袁譚(えんたん)

【姓名】 袁譚(えんたん) 【あざな】 顕思(けんし)

【原籍】 汝南郡(じょなんぐん)汝陽県(じょようけん)

【生没】 ?~205年(?歳)

【吉川】 第097話で初登場。
【演義】 第022回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・袁紹伝(えんしょうでん)』に付された「袁譚伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

袁紹の長男

父は袁紹だが、母は不詳。袁熙(えんき)と袁尚(えんしょう)は弟。このほかに袁買(えんばい)も弟の可能性がある(甥または息子の可能性もある)。

199年、袁譚は袁紹の意向により青州刺史(せいしゅうのしし)として統治にあたった。

袁紹は年少の袁尚を寵愛し、跡継ぎにと考えていたが、この意思を公表していなかった。重臣の審配(しんぱい)と逢紀(ほうき)は袁尚を推し、辛評(しんぴょう)と郭図(かくと)は袁譚を推した。

202年、袁紹が死去すると、審配と逢紀は袁尚を跡継ぎに立てる。袁譚は青州から鄴(ぎょう)へ駆けつけたものの跡継ぎにはなれず、車騎将軍(しゃきしょうぐん)を称した。

その後、袁尚と跡目争いを続け、これに敗れ曹操(そうそう)に救援を求める事態に立ち至った。結局、兄弟で争っていたところを曹操に付け込まれ、204年8月には鄴が陥落した。

翌205年1月、曹操に南皮(なんぴ)で敗れると、袁譚は妻子ともども処刑された。

主な経歴

生年は不詳。

-202年-
5月、父の袁紹が死去。審配と逢紀が弟の袁尚を跡継ぎに立てたため、自身は車騎将軍を称する。

?月、曹操が袁氏討伐のため北上すると、袁譚は黎陽(れいよう)に布陣。しかし、袁尚は少数の兵しかよこさなかったうえ目付役として逢紀を送り込んできた。増兵の要求をしたものの聞き入れてもらえず、腹いせに逢紀を殺害した。

?月、曹操が黄河(こうが)を渡り攻め寄せてくると、袁尚に危急を伝える。袁尚は援軍を袁譚に奪われることを警戒して自ら出陣し、黎陽で曹操と対峙した。

-203年-
2月、昨年9月から黎陽の城下で曹操と激戦を繰り広げた末に敗れ、袁尚とともに籠城(ろうじょう)。

3月、曹操が黎陽城を包囲しようとしたため、夜にまぎれて鄴へ逃げ戻る。

4月、曹操が鄴まで追撃して近隣の麦を奪い、陰安(いんあん)を陥したあと5月に許(きょ)へ引き揚げる。

8月、曹操が劉表(りゅうひょう)討伐のため西平(せいへい)へ向かうと、袁尚と鄴の城下で激しく戦う。だが、これに敗れて平原(へいげん)へ逃走。さらに袁尚から攻め立てられると、辛毗(しんぴ)を曹操のもとに遣わし救援を要請した。

10月、曹操が西平から反転し、軍勢をひきいて黎陽に到着。袁尚は曹操が戻ってくると聞き、平原の包囲を解いて鄴へ引き揚げたが、配下の呂曠(りょこう)と呂翔(りょしょう)は曹操に降った。そこで袁譚は密かに呂曠と呂翔に将軍の印を贈り、味方に付けようとした。

曹操は袁譚の考えを見破っていたが、息子の曹子整(そうしせい)の嫁として袁譚の娘を迎えると言い安心させたうえ、軍勢を引き揚げた。

-204年-
2月、袁尚が審配と蘇由(そゆう)を鄴に残し、再び平原へ攻め寄せる。この間に曹操は鄴を攻めようとし、鄴から50里(り)の洹水(かんすい)に到着。曹操に内応しようとした蘇由の計画が露見。蘇由は城内で審配と戦って敗れ、城外にいた曹操のもとへ逃げ込んだ。

4月、曹操が鄴攻めに曹洪(そうこう)を残し、上党郡(じょうとうぐん)から鄴へ通ずる糧道を守っていた、毛城(もうじょう)の尹楷(いんかい)を撃破。

さらに邯鄲(かんたん)で沮鵠(しょこく)を討ち破り、易陽県令(えきようけんれい)の韓範(かんはん)と渉県長(しょうけんちょう)の梁岐(りょうき)を降した。

5月、曹操が鄴を守る審配に手を焼き、漳水(しょうすい)を決壊させ水攻めを行う。5月から8月にわたって包囲が続き、鄴の城内では過半数の者が餓死した。

7月、袁尚が鄴の危機を知り、1万余りの軍勢をひきいて鄴から17里の陽平亭(ようへいてい)に到着。しかし、城内の審配とうまく連係することができず、やがて総崩れとなり、袁尚は中山(ちゅうざん)へ逃走した。

8月、審配の奮戦むなしく鄴が陥落。ほどなく幷州にいた高幹(こうかん。袁紹の甥)も曹操に降伏した。

曹操が鄴を包囲していたとき、袁譚は甘陵(かんりょう)・安平(あんぺい)・勃海(ぼっかい)・河間(かかん)を攻略し、中山にいた袁尚を攻めた。袁尚は故安(こあん)へ逃げ、袁熙のもとに身を寄せた。

こうして袁尚の軍勢を併せたところ、曹操が姻戚関係を絶ち討伐の動きを見せた。そこで袁譚は平原を攻め落としたうえ南皮も併合。自身は龍湊(りょうそう)に駐屯した。

12月、曹操が龍湊に攻め寄せたものの出兵せず、夜のうちに南皮へ逃げ、清河(せいか)を前に布陣。

-205年-
1月、曹操に南皮で敗れ、妻子ともども処刑される。

管理人「かぶらがわ」より

弟の袁尚って、どれだけ美男子だったんだよ――。というくらい、父の袁紹から距離を置かれていた観のある袁譚。

確かに袁譚・袁尚とも大器ではなかったのでしょうが、この争いを招いたのは生前の袁紹の態度ですよね。兄弟が結束しても相手になれるのか? というくらいスゴいのが曹操。跡目争いで勢力を削り合っていたのではとても勝ち目はありません。

袁譚か袁尚がよくできた人で、どちらかが譲ってしまえるほど度量が大きかったとか、袁熙が卓越した調整能力を持っていたとか、そのような可能性がまったく感じられないのは残念でした。

まぁ、兄弟のうちでひとりだけよくできた人がいても難しいのでしょう。それぞれを推す重臣がいたりもしますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました