鮑信(ほうしん)

【姓名】 鮑信(ほうしん) 【あざな】 ?

【原籍】 泰山郡(たいざんぐん)平陽県(へいようけん)

【生没】 152~192年(41歳)

【吉川】 第019話で初登場。
【演義】 第003回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

反董卓(とうたく)連合軍に参加した諸侯、曹操(そうそう)を救って自身は戦死

父は鮑丹(ほうたん)だが、母は不詳。鮑韜(ほうとう)は弟。鮑邵(ほうしょう)と鮑勛(ほうくん)というふたりの息子がいた。

鮑信は鮑宣(ほうせん)の8世の孫にあたる。鮑宣は前漢(ぜんかん)の哀帝(あいてい。在位、前6~前1年)のとき司隷(しれい。司隷校尉〈しれいこうい〉)を務めた。この鮑宣の子孫に上党(じょうとう)から泰山に転居した者がいて、そのまま泰山に一家を構えた。

父の鮑丹は少府(しょうふ)・侍中(じちゅう)まで昇り、鮑家は代々儒学を修め、その教養をもって高名だった。

鮑信は霊帝(れいてい。在位168~189年)の時代に騎都尉(きとい)に任ぜられた。若いころから人の踏むべき節義をわきまえ、寛大で人を愛し、沈着剛毅にして知謀があった。

189年、鮑信は大将軍(だいしょうぐん)の何進(かしん)の命を受け、郷里に戻り兵を募る。1千余人を集めて成皐(せいこう)まで引き返したが、すでに8月に何進が謀殺されていた。洛陽(らくよう)に入ると、ちょうど董卓(とうたく)も到着したところだった。

鮑信は董卓が異心を抱いていることを見抜き、袁紹(えんしょう)に董卓を襲撃するよう勧めた。しかし袁紹は董卓を恐れ、思い切って動こうとはしなかった。これを見た鮑信は手勢を引き連れ郷里へ帰り、歩兵2万と騎兵700に加え、輜重(しちょう)5千余台を集める。

同年12月、曹操が陳留郡(ちんりゅうぐん)の己吾県(きごけん)で挙兵。鮑信は弟の鮑韜とともに集めた軍勢をひきいて呼応した。

翌190年1月、こうして山東(さんとう)の諸侯が反董卓を旗印に挙兵すると、鮑信は行破虜将軍(こうはりょしょうぐん)に、鮑韜は裨将軍(ひしょうぐん)に、それぞれ任ぜられた。しかし諸侯の足並みがそろわず、やがて連合軍は自然解散した。

この年、曹操は滎陽(けいよう)の卞水(べんすい)で、董卓配下の部将の徐栄(じょえい)と戦って敗れた。この戦いで鮑韜が戦死し、鮑信と曹操も負傷した。

翌191年、曹操が東郡太守(とうぐんのたいしゅ)になると、鮑信は彼の上表により済北国相(せいほくこくのしょう)に任ぜられた。

翌192年、青州(せいしゅう)の黄巾軍(こうきんぐん)100万が兗州(えんしゅう)へと侵攻。任城国相(じんじょうこくしょう)の鄭遂(ていすい)を殺害したあと、方向を転じ東平(とうへい)に侵入する。

兗州刺史(えんしゅうしし)の劉岱(りゅうたい)は鮑信の制止を聞かずに出撃したものの戦死。これを受け鮑信は州吏の万潜(ばんせん)らとともに東郡へ行き、曹操を迎えて兗州牧(えんしゅうのぼく)とした。

曹操は勝利に驕(おご)る黄巾軍の様子を見、奇兵を伏せたうえ寿張(じゅちょう)で戦おうと考えた。

そこで曹操は鮑信とともに戦場の偵察に向かったが、後続の歩兵部隊が到着しないうち黄巾軍と遭遇したため白兵戦になる。鮑信が必死に戦ったおかげで曹操は何とか脱出することができたが、鮑信は戦死してしまう。このとき41歳だった。

曹操は懸賞金を出して鮑信の遺骸を探させたが、ついに見つけられなかった。人々は鮑信の姿に似せて木像を彫ると、これを祭り哭礼(こくれい)を行ったという。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』および范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』には鮑信の伝が立てられていません。ですが鮑信の曹操への献身ぶりは、その後の歴史に大きな影響を与えたと思います。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・鮑勛伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』では、鮑信のことがこのようにまとめられていました。

「鮑信は動乱に遭遇し旗揚げしたとはいえ、もともとは儒学を修めた家柄で、自身は節倹そのものの暮らしを送っていた。将兵を手厚く待遇して家に財産を残さなかったため、みな彼になついた」

鮑信にはもっと長生きしてほしかったですね。

212年になって、曹操は亡き鮑信の功績を採り上げています。このときの上奏により鮑信の息子の鮑邵が新都亭侯(しんとていこう)に封ぜられ、その弟の鮑勛が丞相掾(じょうしょうのえん)に任ぜられました。

それでも、このあたりの待遇は破格とは言えません。鮑信の功績を考えると冷たい気さえします。しかも、鮑勛は曹丕(そうひ)の時代に処刑(226年のこと)されていますしね……。
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました