吉川『三国志』の考察 第031話 「珠(たま)」

董卓(とうたく)により焼け野原と化した洛陽(らくよう)の宮殿跡を見て回る、袁紹(えんしょう)ら反董卓連合軍の諸侯。

みなが帰ったあと、なお孫堅(そんけん)は数名の従者とともに建章殿(けんしょうでん)の辺りをぶらついていたが、とある井戸から思わぬ宝物を見つけてしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第031話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう)

洛陽は董卓(とうたく)が放たせた火により7日間も焼け続ける。反董卓連合軍の総帥たる袁紹(えんしょう)も、本営を建章殿(けんしょうでん)のあった辺りに置き、日夜戦後の跡始末に忙殺されていた。

やがて掘り散らされた宗廟(そうびょう)に仮宮ができ上がると、袁紹は、祭りを営もうと諸侯の参列を求める。粗末で形ばかりの祭事を執り行った後、諸侯は連れ立って、面影もなくなり果てた禁門(宮門)のあちこちを見て回った。

そして、まだ半焼状態の内裏(天子〈てんし〉の宮殿)の鴛鴦殿(えんおうでん。鴛鴦はオシドリの意)で、小盞(しょうさん)を酌み交わし別れた。

諸侯はみな帰ったが、孫堅(そんけん)は2、3人の従者を連れ、建章殿の近くを逍遥(しょうよう)していた。すると郎党のひとりが、南の井戸から五色の光が見えると言いだす。

そこで井戸の中を調べさせると、水浸しになった若い女官の死体が見つかった。女官は紫金襴(しきんらん)の囊(ふくろ)を抱いていたが、孫堅が開けると赤い小箱が出てくる。

紫金襴の囊についてはイマイチわからず。紫金なら赤銅。金襴なら、金の糸を模様に織り込んだ美しい織物ということになりそうだが――。いずれにせよ、錦(にしき。いろいろな色糸や金銀の糸を横糸に使い、きれいな模様を織り出した厚い高価な織物)の袋のたぐいか?

さらに黄金の錠を歯でねじ切ると、小箱の中には一顆(いっか)の印章が入っていた。密かに程普(ていふ)を呼んで見せたところ、伝国の玉璽(ぎょくじ)であることがわかる。

ここで孫堅と程普とのやり取りに出てきた、十常侍(じゅうじょうじ)らの乱の際に玉璽が紛失したとのうわさが立ったことについては、先の第20話(01)を参照。

(02)洛陽 孫堅の軍営

程普は味方の者に、主君が急な病を発せられたゆえ、明日には陣を引き払い本国へお帰りになることになったと触れ、にわかに行旅の支度にかからせる。

ところがこの混雑中に、孫堅に付き従っていた郎党のひとりが袁紹の軍営へ行って内通し、袁紹に一部始終を告げ、わずかな褒美をもらい姿をくらました。だから袁紹は、あらかじめ玉璽の秘密を知っていた。

『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第6回)では、袁紹はこの男に褒美を与え、密かに自軍に留め置いたとある。

(03)洛陽 袁紹の軍営

夜が明けると、孫堅は何食わぬ顔をして暇(いとま)乞いにやってくる。わざと憔悴(しょうすい)した態を装い、しばらく本国へ帰って静養したいと述べると、袁紹は横を向き笑う。

袁紹は井戸から拾い上げた玉璽のことを問いただし、朝廷に返上するため差し出すよう迫る。だが、孫堅は謀反人呼ばわりされても、玉璽を手に入れたことを認めない。

ふたりとも剣を抜いたため、満堂の諸侯が総立ちになってなだめる。こうしてみなで仲直りの杯を上げて別れたものの、それから一刻(30分?)も経たないうちに孫堅の陣には一兵の影も見えなくなった。

袁紹がイラ立ち、諸侯の軍営も何となく動揺しだしてみえたところへ、先に単独で董卓を追い滎陽(けいよう)で大敗を喫した曹操(そうそう)が、わずかな残兵をひきいて帰ってくる。

曹操の滎陽での大敗については、先の第29話(09)および前の第30話(01)を参照。

その後、孫堅は袁紹の追手に遭ったり、諸城の太守(たいしゅ)に遮られたりと散々な憂き目に遭いながらも、ついに黄河(こうが)のほとりまで逃げ延びて一舟を拾い、辛くも江東(こうとう)へ逃げ渡った。

ここで出てきた、孫堅が本国へ帰っていく過程についてはよくわからなかった。このとき孫堅は長沙太守(ちょうさのたいしゅ)だったはず。ここでいう本国とは長沙のことではないのだろうか? もし長沙へ帰ろうとしたのではないとしても、なぜ洛陽から南下するのに、黄河のほとりで舟を拾う必要があるのかも謎。

なお井波『三国志演義(1)』(第6回)では、孫堅が病を装い袁紹に帰国する旨を伝えに行った際、長沙へ帰ることをはっきり告げていた。

(04)洛陽

そのころ、東郡(とうぐん。東郡太守)の喬瑁(きょうぼう。橋瑁)と刺史(しし。兗州刺史〈えんしゅうのしし〉)の劉岱(りゅうたい)が陣中のつまらないことから喧嘩(けんか)になり、夜中に劉岱が軍営へ斬り込んで喬瑁を斬り殺すという事件が起こる。

諸侯の間ですらこのような状態で、その配下の将校や卒伍の乱脈ぶりもひどくなった。略奪はやまないし酒は盗む。喧嘩はいつも女や賭博(とばく)から始まった。

洛陽の飢民からは、「こんなことなら、まだ前の董相国(とうしょうこく。董卓)の暴政のほうがマシだった」というつぶやきが聞かれるほどである。

(05)洛陽 公孫瓚(こうそんさん)の軍営

ある夜、公孫瓚は密かに劉備(りゅうび)を呼び、袁紹に見切りをつけ北平(ほくへい)へ帰る意向を伝える。劉備も同意して暇を告げると、関羽(かんう)や張飛(ちょうひ)らを連れて平原(へいげん)へ帰ることにした。

井波『三国志演義(1)』(第6回)では、このとき平原まで引き揚げたところで、公孫瓚が劉備を平原相(へいげんのしょう。平原国相)に任じたとあった。

管理人「かぶらがわ」より

孫堅が洛陽城南の甄官井(しんかんせい)から伝国璽を得たことについては、『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫堅伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』に見えます。ですが、本伝(孫堅伝)に関連記事はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(02) 群星の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました