夏侯霸(かこうは)

【この記事をシェアする】

【姓名】 夏侯霸(かこうは) 【あざな】 仲権(ちゅうけん)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第144話で初登場。
【演義】 第102回で初登場。
【正史】 登場人物。

父の敵(かたき)たる蜀(しょく)へ亡命

父は夏侯淵(かこうえん)だが、母は不詳。夏侯玄(かこうげん)は従子(おい)。夏侯衡(かこうこう)は兄で、夏侯称(かこうしょう)・夏侯威(かこうい)・夏侯栄(かこうえい)・夏侯恵(かこうけい)・夏侯和(かこうか)はみな弟。

夏侯霸は曹丕(そうひ)の黄初(こうしょ)年間(220~226年)に「偏将軍(へんしょうぐん)」となり「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

230年、夏侯霸は曹真(そうしん)の蜀討伐に従軍し、先鋒として興勢(こうせい)を包囲する。この時は蜀軍の攻撃を受け、奮戦の末に撤退した。

のち「右将軍(ゆうしょうぐん)」として隴西(ろうせい)に駐屯したが、配下の兵士を大切にし異民族を手なずけたため、彼らからの評判は良かったという。

曹芳(そうほう)の正始(せいし)年間(240~249年)、夏侯霸は夏侯儒(かこうじゅ)に代わって「征蜀護軍(せいしょくごぐん)」となり、征西将軍(せいせいしょうぐん)の夏侯玄に属す。爵位も「博昌亭侯(はくしょうていこう)」に進んだ。

249年、親しくしていた曹爽(そうそう)が司馬懿(しばい)により刑死に追いやられ、夏侯玄が朝廷に召し還されると、夏侯霸は自分にも災いが及ぶと考えて恐れを抱く。

それに加え、以前から仲の悪かった雍州刺史(ようしゅうしし)の郭淮(かくわい)が、夏侯玄に代わって「征西将軍」に任ぜられたため、夏侯霸はいっそう不安が高まり、ついに蜀への亡命を決意する。

劉禅(りゅうぜん)の皇后(こうごう)の張氏(ちょうし)は張飛(ちょうひ)の娘で、母は夏侯霸の従妹だった。このため夏侯霸は蜀へ入ってからも厚遇された。

張飛のふたりの娘はいずれも劉禅の皇后となった。

255年、夏侯霸は「車騎将軍(しゃきしょうぐん)」として姜維(きょうい)とともに魏の狄道(てきどう)に進出し、雍州刺史の王経(おうけい)に大勝。

その後の夏侯霸については記事がないが、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・趙雲伝〈ちょううんでん〉)に、彼が遠方より帰順したことを評価され、劉禅から諡号(しごう)が贈られたとある。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・夏侯尚伝〈かこうしょうでん〉)に付された「夏侯玄伝」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』および『三国志』(蜀書・姜維伝)などによるものです。

父の夏侯淵が蜀との戦いで討ち死にしたことと、従妹の娘が劉禅の皇后になったことを考え合わせると、かなり複雑な背景を抱えながらの夏侯霸の亡命。

確かに魏に残ったままだったら、司馬懿が彼を放っておかなかったのでしょうけど、蜀の将軍となり魏軍と戦うところまでいくとは……。

なお、夏侯霸の従妹が張飛の妻となった経緯については、先に採り上げた張飛の個別記事をご覧ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】