吉川『三国志』の考察 第144話 「長坂橋(ちょうはんきょう)」

趙雲(ちょううん)は阿斗(あと。劉禅〈りゅうぜん〉)の身を懐に抱きながら、ついに曹操軍(そうそうぐん)の分厚い包囲を突破する。劉備(りゅうび)はわが子の無事よりも趙雲の無事を喜ぶ。

さらに押し寄せてくる曹操軍に対し、張飛(ちょうひ)は単騎で長坂橋に立ちふさがり、ことごとく敵を食い止める。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第144話の展開とポイント

(01)当陽(とうよう)

この日、曹操(そうそう)は景山(けいざん)の上から戦(いくさ)の情勢を眺めていた。するとひとりの敵将が、まるで無人の境を行くように陣地を駆け破るのを見る。

曹洪(そうこう)に確かめさせたところ、劉備(りゅうび)配下の趙雲(ちょううん)だとわかった。曹操は各陣に矢や石弩(せきど)を使うなと言い、生け捕りにするよう命ずる。

行く先々の敵の囲みはまだ分厚いものだったが、趙雲は鎧(よろい)の胸当ての下に阿斗(あと。劉禅〈りゅうぜん〉)を抱えながら悪戦苦闘し、次々と駆け破っていく。

敵陣の大旗を斬り倒すこと二本、敵の大矛を奪うこと三条(みすじ)、名のある大将を斬り捨てること数知れず……。

身に一矢一石を受けもせず、ついにさしもの広野をよぎり抜けて、まずはホッと山あいの小道までたどり着いた。

『三国志演義(3)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)では、このとき趙雲が槍で突き、剣で刺し殺した曹操軍の名将は都合50人余りに上ったとある。

だが、ここにも「鍾縉(しょうしん)」と「鍾紳(しょうしん)」と名乗る兄弟がふた手に分かれ陣を敷いていた。兄の鍾縉は大斧(おおおの)をよく遣い、弟の鍾紳は方天戟(ほうてんげき)の妙手として名がある。ふたりは示し合わせておめきかかった。

さらに張遼(ちょうりょう)の大兵や許褚(きょちょ)の猛兵も、彼を生け捕りにせんものと野を掃き追ってくる。

趙雲は前後して鍾縉と鍾紳を斬り捨てたものの、気息は奄々(えんえん)と荒く、満顔全身は血と汗にまみれ、馬もよろよろに成り果てて辛くも死地を脱することができた。

(02)長坂橋(ちょうはんきょう)

ようやく趙雲が長坂坡(ちょうはんは)まで来ると、彼方の橋上に一騎で大矛を横たえている張飛(ちょうひ)の姿が小さく見える。

なお敵の文聘(ぶんぺい)が後方から襲ってくると、さすがの趙雲も絶叫して助けを求めた。これに気づいた張飛が駆けつけ後を引き受ける。

趙雲は長坂橋を渡り、劉備が休んでいる森陰までたどり着いた。そして糜夫人(びふじん。麋夫人)の最期を語り、救い出した阿斗の身を差し出す。

糜夫人の最期については前の第143話(03)を参照。

「思うに趙雲のごとき股肱(ここう)の臣は、またとこの世で得られるものではない。それをこの一小児のために、危うく戦死させるところであった。一子はまた生むも得られるが、よき国将はまたと得がたい」

「それにここは戦場である。凡児の泣き声は、なおさら凡父の気を弱めていかん。ゆえに放り捨てたまでのことだ。諸将よ、わしの心を怪しんでくれるな」

趙雲は地に額をすりつける。越えてきた百難の苦も忘れ、この君のためなら死んでもいいと胸に誓い直した。

曹操が景山を下りると、たちまち旗や馬印の激流が野に広がる。曹仁(そうじん)・李典(りてん)・夏侯惇(かこうじゅん)・楽進(がくしん)・張遼・許褚などもみな方向を一にして長坂坡へ迫った。

井波『三国志演義(3)』(第42回)では、ここに「夏侯淵(かこうえん)」や「張郃(ちょうこう)」の名も見える。

すると彼方から文聘とその手勢が、散々な態になり逃げ乱れてくる。長坂橋のほとりでただ一騎加勢に駆けつけた張飛に防がれ、趙雲を取り逃がしたという。

これを聞いた諸将は争って長坂橋に殺到した。橋の上にいたのは張飛ただ一騎のみ。これを見た諸将は逸(はや)り立つが、曹操は、対岸の林に兵が隠してあると言って制する。

張飛が名乗りかけて勝負を求めると、曹操は、むかし関羽(かんう)に言われたことばを思い出す。

曹操が関羽に言われたことばについては、先の第102話(04)を参照。

「蛇矛」については先の第9話(04)を参照。

井波『三国志演義(3)』(第42回)では、ここで落馬したのは「夏侯傑(かこうけつ)」ということになっている。

このありさまを見ると数十万の兵はなお動揺。曹操も士気の乱れを察し、にわかに退却命令を下す。

諸軍の兵はみな山の崩れるように先を争い合う。不思議な心理が、いやがうえにも味方同士を混乱に突き落とした。誰の背後にも、張飛の形相が追いかけてくるような気がしていた。

曹操軍は収拾がつかなくなり、散々な態で逃げ続ける。ようやく張遼が追いつき、馬の口輪をつかみ止めなだめると、曹操は初めて夢の覚めたような顔をし、全軍の立て直しを命じた。

そこへ、敵が長坂橋を焼き払って退いたとの知らせが届く。曹操は、橋を焼いて逃げるようでは、大した兵力は残っていないに違いないと悟る。すぐに3か所に橋を架けて劉備を追い詰めろと、命令を改めた。

劉備主従と残兵は江陵(こうりょう)を指して落ちてきたが、このような事情でその方角へ出ることができず、にわかに道を変え、沔陽(べんよう)から漢津(かんしん)へ出ようと昼も夜も逃げ続けていた。

参考文献に挙げた井波『三国志演義(3)』の訳者注によると「後漢(ごかん)・三国時代に『沔陽』という県名はない。南朝梁(りょう)の時代に後漢の『雲杜県(うんとけん)』を『沔陽郡』とし、隋代(ずいだい)に『沔陽県』と改めた。現在の湖北省(こほくしょう)仙桃市(せんとうし)」という。

管理人「かぶらがわ」より

曹操が生け捕りを命じたこともあり、無事に劉備のもとへ帰り着くことができた趙雲。そして阿斗を草むらへ放ってみせる劉備。

さらに、張飛の奮闘で大混乱を来した曹操の大軍。夏侯覇はこの後も長く登場するのですが、ここでは馬から転げ落ちていましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (6) 赤壁の巻
このページをシェアする
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました