孔融(こうゆう)

【姓名】 孔融(こうゆう) 【あざな】 文挙(ぶんきょ)

【原籍】 魯国(ろこく)魯県(ろけん)

【生没】 153~208年(56歳)

【吉川】 第025話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孔子(こうし)の20代目の子孫にして「建安七子(けんあんのしちし)」のひとりだが、実務能力に欠ける

父は孔宙(こうちゅう)だが、母は不詳。孔襃(こうほう)は兄。息子と娘がひとりずついた。

孔融は豫州刺史(よしゅうしし)の王允(おういん)に召し出され従事(じゅうじ)に任ぜられた。やがて大将軍(だいしょうぐん)の何進(かしん)の推挙により、北軍中候(ほくぐんちゅうこう)や虎賁中郎将(こほんちゅうろうしょう)を務めた。

189年8月、何進が宦官(かんがん)に殺害され董卓(とうたく)が実権を握ると、翌190年(189年中かも)に孔融は北海国相(ほっかいこくのしょう)として地方へ転出することになった。

196年、朝廷に召し還されて(実際のところは根拠地を失ったうえ身ひとつの逃亡)将作大匠(しょうさくたいしょう)に任ぜられ、のち少府(しょうふ)に昇進。

ところが孔融はたびたび曹操(そうそう)を馬鹿にしたような態度を取り、彼が出した禁酒令をからかったりもした。御史大夫(ぎょしたいふ)の郗慮(ちりょ)は曹操の気持ちを察し、法律により孔融を罷免。

それから1年余りして、孔融は太中大夫(たいちゅうたいふ)に任ぜられた。

208年8月、孔融は孫権(そんけん)の使者に対し曹操を誹謗(ひぼう)する発言をしたと問罪され、市場において処刑された。その一族も皆殺しになった。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』には孔融の伝が立てられていませんけど、范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』には立てられています。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・王粲伝〈おうさんでん〉)に付された徐幹(じょかん)らの伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く曹丕(そうひ)の『典論(てんろん)』では、「孔融は文体や気品が優れていて他人の及ばないものがあるが、議論を展開するのはうまくない。その論理は文辞に及ばず、戯れやからかいを交えるに至っている」としながらも、「しかしその優れた点を見ると、揚雄(ようゆう)や班固(はんこ)の仲間である」と評価されていました。

また『三国志』(魏書・崔琰伝〈さいえんでん〉)の裴松之注に引く司馬彪(しばひゅう)の『続漢書(しょくかんじょ)』には、孔融の少年時代の話がいくつか載せられています。

「孔融が10余歳だったころ、当時の名士で河南尹(かなんいん)の李膺(りよう)は、使用人に命じ訪問客を選んで通していた。李膺は当代の優れた人物か、先祖の代から付き合いのある家(通家〈つうか〉)の子孫でなければ会わないと言っていた」

「孔融は彼と会って、その人柄を観察したいと思った。そこで屋敷を訪ね、門番に『私は李君(李膺)の通家の子孫です』と言い通してもらう」

「そして李膺から、『お客人のご先祖は私の家とどのような付き合いがあったのですかな?』と問われると、孔融はこう答えた。『私の先祖の孔子は、あなたさまのご先祖の李老君(りろうくん。老子〈ろうし〉。李耳〈りじ〉)と肩を並べる徳義を持っており、弟子であり友人でもありました。とすれば、私とあなたさまとは何代にもわたる通家なのでございます』。座中の人々は孔融の返答を見事だと思い、みな『大した子どもだ』と言った」

さらに「あとから太中大夫の陳煒(ちんい)がやってくると、同席していた者が孔融のことを語って聞かせた。すると陳煒は言った。『人というものは幼いころに賢くても、成長してからも優れているとは限らないだろう』」

「これに孔融が応えた。『もしおっしゃる通りなら、あなたさまは幼いころ賢かったのでしょうね』。李膺は大笑いし、孔融を振り返って言った。『お客人。あなたが成長されたのちは、きっと立派な人物になられることだろう』」という話も。

ただ、これはいい話なの? と疑問を感じました。神童らしい逸話は、もっとさわやかなものであってほしいですね。

同じく『続漢書』にはこういう話もあります。

「孔融が16歳のとき、兄の孔襃と旧知の間柄だった山陽(さんよう)の張倹(ちょうけん)が、中常侍(ちゅうじょうじ)の侯覧(こうらん)の怒りを買い逮捕されそうになった。張倹は孔襃を頼って逃亡してきたが、ちょうど彼は家にいなかった。張倹は弟の孔融が年少であることから、追われている事情を話さなかった」

「それでも孔融は張倹の様子を見て、『私ひとりでもあなたさまのお役に立てます』と言い、そのまま家にかくまった。のちにこのことが外に漏れ、山陽国の大臣らが密かに逮捕に向かったものの、張倹は無事に脱出することができた」

「一方で孔融は孔襃とともに捕らえられ牢獄に送られる。だが兄弟はかばい合い、自分が処罰されるべきだと言い張った。郡や県では判断できず、お上に裁断を仰いだ結果、兄の孔襃が処刑されることになった。この事件によって孔融の名は遠近に鳴り響いた」

こちらは兄弟愛が感じられる、いい話なのかもしれません。でも孔融の話となると、計算のようなものがなかったのかと勘ぐりたくはなりますね……。

孔融は学識があり、持っていた構想自体はなかなか立派なものでしたが、現状を踏まえて実行する手段にまで考えが及んでいなかったらしい。

人材を登用する際も一風変わった者を好んだそうですし、確かに禰衡(でいこう)を激賞したりもしていましたよね……。デキる男という思い(思い込み?)が強かった孔融。朝廷の隅で文学だけを語っている、というのは難しそうな人です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました