程畿(ていき)

【姓名】 程畿(ていき) 【あざな】 季然(きぜん)

【原籍】 巴西郡(はせいぐん)閬中県(ろうちゅうけん)

【生没】 ?~222年(?歳)

【吉川】 第255話で初登場。
【演義】 第081回で初登場。
【正史】 登場人物。

忠義を貫き劉備(りゅうび)の東征時に戦死

父母ともに不詳。程郁(ていいく)と程祁(ていき)という息子がいた。

程畿は劉璋(りゅうしょう)の時代(194~214年)に「漢昌県長(かんしょうけんのちょう)」に任ぜられる。

漢昌県には凶暴な賨族(そうぞく)が住んでおり、かつて漢(かん)の高祖(こうそ。劉邦〈りゅうほう〉)が彼らを用い、関中(かんちゅう)を平定したこともあった。

「賨族」はフォントがつぶれて見づらいが、「宗+貝」という字になっている。

そのころ天下は動乱期で、巴西太守(はせいたいしゅ)の龐羲(ほうぎ)は積極的に私兵を集めていた。この動きを劉璋に告げた者がいて、龐羲が反乱を企てていると讒訴(ざんそ)したため、劉璋は龐羲に疑いを持つ。

龐羲は疑われていることを聞き知ると大いに恐れ、守りを固めようと考え、郡吏の程郁を程畿のところへ遣り救援を求める。

しかし程畿は、郡が私兵を集めたのは反乱を起こすためではないはずだとし、疑われて不安だからと異心を抱くのなら、自分はあずかり知らないことだと返答。

さらに程畿は程郁を戒めて言った。

「私は州の恩義を受けているから、州牧(しゅうぼく。劉璋)に忠節を尽くさなければならない。だが、お前は(巴西郡の)郡吏だから、太守(龐羲)のために力を尽くすべきだ。私のことを考えて二心を抱くな」

龐羲は別に使いを遣り、従わない場合は郡にいる一家の者に災いが及ぶだろうと脅すも、やはり程畿は承知しない。程畿の協力が得られないと悟った龐羲は劉璋に陳謝し処罰を免れる。劉璋は程畿の話を聞き、彼を「江陽太守(こうようのたいしゅ)」に昇進させた。

214年、劉備が成都(せいと)で劉璋を降し「益州牧(えきしゅうのぼく)」を兼ねると、程畿は「従事祭酒(じゅうじさいしゅ)」に任ぜられる。

221年、劉備の孫権(そんけん)討伐に従軍。

翌222年、劉備軍は猇亭(おうてい)で孫権配下の陸遜(りくそん)に大敗を喫し、程畿は長江(ちょうこう)をさかのぼり退却する途中で敵の追撃に遭い、奮戦の末に戦死した。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・楊戯伝〈ようぎでん〉)の『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の陳寿(ちんじゅ)の注記によるものです。

帝位に即いたばかりの劉備の東征失敗は、蜀の国力を大きく損じただけでなく、程畿のような中堅どころの人材も数多く失い、取り返しのつかない結果を招いてしまいました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】