孫咨(そんし)

【姓名】 孫咨(そんし) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~256年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫皎(そんこう)の息子

父は孫皎だが、母は不詳。孫胤(そんいん)と孫晞(そんき)は兄で、孫弥(そんび)と孫儀(そんぎ)は弟。

孫咨は将軍(しょうぐん)となって羽林督(うりんとく)を務め、侯(こう)にも封ぜられた。

256年に孫峻(そんしゅん)が亡くなると、実権を引き継いだ孫綝(そんりん)と呂拠(りょきょ)や滕胤(とういん)が対立した。

孫綝が侍中(じちゅう)・左将軍(さしょうぐん)の華融(かゆう)と中書丞(ちゅうしょじょう)の丁晏(ていあん)を滕胤のもとへ遣わし、呂拠を捕縛するよう命じたうえ、大司馬(だいしば)に任ぜられた滕胤に、任地の武昌(ぶしょう)へ向かうよう伝えさせた。

滕胤は自身に災禍が迫っていることを感じ、そのまま華融と丁晏を軟禁。兵士をまとめて守りを固めさせた。

さらに滕胤は典軍(てんぐん)の楊崇(ようすう)と将軍の孫咨を呼び寄せると、「孫綝が反乱を起こした」と告げ、華融らに強制して孫綝のやり方に反対する手紙を書かせた。

しかし孫綝はそれらの手紙を無視して「滕胤が謀反を起こした」と上表。将軍の劉丞(りゅうじょう)に爵位を約束し、歩騎をひきい滕胤を激しく攻め立てるよう命じた。

すると滕胤は再び華融らを脅し、偽の詔(みことのり)を書かせて軍勢を動かそうとした。華融らは滕胤の言うことを聞かなかったため皆殺しにされてしまった。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

この孫咨もそうですが、孫皎の5人の息子たちは終わりがパッとしません(なお、孫弥だけは終わりがよくわからず)。

孫皎は文武に秀でた人物で、219年に関羽(かんう)らが捕らえられた荊州(けいしゅう)の平定戦でも活躍しました。

吉川『三国志』や『三国志演義』では、呂蒙(りょもう)ら関羽の死に関わった人たちは、祟(たた)りを思わせる死に方をしたことになっています。孫皎については言及がないようですが、実は彼も219年のうちに亡くなっているのです。

個人的には、すべて祟りでくくってしまうのはどうなのかな? と思いますけど――。創作するとこうなるよね、とも思います。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました