吉川版『三国志』の考察 第192話 「珠(たま)」

漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)が国境の葭萌関(かぼうかん)に攻め寄せたとの急報が届くと、すぐさま劉備(りゅうび)は軍勢をひきいて迎撃に向かう。

この動きをつかんだ孫権(そんけん)は、劉備不在の荊州(けいしゅう)を一気に突こうと考えるが、嫁がせた娘の身を案ずる母公の許しが出ない。そこで孫権は張昭(ちょうしょう)の献策を容れ……。

第192話の展開とポイント

(01)涪城(ふじょう)

その後も蜀(しょく)の文武官はたびたび劉璋(りゅうしょう)を諫めた。

「劉備(りゅうび)に二心はないかもしれません。しかし、彼の幕下はみな蜀に虎視眈々(こしたんたん)です。何とか口実を設け、今のうちに荊州軍(けいしゅうぐん。劉備軍)を引き揚げさせるご工夫をなされてはいかがですか?」

だが、劉璋は依然としてうなずかない。

こうしているうち、国境の葭萌関(かぼうかん)から飛報が来る。漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)が、ついに大兵を挙げ攻め寄せてきたという。

さっそく劉璋はこの由を劉備に伝え協力を乞う。劉備は少しも辞すところなく、ただちに兵をひきいて国境へ馳(は)せ向かった。

これにホッとした蜀の諸将は、この間に自国の守りを鉄壁にするよう再三再四の献言を行う。

あまりに諸将が憂えるので、劉璋も彼らの意に従い、白水之都督(はくすいのととく)の楊懐(ようかい)と高沛(こうはい)に涪水関(ふすいかん)の守備を命じ、自身は成都(せいと)へ立ち帰った。

(02)南徐(なんじょ。京城〈けいじょう〉?)

蜀境の戦乱は、まもなく長江(ちょうこう)千里(せんり)の南の呉(ご)へも聞こえてきた。

「南徐」については先の第171話(06)を参照。

孫権(そんけん)が重臣を一堂に集めて意見を聴くと、顧雍(こよう)が、ついに劉備は火中の栗(クリ)を拾いに出たものだと言う。呉の無事なる兵をもって荊州の留守を突けば、一鼓して彼の地盤は覆りましょうとも。

孫権も同じ考えだったので、みなに出師(すいし。出兵すること)の準備にかかるよう命ずる。ところが孫権の母公たる呉夫人が、劉備に嫁がせた娘かわいさに許さず、評議は一決せずに終わってしまった。

「呉夫人」については先の第136話(02)を参照。

孫権が一室に沈吟していると、張昭(ちょうしょう)が一計をささやく。母公のお叱りは、ただただ愛娘への情に引かれておいでになるだけのことだとして、ひとりの大将に500騎ほどを授け、急きょ荊州へ差し向けられるようにと。

そして妹君に密書を送り、「母公の病篤し、命旦夕(たんせき)にあり、すぐ帰りたまえ」と促すのだと。その折に劉備の一子である阿斗(あと)をも連れ呉へ下ってこられたなら、後はもうこちらのものだと。それを人質に荊州を返せと迫るのだとも。

孫権は妙計だと言い、張昭が薦めた周善(しゅうぜん)を呼び、妹への密書を託す。

井波版『三国志演義』(第61回)では、ここで周善の起用を言いだしたのは孫権自身だった。

周善は張昭にも会い、つぶさに密計を授けられると、勇躍して夜のうちに揚子江(ようすこう。長江)を出帆。500の兵はみな商人に仕立て、上流へ交易に行く商船に偽装し、船底には武具を隠していた。

(03)荊州(江陵〈こうりょう〉?)

周善は伝手(つて)を求め、首尾よく荊州城の大奥へ入り込む。さらに多くの賄賂(わいろ)を遣い、ようやく劉備の夫人に会うことができた。

夫人は兄の手紙を読むうちにもう紅涙潸々(さんさん)。手もわななかせ、顔も象牙彫(ぞうげぼり)のように血の色を失ってしまう。

夫人は周善に言われるまま身支度を整える。周善は諸方の口を見張りながら、その間に早口に告げた。

「そうそう、和子さまもお連れあそばせよ。御母公には、日ごろから劉皇叔(りゅうこうしゅく。天子〈てんし〉の叔父にあたる劉備)の家には愛らしい一子ありとお聞きになって、ひと目見たいと口癖におっしゃっておられました」

夕暮れごろ、今年5歳の阿斗を懐に、夫人は車に隠れて城中から忍び出た。呉以来、そば近くにかしずいている30余人の侍女は、みな小剣を腰に佩(は)き、弓を携えて夜道を急ぐ。

阿斗(劉禅〈りゅうぜん〉)は建安(けんあん)12(207)年生まれ。このとき5歳だったとすると、今は建安16(211)年ということになってしまい、設定と1年ずれてくる。ちなみに井波版『三国志演義』(第61回)では、阿斗は7歳ということになっていた。ただ、こちらも史実とは1年ずれていると思う。

(04)沙頭鎮(さとうちん)

夫人の車が沙頭鎮の埠頭(ふとう)に着くと、さっそく船に乗り換える。制止する趙雲(ちょううん)らの声を背に、周善は水夫たちを叱咤(しった)した。

(05)長江

趙雲は船の影を追いながら、岸に沿って馬を飛ばす。部下の兵とともに10里も駆けるとある漁村にかかった。ここで趙雲は漁夫の一舟に飛び乗り、「あの船へ漕(こ)ぎ寄せろ」と先回りした。

この小舟が近づこうとすると、船上の周善は長い矛を持ち、「射殺せ、突き殺せ」と必死の下知に声をからす。

趙雲は槍を投げ捨て、腰なる「青コウ(せいこう。金+工)の剣」を抜くと、雨と降る矢を切り払う。

「青コウの剣」については先の第143話(03)を参照。

そして、小舟の舳先(へさき)が敵船の横へ勢いよくぶつかった瞬間、わめきながら船べりに飛びつき、ついによじ登って船中へと躍り込んだ。

趙雲がとがめると夫人は、呉にいる母公が危篤だと聞き、軍師(ぐんし。諸葛亮〈しょかつりょう〉)に相談している暇(いとま)もなく、急いで便船に乗ったのだと話す。

それでも趙雲は納得せず、夫人の膝(ひざ)から阿斗の身を取り返す。だが、乗ってきた小舟はすでに流されており、呉船の艫(とも。船尾)で立ち往生してしまう。

すると、いつの間にか近づいていた田舎町の河港の口から、十数艘(そう)の早舟の群れが近づいてくる。趙雲は色を失ったが、やってきたのは張飛(ちょうひ)。

張飛が船上に跳び上がると、出会い頭に周善が矛で斬りかける。しかし、張飛が蛇矛(じゃぼう)をひと振りすると、周善の首は遠くへ飛んでいた。

「蛇矛」については先の第9話(04)を参照。

やがて張飛も夫人をとがめ、城へ帰るよう言う。夫人は許しを乞うが、母公のご危篤に前後もなく枕元へ行くのだと言って聞かない。もし強って荊州へ連れ戻るというのなら、長江へ身を投げるとも言う。

張飛は趙雲と相談して阿斗の身だけ取り返し、このまま夫人は呉へ遣ることにした。ふたりは阿斗を抱え早舟の一艘に跳び下り、ほかの十数艘をひきいて近くの油江口(ゆこうこう)に上陸。馬に乗り荊州へ帰った。

油江口に上陸した後、「馬に乗って荊州へ帰った」という記述には引っかかるものがあった。この話だと「荊州城」は(対岸にある)「江陵城」ではないということになってしまう。とはいえ「油江口」が「公安(こうあん)」なわけだし……。相変わらず「荊州城」がどの城を指しているのかわかりにくい。

ちなみに井波版『三国志演義』(第61回)では、張飛と趙雲は数里も行かないうちに諸葛亮の船団と合流し、3人は轡(くつわ)を並べて荊州城へ戻ったとある。この話だと長江の北岸に上陸し、そのまま(馬に乗って)江陵に戻ったという解釈ができると思う。

(06)荊州(江陵?)

「よかった。実によかった。阿斗の君の無事を得たのは誠にふたりの働きである」

諸葛亮はこの子細を書簡にしたため、蜀の葭萌関にある劉備のもとへ早馬で報告しておいた。

管理人「かぶらがわ」より

趙雲が張飛とともに長江を遮って阿斗の身を取り戻した話は、『三国志』(蜀書・趙雲伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『趙雲別伝』に見えました。ホント、劉禅(阿斗)は趙雲と縁があります。

この幼少期、彼の周りには優れた武芸や学問の師が多かったと思うのですけど……。どうやら活かせなかったようですね。

あと余談ながら、この第192話のタイトルの「珠(たま)」は、先の第31話と同じだったりします。何か特別な意図があるのかな?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】