曹茂(そうぼう)

【姓名】 曹茂(そうぼう) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・楽陵王茂伝(らくりょうおうぼうでん)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の息子で曹丕(そうひ)の異母弟、楽陵王

父は曹操、母は趙氏(ちょうし)。

息子の曹竦(そうしょう)は、曹偃(そうえん)が薨(こう)じたあと封国が没収されていた、曹鑠(そうしゃく)の相王家(しょうおうけ)の跡継ぎとして立てられた。

曹茂は217年に万歳亭侯(ばんざいていこう)に封ぜられ、翌218年に平輿侯(へいよこう)に移封された。222年に乗氏公(じょうしこう)に移封され、226年には中丘公(ちゅうきゅうこう)に移封された。

翌227年に聊城公(りょうじょうこう)に移封され、同年に聊城王に爵位が進んだ。232年には曲陽王(きょくようおう)に移封された。

242年、東平霊王(とうへいのれいおう。曹徽〈そうき〉)が薨去した際、曹茂は喉の痛みを理由に哀悼の声を上げようとせず、生活ぶりや宮殿への出入りも普段どおりにしていた。

このため担当官吏は封国を没収するよう上奏したが、曹芳(そうほう)は詔(みことのり)により1県500戸を削るにとどめた。

244年に楽陵王に移封された。その際に曹芳の詔が下され、子どもが多いのに曹茂の封国から上がる租税が少なかったため、先に削った1県500戸を返されたうえ、さらに700戸を加増された。

嘉平(かへい)年間(249~254年)・正元(せいげん)年間(254~256年)・景元(けいげん)年間(260~264年)にたびたび加増され、5千戸となった。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

本伝によると「曹茂は傲慢かつ強情な性格だったため、若いころから曹操に愛されなかった」ということです。曹丕の時代になっても、彼ひとりだけ王になれませんでした。

曹叡(そうえい)の時代となった227年、ようやく聊城王に封ぜられましたが、このときの詔にも、曹茂が若いころには礼の教えを学ばず、長じてからも善道に励まなかったことが指摘されており。

「たびたび太皇太后(たいこうたいごう。武宣卞皇后〈ぶせんべんこうごう〉)が、近ごろの曹茂は少し物事がわかるようになり、過去の非を後悔し、今後は善を修めたいと願っていると曹叡に伝えていた」のだという。

そこで太皇太后の思いを酌む形で、曹茂を聊城王に封じたのだと。では、その後の曹茂はどうだったのか? 242年の一件を見ればわかります。人の性格というのはそう簡単に変わらない。根っからのひねくれ者だったのか――。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました