孫奐(そんかん)

【姓名】 孫奐(そんかん) 【あざな】 季明(きめい)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 195~234年(40歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫静伝(そんせいでん)』に付された「孫奐伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫静の息子

父は孫静だが、母は不詳。孫暠(そんこう)・孫瑜(そんゆ)・孫皎(そんこう)は兄で、孫謙(そんけん)は弟。

息子の孫承(そんしょう)は跡継ぎ。孫壱(そんいつ)と孫封(そんほう)も同じく息子。ほかに呂拠(りょきょ)と滕胤(とういん)に嫁いだ娘もいた。

219年に兄の孫皎が亡くなると、孫奐は代わって配下の軍勢を指揮し、揚武中郎将(ようぶちゅうろうしょう)として江夏太守(こうかのたいしゅ)を兼ねた。

その任にあったのは1年だったが、孫皎のやり方を引き継ぎ、劉靖(りゅうせい)・李允(りいん)・呉碩(ごせき)・張梁(ちょうりょう)に加えて閭挙(りょきょ)らを礼遇した。

孫奐は当意即妙の受け答えこそできなかったものの、効率よく仕事をこなしたため兵士や民衆から称賛された。

226年に孫権(そんけん)が魏(ぎ)の石陽(せきよう)を攻めると、孫奐は部将の鮮于丹(せんうたん)に命じ、5千の兵をひきいて淮水(わいすい)流域の通路を遮断。

そのうえで自ら呉碩や張梁らとともに5千の兵をひきいて先鋒となり、高城(こうじょう)を降し魏の3人の将軍を捕らえた。

帰還を前に、孫権は全軍に整列を命じて閲兵したが、孫奐配下の隊伍が整っていることに感心する。孫奐は揚威将軍(よういしょうぐん)に任ぜられ沙羡侯(さいこう)に封ぜられた。

孫奐も孫皎同様に学者を好み、部曲(ぶきょく。私兵)の子弟に学問を受けさせた。のちにこの中から(呉〈ご〉の)朝廷に仕えた者が数十人も出た。

234年に40歳で死去。息子の孫承が跡を継ぎ、昭武中郎将(しょうぶちゅうろうしょう)として兵をひきいた。

管理人「かぶらがわ」より

この孫奐も、兄の孫瑜や孫皎と同じく文武の才を兼ね備えた人物だったようです。

上で挙げた226年の石陽攻めでは、魏の文聘(ぶんぺい)が石陽を固守したため、孫権は20余日で包囲を解いて引き揚げることになりました。

そして帰還を前にした閲兵では、孫権が孫奐の軍勢の隊伍を見て感嘆して言ったとして、「私はもともと孫奐がのろまで気の利かないことを心配していたが、この様子を見ると諸将の中にもかなう者は少ないだろう。もう心配ない」とありました。

孫奐は生まれながらの天才ではなく、相当な努力家だったらしい。それなのに、彼の息子たちはみな早く亡くなることになりますし。娘たちの夫である滕胤と呂拠も孫綝(そんりん)に誅殺されたりと、どうもすっきりしない最期を迎えています。
「呉の孫氏」収録人物一覧
正史『三国志』(呉書)に伝や付伝の立てられているすべての人物に加え、そのほかに呉の孫氏と関わりが深かった人物についても個別の記事を作って採り上げました。姓名の左にあるのは、正史『三国志』の収録状況です。「★」…本紀(ほんぎ。帝紀...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました