吉川『三国志』の考察 第176話「周瑜・気死す(しゅうゆ・きしす)」

諸葛亮(しょかつりょう)の周到な手回しの前に、とうとう劉備(りゅうび)を取り逃がした周瑜。

さらに、劉備を迎えに来た船上の諸葛亮から辛辣(しんらつ)な言葉を投げかけられると、周瑜は血を吐き倒れてしまう。

スポンサーリンク

第176話の展開とポイント

(01)劉郎浦(りゅうろうほ)

諸葛亮(しょかつりょう)が従えてきた荊州(けいしゅう)の舟手の兵は、みな商人に姿を変えていた。

『三国志演義大事典』(沈伯俊〈しんはくしゅん〉、譚良嘯〈たんりょうしょう〉著 立間祥介〈たつま・しょうすけ〉、岡崎由美〈おかざき・ゆみ〉、土屋文子〈つちや・ふみこ〉訳 潮出版社)によると「劉郎浦は劉郎洑ともいう。後漢(ごかん)では荊州(けいしゅう)南郡(なんぐん)に属した。なお、この地名は実際には三国時代以後に登場した地名であり、唐宋(とうそう)時代の書物には、劉備が呉の孫権の妹を娶(めと)った所として記されている」という。

劉備(りゅうび)と夫人や500人の随員をおのおのの舟に収容すると、たちまち櫓櫂(ろかい)を操り、帆を揚げて入り江の湾口を離れる。呉(ご)の追手は後れ馳(ば)せに来て、岸にひしめき合っていた。

諸葛亮は一舟の上から、それを指して言う。

「すでにわが荊州は一国たり。一国が一国を謀るもよし、攻めるもよいが、美人をもって釣るような下策はあまりにも拙劣極まる。汝(なんじ)ら、呉へ帰ったら周瑜(しゅうゆ)に告げよ。再びかかる錯誤はするなと」

多くの舟からドッと嘲笑(ちょうしょう)が上がった。対して岸からは雨のように矢が飛んできたが、みな江波に落ち流されてしまう。

(02)長江(ちょうこう)

劉備らが江上を数里(すうり)進んでふと下流を見ると、追い風に満帆を張った兵船が100艘(そう)ばかり見えた。

中央に帥の字の旗を立てており、明らかに周瑜が座乗しているらしい。左には黄蓋(こうがい)の旗印が見え、右には韓当(かんとう)の船が並ぶ。

みなが色を失うと、諸葛亮はかねて予測されていたことだと速やかに岸へ寄せ、そこからは陸路を取り逃げ走った。

(03)黄州(こうしゅう)の境

呉の水軍も船を捨て陸地へ駆け上がる。黄蓋・韓当・徐盛(じょせい)など、飛ぶがごとく馬を速めて追う。

『三国志演義大事典』によると「黄州は荊州(けいしゅう)江夏郡(こうかぐん)に属す。この地名が行政区画として置かれたのは、実際には元代(げんだい)以降のことである」という。

周瑜が「ここはどの辺だ?」と諸将に尋ねると、徐盛が「黄州の境にあたります」と答えた。

その時、山の陰から一彪(いっぴょう)の軍馬が奔進してくる。これは関羽(かんう)の一隊だった。

周瑜が敵の備えを見て退きかけると、左の沢からも右の峰からも、黄忠(こうちゅう)や魏延(ぎえん)の猛兵が現れる。呉の将士は存分な戦いもせず、続々と討ち死にを遂げた。

周瑜は上陸した場所まで馬に鞭(むち)打って逃げ延び、あわてて船へ身を移す。

すると、もう遠い先へ行っているはずの諸葛亮が、忽然(こつぜん)と一隊の兵をひきいて江岸に姿を現し、大音に言った。

「周郎(周瑜)ノ妙計ハ天下ニ高シ。夫人ヲ添エ了(おわ)ッテ。マタ、兵ヲ折(くじ)ク」

これを二度も繰り返して一斉にドッと笑い囃(はや)したので、周瑜は勃然(ぼつぜん)と怒り、船を岸へ寄せろと怒鳴る。

(04)長江

しかし黄蓋や韓当らは、味方があらまし討たれ、残る士卒も戦意を失っているのを見ると、もがく周瑜を抱き止めながら、船手の者に船を中流へ出すよう命じた。

周瑜は眦(まなじり)に血涙をたたえて叫ぶ。

「無念。実に無念。かかる恥を受け、かかる結末をもって、何で大都督(だいととく)周瑜たる者が再び呉国へ帰れよう。おめおめと呉侯(ごこう。孫権〈そんけん〉)にお目にかかれよう。おれは恥を知っている」

そして、歯をギリギリかみ鳴らしたかと思うと口から真っ赤な血を吐き、朽ち木倒れに船底へ倒れてしまう。呉の諸将は彼の体を抱き起こし、左右から悲痛な声を振り絞った。

しばらくしてようやく周瑜は薄目を開き、かすかな声で「船を呉へ向けてくれ」と言う。蔣欽(しょうきん)と周泰(しゅうたい)は病都督の身を守って柴桑(さいそう)まで帰った。

(05)呉城(京城〈けいじょう〉?)

やがてこの始末を知った孫権は鬱憤(うっぷん)のやり場もなく、日夜、劉備への報復を考えていた。

ここでいう呉城は『三国志演義(4)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第56回)では南徐(なんじょ)となっていた。南徐については先の第171話(06)を参照。

そこへ病中の周瑜から長文の書簡が届く。「君(主君)。一日も早く兵馬を強大にし、荊州を討ち懲らしたまえ」とある。

その気になった孫権が軍議を会そうとすると、張昭(ちょうしょう)が諫めた。いま赤壁(せきへき)の恥をそそがんと、曹操(そうそう)が再軍備にかかっていることをお忘れですかと言い、劉備が彼と結ばないように処置を講じておくことが必要だと述べる。

さらに、すぐにも都(許都〈きょと〉)へ使いを上せて朝廷に表を捧げ、劉備を荊州太守(けいしゅうのたいしゅ)に封ずるのが何よりだと思うと付け加えた。

初め孫権はおもしろくない顔をしたが、張昭に諭され了承。その推挙を容れて華歆(かきん)を呼ぶ。

井波『三国志演義(4)』(第56回)では張昭は孫権に、劉備を荊州牧(けいしゅうのぼく)に任じてほしいと上表するよう勧めていた。

井波『三国志演義(4)』(第56回)では、このとき華歆を推挙したのは顧雍(こよう)。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

諸葛亮に嘲笑され、屈辱のあまり倒れる周瑜。確かに一連の周瑜の計は空振り続きでしたが、この諸葛亮の対応もどうなのかなと感じました。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました