援要請に応え、自ら1千の歩兵と200の騎兵をひきいて出陣。沛の西南1里(り)に軍営を置くと紀霊らを食事に招いた。

そこで轅門(えんもん。陣営の門)に掲げた戟(げき)の小枝に一矢を命中させ、戦闘を止めることに成功した。

しかし、ほどなく劉備が1万余の兵を集めたことを問題視し、小沛を攻める。敗れた劉備は曹操のもとに身を寄せた。

このあたりの劉備がらみの記事には解釈に迷う部分が残った。

-197年-
この年、娘と袁術の息子との結婚を承諾。袁術は韓胤(かんいん)を使者に立て、帝位に登る意向を伝えさせ、併せて呂布の娘を迎えに行かせた。

沛国相(はいこくしょう)の陳珪(ちんけい)は、呂布と袁術が姻戚になれば国家の禍いになると心配。そこで、呂布を言葉巧みに説得して翻意させた。

すでに呂布の娘は道中にあったが、あとを追わせて連れ戻し、袁術の息子との婚約を破棄。韓胤に枷(かせ)を付け許(きょ)へと送り届けた。陳珪は息子の陳登(ちんとう)を曹操のもとへ遣ろうとしたが、呂布の許しが得られなかった。

そのころ曹操の使者が着き、呂布を「左将軍(さしょうぐん)」に任ずる旨を伝えてきた。呂布は大喜びし、すぐに陳登に上表文を託すと、曹操に謝意を伝えるよう命じた。

陳登は曹操に会い、こう述べた。

「呂布は武勇だけの無計画な男で、軽々しく人に付いたり離れたりしております。早く始末する手立てをお考えになるべきです」

曹操も同意し、陳登に内密で兵士を取りまとめるよう命じた。陳登は「広陵太守(こうりょうのたいしゅ)」に任ぜられ、陳珪の俸禄も「中二千石(せき)」に引き上げられた。

呂布は、陳登の仲介で「徐州牧(じょしゅうのぼく)」の地位を要求していたが、これがかなわないまま彼が戻ってくると、激怒して戟で机を叩き切って言った。

「お前の父は、曹操に協力してわが娘と袁術の息子との結婚を破棄するよう勧めておきながら、私が求めたものは何ひとつ手に入らなかった。ところが、お前たち親子はそろって高位に昇りおった。私はお前たちに売られたのだな!」

陳登は顔色を変えず、呂布を諭して言った。

「私は曹公に会い、こう申し上げました。『呂将軍を扱うのはちょうど虎(トラ)を飼うのと同じで、たらふく肉をあてがっておかねばなりません。もし腹を空かせば、人を食らってしまうでしょう。ですから呂将軍に徐州をお与えください』と」

「すると曹公は私におっしゃいました。『いや、お前の言うことは間違っている。呂将軍を扱うのはちょうど鷹(タカ)を飼うのと同じで、腹が空けば役立つが、満腹になれば飛んでいってしまうのだ』と」

これを聞き、呂布の気持ちはやっとほぐれた。

息子の婚約を破棄された袁術は激怒して韓暹(かんせん)や楊奉(ようほう)らと結び、将軍の張勲(ちょうくん)を遣り呂布を攻めさせた。

呂布は陳珪の計に従い、韓暹と楊奉のもとへ使者を遣り、自分に協力して袁術軍を攻撃するよう説得。ありったけの軍需品を提供することを申し出た。韓暹と楊奉は呂布の提案を受け入れたため張勲の軍勢を大破することができた。

-198年-
?月、再び曹操に背いて袁術に味方し、高順を遣って沛の劉備を攻めさせ、これを撃破。曹操は夏侯惇を救援に差し向けたが、これも高順が撃破した。

?月、曹操自ら呂布討伐に乗り出し下邳に到着。呂布は曹操から手紙を受け取ると、降伏することを考えたが、陳宮らは反対した。

そこで袁術に救援を求める使者を遣わす一方、自ら1千余騎をひきいて出撃したが、敗れて逃げ帰った。このあとは城を守ったまま、打って出ようとしなくなった。袁術もまた呂布を救うことができなかった。

呂布は勇猛だったが、無計画で猜疑心(さいぎしん)が強く、身内の者をまとめることもできず、ただ配下の将軍だけを信頼していた。だが、将軍たちはそれぞれ思うところが違っていて疑心暗鬼となり、そのせいで戦うたびに敗れることが多かった。

曹操が塹壕(ざんごう)を掘って3か月も包囲を続けたため、下邳の城内では上下の心が離ればなれになった。やがて将軍の侯成(こうせい)・宋憲(そうけん)・魏続(ぎしょく)らが陳宮を縛り上げ、軍勢をひきいて降伏してしまった。

12月、呂布は側近を連れて白門楼(はくもんろう)に登ったが、曹操軍の包囲が厳しくなるとついに楼を下りて降伏した。

曹操は呂布の命乞いを聞き入れず、縊(くび)り殺すよう命ずる。彼は陳宮や高順らとともにさらし首にされて許へ送られ、のちに埋葬された。

管理人「かぶらがわ」より

武芸者としては天下第一だった呂布。これである程度の学識を備えていたら、どこまで伸びていたのだろうかと思わせる、実に惜しい逸材でした。

まぁこういう性格だと、仮に下邳で曹操に助命されたとしてもすぐに騒動を起こすのでしょうね。呂布自身、曹操配下の一部将では終わりたくなかったでしょうし……。

とはいえ、『吉川版』や『演義』でも序盤でひときわ輝きを放っているのが呂布。例えば本伝には、呂布と董卓の以下のような話がありました。

「いつも呂布は董卓の護衛を務めていたが、あるとき董卓がちょっとしたことから気分を害し、小さな戟を彼に投げつけたことがあった。呂布は身をかわし、謝ったため、董卓の気持ちもほぐれた。だが、このことから呂布は董卓に恨みを抱くようになった」

「また、呂布は董卓の奥御殿も警固していたが、そこの侍女と密通したことがあった。このことが露見するのを恐れ、内心では落ち着かなかった」

「これより先、司徒の王允は、呂布が自分と同郷で武勇に優れていたため丁重に扱っていた。呂布が王允を訪問したとき、董卓から戟を投げつけられたことを話した」

「このとき王允は、僕射(ぼくや)の士孫瑞(しそんずい)と董卓暗殺の密計を巡らせていたので、呂布に打ち明けて内応の承諾を得た。こうして呂布は王允らの計画に加担し、自ら剣を振るって董卓を殺害した」

『吉川版』や『演義』で有名な美女の「貂蟬(ちょうせん)」は創作された人物ですが、このあたりを元ネタにした話の膨らませ方には感心させられます。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】