麋氏(びし)

【姓名】 麋氏(びし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 東海郡(とうかいぐん)胊県(くけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第003話で初登場。
【演義】 第014回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

蜀(しょく)の劉備(りゅうび)の側室?

父母ともに不詳。麋竺(びじく)は兄で、麋芳(びほう)も兄弟。

麋氏は、196年に麋竺の意向を受け劉備に嫁いだ。その後の動静は不明。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

吉川『三国志』(第143話)や『三国志演義』(第41回)では、劉備が当陽(とうよう)で曹操(そうそう)に追いつかれた際にはぐれてしまい、助けに来た趙雲(ちょううん)に阿斗(あと。劉禅〈りゅうぜん〉の幼名)を託し、自分は井戸に身を投げて死んだということになっています。
吉川『三国志』の考察 第143話 「宝剣(ほうけん)」
当陽(とうよう)で曹操軍(そうそうぐん)に追いつかれてしまった劉備(りゅうび)。趙雲(ちょううん)は乱戦の中から、淳于導(じゅんうどう)に捕らえられていた糜竺(びじく。麋竺)や劉備の甘夫人(かんふじん)を救い出す。さらに、ちょうど行...

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・趙雲伝)には、趙雲が当陽県の長坂(ちょうはん)で、同じく劉備の夫人(正室?)の甘氏(かんし)と、まだ幼子だった劉禅を救ったことが書かれていますが、麋氏についての言及はありませんでした。

ただ、その後は麋氏が登場しないので、見せ場のひとつになっている吉川『三国志』や『三国志演義』での描かれ方はうまくできているとも感じます。

吉川『三国志』では、劉備が若いころに出会った白芙蓉(はくふよう)という佳人が、この糜氏(麋氏)だということになっているのですが、設定に混乱が見られます。

まず第3話で、白芙蓉(姓は鴻〈こう〉、名は芙蓉)の父が県の城長(というなら県長か?)」を務めていたことが老僧から語られ、続く第4話で、この城長の鴻氏が張飛(ちょうひ)の旧主だったこともわかります。

第53話では劉備の夫人として甘氏と糜氏が登場しており、第99話ではふたりの容姿などが説明されていますが、ここで十何年か前に劉備が出会った白芙蓉が、いまの糜夫人であったとあるのです。

ですが鴻芙蓉=麋氏(糜氏)という設定は、ちょっと強引ではないでしょうか? 麋竺の立場はどうなるのか……。

さらにとどめというか、第150話では糜竺(麋竺)が劉備に仕える(援助する)に至った経緯が語られていて、「糜竺が進んで自分の妹を玄徳(げんとく。劉備のあざな)の室に入れた」ともあります。

白芙蓉=鴻芙蓉=糜氏(糜竺の妹)となると、糜竺の父も城長だった鴻氏ということにならないですか? それなら、なぜ彼は鴻竺ではないのか?

序盤で登場させた佳人の白芙蓉はあくまで劉備の初恋の人という設定にとどめておき、糜竺の妹の糜氏と切り離す手はなかったのか? ずっと引っかかっているところなのですよね。

確かに小説としては、いったん離ればなれになった白芙蓉をあとで娶ることができました。めでたし、めでたし。という展開のほうが読者に支持されそうな気はしますけど……。
吉川『三国志』の考察 第003話 「白芙蓉(びゃくふよう)」
劉備(りゅうび)は洛陽船(らくようぶね)の商人から買った茶に加え、父の遺物(かたみ)の剣まで黄巾賊(こうきんぞく)の李朱氾(りしゅはん)と馬元義(ばげんぎ)に取り上げられてしまう。だが、寺の老僧に助けられて窮地を脱し、この老僧にかく...

吉川『三国志』の考察 第004話 「張飛卒(ちょうひそつ)」
鴻芙蓉(こうふよう)とともに河べりまで馬で駆けた劉備(りゅうび)だったが、老僧が話していた県軍の姿は見えない。そのうち追いついてきた黄巾賊(こうきんぞく)の矢を受けて乗馬が倒れ、やむなく劉備は7人の賊を相手に戦うも、その時ひとりの男...

吉川『三国志』の考察 第053話 「母と妻と友(ははとつまととも)」
留守を任せた張飛(ちょうひ)の失態により、徐州(じょしゅう)を呂布(りょふ)に奪われてしまった遠征中の劉備(りゅうび)。城を捨てて逃げてきた張飛とは合流できたものの、母や妻子が取り残され、その処遇が呂布の手に委ねられていることを知る...

吉川『三国志』の考察 第099話 「大歩す臣道(たいほすしんどう)」
条件付きながら関羽(かんう)を降すことに成功し、許都(きょと)へ凱旋(がいせん)する曹操(そうそう)。その後も何かと関羽に目をかけ、宴会を開いたり豪華な品物や美女を贈ったりしたが、どうしても彼の心はつかめない。第099話の展開と...

吉川『三国志』の考察 第150話 「殺地の客(さっちのきゃく)」
孫権(そんけん)が曹操(そうそう)との開戦を決断すると、周瑜(しゅうゆ)は呉軍大都督(ごぐんだいととく)として出陣し、長江(ちょうこう)の南岸に本営を設けた。このとき諸葛亮(しょかつりょう)も参陣したが、周瑜は彼を呼び、ある難題をふ...

「蜀の劉氏」収録人物一覧
蜀(しょく)の劉備(りゅうび)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
蜀の劉氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました