劉勝(りゅうしょう)

【姓名】 劉勝(りゅうしょう) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~前113年(?歳)

【吉川】 第005話で初登場。
【演義】 第001回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前漢(ぜんかん)の景帝(けいてい)の息子、中山靖王(ちゅうざんのせいおう)

父は景帝、母は賈氏(かし。賈夫人〈かふじん〉)。同母兄に劉彭祖(りゅうほうそ。趙敬粛王〈ちょうのけいしゅくおう〉)がいる。

劉勝は、跡継ぎの劉昌(りゅうしょう)を始めとして120余人もの子を儲けた。前154年に中山王に封ぜられ、前113年に薨去(こうきょ)。息子の劉昌が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『漢書(かんじょ)』によるもの。『漢書』(劉勝伝)によると「劉勝は酒好きかつ女好きで、いつも劉彭祖と悪口を言い合っていた」ということです。ひどい書かれ方ですけど、本当に素行の悪い人だったようですね。

正史『三国志』で劉備(りゅうび)の遠祖として名が出てくるのは、この劉勝と息子の劉貞(りゅうてい)だけです。『三国志演義』のほうではほかにも大勢出てきますが……。

子が多かったというだけあって、『漢書』(王子侯表〈おうじこうひょう〉)には、劉勝の息子で侯に封ぜられた者として20人の名がありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
蜀の劉氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました