「蜀の劉氏」収録人物一覧

正史『三国志』(蜀書)に伝や付伝の立てられているすべての人物に加え、そのほかに蜀の劉氏と関わりが深かった人物についても個別の記事を作って採り上げました。

姓名の左にあるのは、正史『三国志』の収録状況です。
」…本紀(ほんぎ。帝紀〈ていぎ〉)が立てられている人物
」…姓名などを冠する形の伝が立てられている人物
」…関連人物に付属する形の付伝が立てられている人物
「-」…上の3つに当てはまらない人物

以下の目次の各項目をクリック(タップ)していただくとショートカットできます。

スポンサーリンク

蜀の劉氏2代

 劉備(りゅうび) ※蜀の先主(せんしゅ)、昭烈帝(しょうれつてい)
 劉禅(りゅうぜん) ※蜀の後主(こうしゅ)、魏に降ったあとは安楽公(あんらくこう)

スポンサーリンク

劉備の父祖など

- 劉勝(りゅうしょう) ※前漢(ぜんかん)の景帝(けいてい)の息子、中山靖王(ちゅうざんのせいおう)、劉備の遠祖
- 劉貞(りゅうてい) ※劉勝の息子、陸成侯(りくせいこう)、劉備の遠祖

- 劉昂(りゅうこう) ※劉貞の息子、沛侯(はいこう)、劉備の遠祖
- 劉禄(りゅうろく) ※劉昂の息子、漳侯(しょうこう)、劉備の遠祖
- 劉恋(りゅうれん) ※劉禄の息子、沂水侯(ぎすいこう)、劉備の遠祖
- 劉英(りゅうえい)A ※劉恋の息子、欽陽侯(きんようこう)、劉備の遠祖
- 劉建(りゅうけん) ※劉英Aの息子、安国侯(あんこくこう)、劉備の遠祖
- 劉哀(りゅうあい) ※劉建の息子、広陵侯(こうりょうこう)、劉備の遠祖
- 劉憲(りゅうけん) ※劉哀の息子、膠水侯(こうすいこう)、劉備の遠祖
- 劉舒(りゅうしょ) ※劉憲の息子、祖邑侯(そゆうこう)、劉備の遠祖
- 劉誼(りゅうぎ) ※劉舒の息子、祁陽侯(きようこう)、劉備の遠祖
- 劉必(りゅうひつ) ※劉誼の息子、原沢侯(げんたくこう)、劉備の先祖
- 劉達(りゅうたつ)A ※劉必の息子、潁川侯(えいせんこう)、劉備の先祖
- 劉不疑(りゅうふぎ) ※劉達Aの息子、豊霊侯(ほうれいこう)、劉備の先祖
- 劉恵(りゅうけい) ※劉不疑の息子で劉雄の父、済川侯(せいせんこう)、劉備の曾祖父にあたる

劉昂から劉恵までは正史『三国志』に見えない人物。

- 劉復(りゅうふく) ※臨邑侯(りんゆうこう)、劉備の先祖にあたるらしいが詳しいことはわからなかった

- 劉雄(りゅうゆう) ※劉備の祖父
- 劉弘(りゅうこう)C ※劉雄の息子で劉備の父

- 劉敬(りゅうけい) ※劉備の叔父、下の劉子敬と同一人物の可能性もありそう
- 劉子敬(しゅうしけい) ※劉備の叔父、上の劉敬と同一人物の可能性もありそう
- 劉元起(りゅうげんき) ※劉徳然の父、劉備の一族
- 劉徳然(りゅうとくぜん) ※劉元起の息子、劉備の一族

劉備の妻

 甘氏(かんし) ※劉備の側室から正室か? 昭烈皇后(しょうれつこうごう)
 呉氏(ごし)A ※劉備の正室、穆皇后(ぼくこうごう)
- 孫氏(そんし)D ※劉備のもと正室、孫夫人、呉の孫権(そんけん)の妹、劉備が益州(えきしゅう)に入ったあと呉に帰った
- 麋氏(びし) ※劉備のもと正室? 麋夫人、麋竺(びじく)の妹

劉禅の妻

 張氏(ちょうし)H ※劉禅のもと正室、敬哀皇后(けいあいこうごう)
 張氏(ちょうし)I ※劉禅の正室、張皇后(ちょうこうごう)
- 王氏(おうし)G ※劉禅の側室、王貴人(おうきじん)
- 李氏(りし)D ※劉禅の側室、李昭儀(りしょうぎ)

劉備の子(養子も含む)、劉禅の異母弟と姉妹

 劉永(りゅうえい)
 劉理(りゅうり) ※安平悼王(あんぺいのとうおう)
 劉封(りゅうほう) ※劉備の養子
- 劉氏(りゅうし)I ※劉禅の姉妹(おそらく姉)
- 劉氏(りゅうし)J ※劉禅の姉妹(おそらく姉)

劉備の孫、劉禅の子

 劉璿(りゅうせん)
- 劉瑶(りゅうよう)
- 劉琮(りゅうそう)A ※西河王(せいかおう)
- 劉瓚(りゅうさん)
- 劉諶(りゅうしん) ※北地王(ほくちおう)
- 劉恂(りゅうじゅん)
- 劉虔(りゅうけん。劉璩〈りゅうきょ〉)
- 劉氏(りゅうし)K ※諸葛瞻(しょかつせん)の妻
- 劉氏(りゅうし)L ※関統(かんとう)の妻
- 劉氏(りゅうし)M ※費恭(ひきょう)の妻

劉備の孫、劉禅の甥

- 劉胤(りゅういん) ※劉理の息子、安平哀王(あんぺいのあいおう)
- 劉輯(りゅうしゅう) ※劉理の息子

- 劉林(りゅうりん) ※劉封の息子

劉備の曾孫、劉禅の甥の子

- 劉玄(りゅうげん)A ※劉永の孫、安楽公、父の名は出てこなかった
- 劉承(りゅうしょう)B ※劉胤の息子、安平殤王(あんぺいのしょうおう)

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました