呉景(ごけい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 呉景(ごけい) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)呉県(ごけん)

【生没】 ?~203年(?歳)

【吉川】 第054話で初登場。
【演義】 第015回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫堅呉夫人伝(そんけんごふじんでん)』に付された「呉景伝」あり。

孫氏の姻戚として草創期に活躍

父母ともに不詳。呉氏(孫堅の正室。武烈皇后〈ぶれつこうごう〉)は姉。息子の呉奮(ごふん)は跡継ぎで、呉祺(ごき)も同じく息子。

呉景は孫堅に付き従い功を立て「騎都尉(きとい)」に任ぜられる。次いで袁術(えんじゅつ)の上表により「丹楊太守(たんようのたいしゅ)」になると、現任の太守である周キン(しゅうきん。日+斤)を討ち、そのまま郡を占拠した。

192年(もしくは191年)、孫堅の戦死を受けて、跡を継いだ孫策(そんさく)が孫河(そんか)や呂範(りょはん)らとともに呉景を頼ってくる。呉景は彼らと協力し、ケイ県(けいけん)の山賊の祖郎(そろう)を敗走させた。

そのうち劉繇(りゅうよう)の圧力が強まったため、呉景は北方へ戻り、再び袁術のもとに身を寄せる。「督軍中郎将(とくぐんちゅうろうしょう)」に任ぜられ、孫賁(そんほん)とともに横江(おうこう)で劉繇配下の樊能(はんのう)と于麋(うび)を討伐。さらに秣陵(ばつりょう)にいた笮融(さくゆう)と薛礼(せつれい)も攻める。

このころ孫策が牛渚(ぎゅうしょ)で負傷し、いったん降伏していた者たちが背く。呉景はこれらの討伐にあたり、みな捕虜とした。

劉繇が豫章(よしょう)に逃げ込むと、呉景は孫策の命を受け、孫賁とともに寿春(じゅしゅん)へ行き、袁術に経過を報告した。このとき袁術は劉備(りゅうび)と徐州(じょしゅう)を巡り争っており、呉景は「広陵太守(こうりょうのたいしゅ)」に任ぜられた。

197年、袁術が「皇帝(こうてい)」を僭称(せんしょう)すると、孫策は手紙を遣って非難する。だが、袁術は聞く耳を持たない。そこで孫策は長江(ちょうこう)の渡し場を封鎖し、袁術との関係を絶つ。

呉景は使いからこのことを聞くや、すぐに「広陵太守」の官職を捨てて孫策のもとへ戻り、改めて「丹楊太守」に任ぜられた。

詔(みことのり)を奉じ議郎(ぎろう)の王フ(おうふ。言+甫)が南方の巡察にやってくると、彼は呉景を「揚武将軍(ようぶしょうぐん)」に任ずるよう上表し、これまで通り「丹楊太守」を兼ねることも認めた。

203年、呉景は在官のまま死去し、息子の呉奮が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

呉景は姉が孫堅に嫁いだことで人生が一変したのだと思いますが、彼自身は手堅い将軍だったようです。

初め袁術の手下扱いだった孫堅や孫策が、実力で勢力圏を拡大していく過程には爽快さが感じられました。父兄の苦労が孫権(そんけん)の時代に結実しましたが、呉景はそうした飛躍を見ることなく亡くなったのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】