李譔(りせん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 李譔(りせん) 【あざな】 欽仲(きんちゅう)

【原籍】 梓潼郡(しとうぐん)涪県(ふうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第278話で初登場。
【演義】 第091回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・李譔伝』あり。

研究対象は経書の枠を越える

父は李仁(りじん)だが、母は不詳。

李仁は同県の尹黙(いんもく)とともに荊州(けいしゅう)へ遊学し、司馬徽(しばき)や宋忠(そうちゅう)らの下で学んだ。

李譔も父の学問を受け継いだうえ、さらに尹黙に就き、書物の説く本質的な道理について研究する。五経や諸子を通覧し、幅広い技芸にも興味を持つようになると、算術・卜筮(ぼくぜい。占い)・医薬・弓弩(きゅうど)に加え、巧妙な機械仕掛けにまで思いを致したという。

初め李譔は益州(えきしゅう)の「書佐(しょさ)」や「尚書令史(しょうしょれいし)」を務める。

238年、劉禅(りゅうぜん)が劉璿(りゅうせん)を「皇太子(こうたいし)」に立てると、李譔は「太子庶子(たいししょし)」に転じ、やがて「太子僕(たいしぼく)」に昇進。のち「中散大夫(ちゅうさんたいふ)・右中郎将(ゆうちゅうろうしょう)」に移るも、なお劉璿のそば近くで仕え続けた。

劉璿から博学ぶりを愛され、大いに気に入られた李譔だったが、彼の本性は軽薄でふざけることも多かったため世間では重んぜられなかった。

李譔には、古文の『易(えき)』『尚書』『毛詩(もうし)』「三礼(さんらい)」『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』『太玄指帰(たいげんしいき)』に関する著作があった。これらはみな賈逵(かき)や馬融(ばゆう)の説に基づいたもので、鄭玄(ていげん)の説とは異なっていたという。

三礼は『周礼(しゅらい)』『儀礼(ぎらい)』『礼記(らいき)』のこと。

その後、李譔は景耀(けいよう)年間(258~263年)に死去した。

管理人「かぶらがわ」より

幅広いジャンルの知識を身に付けていた李譔でしたが、具体的な事績についての記事が少ないためコメントしにくいです。『蜀書』は分量も少なく、大まかな経歴をなぞるにとどまった人物が目立ちますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】