鮑クン(ほうくん。員+力)

【姓名】 鮑クン(ほうくん。員+力) 【あざな】 叔業(しゅくぎょう)

【原籍】 泰山郡(たいざんぐん)平陽県(へいようけん)

【生没】 ?~226年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・鮑クン伝』あり。

父の大功にもわが身は救われず

父は鮑信(ほうしん)だが、母は不詳。鮑邵(ほうしょう)は兄。

鮑クンは鮑宣(ほうせん)の9世の孫にあたる。鮑宣は前漢(ぜんかん)の哀帝(あいてい。在位、前6~前1年)の時に「司隷校尉(しれいこうい)」を務めた。鮑宣の子孫に上党(じょうとう)から泰山に転居した者がいて、そのまま泰山に一家を構えた。

212年、曹操(そうそう)は生前の鮑信の功績を採り上げ、その息子である鮑邵を「新都亭侯(しんとていこう)」に封じ、鮑クンも召し寄せ「丞相掾(じょうしょうのえん)」とした。鮑クンは清廉で高い節操を保ち、世間に名を知られていたという。

217年、曹丕(そうひ)が「王太子(おうたいし)」に立てられると、鮑クンは「太子中庶子(たいしちゅうしょし)」に任ぜられる。のち「黄門侍郎(こうもんじろう)」に転じ、地方へ出て「魏郡西部都尉(ぎぐんせいぶとい)」となった。

213年10月、魏郡は東西の両部に分割され、それぞれに「都尉」の官が置かれた。

このころ曹丕の夫人である郭氏(かくし)の弟が曲周県(きょくしゅうけん)で小役人をしていた。その弟がお上の布を切り取って盗んだことが発覚し、法律に照らせば死刑となるのが当然だった。

このとき曹操は譙(しょう)にいて、曹丕が鄴(ぎょう)で留守を預かっていた。曹丕は何度も自筆の手紙を送り、鮑クンに夫人の弟の免罪を頼む。しかし鮑クンは独断で釈放しようとはせず、事の次第を詳しく曹操に報告する。

以前、鮑クンが「太子中庶子」として東宮(とうぐう)にいたとき、公正な態度を保ち曹丕の言いなりにならなかった。当時の曹丕も気に入らないと感じていたが、さらに今回の件が重なり、鮑クンへの怒りと恨みはますます募る。

ちょうど魏郡の郡境に配属されていた兵の中に、休暇から戻る期限を違えた者がいた。そこで曹丕はひそかに中尉(ちゅうい)に命じ、鮑クンを免職とした。

しばらくして鮑クンは「侍御史(じぎょし)」に任ぜられる。

220年1月に曹操が崩ずると曹丕が「魏王(ぎおう)」を継いだ。鮑クンは「駙馬都尉(ふばとい)」の官にあり「侍中(じちゅう)」を兼ねた。

同年10月、曹丕が帝位に即いた後、鮑クンは狩猟に夢中になっていることを批判。さらに、そのような曹丕に迎合する侍中の劉繇(りゅうよう)は不忠だとも述べる。曹丕の怒りを買った鮑クンは側近から外され「右中郎将(ゆうちゅうろうしょう)」に転じた。

223年、尚書令(しょうしょれい)の陳羣(ちんぐん)と尚書僕射(しょうしょぼくや)の司馬懿(しばい)が鮑クンを「宮正(きゅうせい。御史中丞〈ぎょしちゅうじょう〉)」に推挙。やむなく曹丕は起用を認めたが、官僚は襟を正して恐れ、態度を改めない者はいなかったという。

225年秋、曹丕が呉(ご)の討伐を望み、臣下は大いに議論する。だが鮑クンは、これまでの遠征失敗にも触れて反対。曹丕は腹を立て「治書執法(ちしょしっぽう)」に左遷した。

この年、曹丕は再び呉の討伐に乗り出すも、水路が凍結したため長江(ちょうこう)へ船を進めることができず、寿春(じゅしゅん)からの帰途、陳留郡(ちんりゅうぐん)の郡境に駐留した。

太守(たいしゅ。陳留太守?)の孫邕(そんよう)は曹丕への目通りを終えると鮑クンのもとを訪ねる。この時まだ軍営や堡塁(ほるい)が完成しておらず、標識となる囲いがしてあるだけだった。そのため孫邕は斜めに横切り、規定の道を通らなかった。

軍営令史(ぐんえいれいし)の劉曜(りゅうよう)はこの件を追及するつもりだったが、堡塁ができ上がる前だったので鮑クンは問題にしなかった。

翌226年、軍が洛陽(らくよう)に帰還した後、劉曜が罪を犯したため、鮑クンは免職するよう上奏。すると劉曜は、孫邕の軍律違反を鮑クンが勝手に不問に付したと内密に上奏する。

曹丕は詔(みことのり)を下して鮑クンを逮捕させ、廷尉(ていい)は法律により懲役5年の刑が妥当と判断した。これに対し三官(廷尉正〈ていいせい〉・廷尉監〈ていいかん〉・廷尉平〈ていいへい〉)は、法律によれば罰金2斤(きん)で済ませるべきだと反論。曹丕はひどく怒り、三官を逮捕し刺姦(しかん。官名)に引き渡すよう命ずる。

太尉(たいい)の鍾繇(しょうよう)、司徒(しと)の華歆(かきん)、鎮軍大将軍(ちんぐんだいしょうぐん)の陳羣に加え、侍中の辛毗(しんぴ)、尚書の衛臻(えいしん)、守廷尉(しゅていい)の高柔(こうじゅう)らはみな、鮑クンの父である鮑信の功績を訴えて免罪を求めたものの、曹丕は許さなかった。

こうして鮑クンは処刑されたが、それから20日して曹丕も崩じた。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、「鮑クンは家での行いが修まっていたうえ、清廉でよく施しをしたため、死去したとき財産が残っていなかった」ということです。

鮑クンの父の功績については、先に採り上げた鮑信の個別記事を見ていただきたいと思いますが、それは鮑信のおかげで曹操が命拾いをしたという大功でした。

鮑クンの諫言の仕方が曹丕のメンツをつぶすようなものだったのかもしれませんけど、父の大恩人に対する扱いとしてはだいぶ問題がありますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】