吉川版『三国志』の考察 第185話 「敵中作敵(てきちゅうさくてき)」

曹操(そうそう)は賈詡(かく)の献策を容れ、馬超(ばちょう)と韓遂(かんすい)の離間を図る。

曹操の芝居にまんまと騙(だま)された馬超は韓遂のことが信じられなくなり、とうとう韓遂の本営に押し入って彼の左腕を斬り落とすに至る。これでふたりの亀裂は修復不可能なものになった。

第185話の展開とポイント

(01)渭水(いすい)の南岸 韓遂(かんすい)の本営

韓遂の幕舎へ不意に曹操(そうそう)の使いがやってくる。韓遂が受け取った書面を開いてみると、曹操の直筆に違いなく、かつての交わりに触れたものだった。

(02)渭水 曹操の本営

韓遂は旧情を動かされ、翌日に鎧(よろい)も着ず武者も連れず、ぶらりと曹操を訪ねる。ところがなぜか曹操は内へ導かず、自分から陣外へ出てきて、いとも親しげに平常の疎遠を詫びた。

ここで曹操は、かつて韓遂の父とともに「孝廉(こうれん)」に挙げられ、少壮のころにはいろいろと世話になったことを話していた。また、曹操から年齢を聞かれた韓遂がすでに40歳になったと答えていた。建安(けんあん)16(211)年に40歳であるなら、生年は熹平(きへい)元(172)年ということになるはず。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』によると、韓遂は、建安20(215)年に亡くなった(異説もある)とき70余歳だったという。この記事が正しければ、彼は永嘉(えいか)元(145)年前後の生まれとなり、曹操より10歳ほど年上ということになる。

曹操が20歳で「孝廉」に挙げられ「郎(ろう)」となったのは熹平3(174)年のこと。「韓遂の父とともに孝廉に挙げられた」というのは時代的にどうなのだろうか?

なお井波版『三国志演義』(第59回)では、曹操が韓遂の父と同年の「孝廉」に推挙されたこと。さらに、韓遂とは同時に役人となったことが描かれていた。このとき韓遂が、今年40歳になったと話していることも吉川版『三国志』と同じだったので……。これらを踏まえても創作の韓遂像というのがイマイチ見えない。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『孝廉』は)後漢(ごかん)の官僚登用制度である郷挙里選(きょうきょりせん)の通常の科目名」だという。

曹操は、こちらから書面を出しながら失礼だと言いながらも、折悪く幕中に諸将を会して要談中であることを告げる。韓遂は「いや、また会いましょう」と気軽に戻ったが、この様子を見ていた者がいて、ありのままを馬超(ばちょう)に話した。

(03)渭水の南岸 馬超の本営

翌日、馬超はほかの用事に事寄せて韓遂を呼び、「時に貴公は昨日、渭水のほとりで曹操と何か親しげに密談をしておられた由だが……」と切り出す。

韓遂は顔の前で手を振り、青空の下での立ち話で、密談などした覚えはないと答える。少年時代、ともに都(洛陽〈らくよう〉)にあったことなどをいくらか話して別れただけだと。

馬超は妬(ねた)ましげな目をしたが、韓遂はまったく後ろ暗いこともないので、笑い話をして帰った。

(04)渭水 曹操の本営

その晩、曹操は密やかな陣中の一房へ賈詡(かく)を呼び寄せていた。賈詡は今日の計を妙趣だとしながら、もうひとつ足りないとも言う。

そしてもう一度、韓遂にあてて親書を書くよう勧める。文字などもわざと朧(おぼ)ろにしたため、肝要らしいところは思わせぶりに朱筆で塗りつぶし、なお削り改めたりなどし、一見、恐ろしく複雑で重要そうに見えさえすればいいとも。

(05)渭水の南岸 韓遂の本営

その後、馬超は腹心の男をして、密かに韓遂の陣門に立たせ出入りを見張らせていた。今夕、またも曹操の使いらしき男が書簡を届けて立ち去ったと聞くと、馬超は夜食も取らずに韓遂の陣門を叩(たた)く。

韓遂は迎え入れたうえ、たったいま曹操から送られてきたという書簡を見せる。馬超は見入っていたが、辞句は不明だし、諸所に克明な筆で塗りつぶしたり書き入れがしてあった。やがて袂(たもと)へ入れ、その書簡を借りていく。

(06)渭水の南岸 馬超の本営

翌日、韓遂が呼ばれて出向くと、馬超は少し血相を変えており、「夕べ、立ち帰ってから書簡を灯に透かしてみると、どうも不穏な文字が見える。まさか御身(あなた)は、この馬超を曹操へ売る気ではあるまいな?」と言う。

韓遂も色をなしたが、先ごろから彼の様子が変だったことの原因がわかった。そこで、申し開きをするよりは事実をもって、きみに対する信を明らかにすると言う。

明日、わざと城寨(じょうさい)を訪ね、過日のように陣外で曹操と談笑するから、あなたは付近に隠れ不意に討ち止めてほしいと。

(07)渭水の北岸 氷の城

翌日、韓遂は幕下の李堪(りたん)・馬玩(ばがん)・楊秋(ようしゅう)・侯選(こうせん)らを連れ、ぶらりと曹操の城寨を訪ねる。

「李堪」については先の第182話(04)を参照。

曹操は先ごろから例の氷城に戻っていたが、取り次ぎの言葉を聞くと曹仁(そうじん)に何かささやき、代わりに出るよう言った。

曹仁は衆将を従え恭しく出てくると、馬上のまま韓遂のそばに寄り添って言う。

「いや、昨夜はお手紙をありがとう。丞相(じょうしょう。曹操)もたいへん喜んでおられる。しかし、事前に発覚しては一大事。随分ご油断なく、馬超の目にご注意を」

こう言い捨てるとサッと立ち去り、何を言う間もなく陣門を閉めてしまった。

物陰にいた馬超は激怒し、韓遂が帰るやいな、成敗すると猛ったものの、旗本たちに抱き止められて悶々(もんもん)と剣を収めた。

(08)渭水の南岸 韓遂の本営

韓遂が悄然(しょうぜん)と戻ると、「八旗の将」のうちの5人がさっそく来て慰める。

「八旗の将」については先の第182話(04)を参照。

楊秋・李堪・侯選などは代わるがわる曹操に降るよう勧めた。みなすでに馬超を見限っているもののようだった。ここに至り、ついに韓遂も変心を生じてしまう。楊秋を密使に立て、その晩、密かに曹操に款を通じた。

井波版『三国志演義』(第59回)では、大いに喜んだ曹操が韓遂を「西涼侯(せいりょうこう)」に封じ、楊秋を「西涼太守(せいりょうのたいしゅ)」に任じたとあり、ほかの者にもすべて官爵を与えたともある。

曹操からは懇篤な返書とともに、極めて綿密な一計を授けてきた。明夕、馬超を招き宴を催せという。油幕の四囲に枯れ柴(シバ)を積み、まず火をもって馬超を窒息させよと。その火を見たら曹操自身が迅兵をひきいて協力し、彼を生け捕りにするとも。

「迅兵」は「機動力のある兵」という意味だと思うが、いくらかイメージしにくい感じを受けた。先の第15話(02)にも似た用例が見えている。

翌日、韓遂は5人の腹心を集め協議していた。曹操から言ってきた策は必ずしも万全と思えないからだった。

だが楊秋・侯選・李堪らは、弁舌をもってうまく馬超を案内してくると請け合う。韓遂も宴席の準備を整え、前祝いにと一献酌み交わし手はずをささやいていた。そこへ突然、馬超が乗り込んでくる。

韓遂は戟(げき)を取る間もなかったので、左の肘(ひじ)を上げて身を防ぐ。馬超の剣は、その左腕を付け根から斬り落とした。なお馬超が追い回すと、5人の腹心が左右から打ってかかる。油幕の外は火になった。

馬超の前を妨げた馬玩はたちどころに殺され、龐徳(ほうとく。龐悳)や馬岱(ばたい)なども韓遂の部下を手当たり次第に誅殺した。

ここでは「馬玩」の名しか挙げられていなかったが、井波版『三国志演義』(第59回)では「梁興(りょうこう)」も斬り倒されていた。

ところが、たちまち渭水を渡ってきた騎兵部隊が物も言わずに炎の中へ駆け込んでくる。許褚(きょちょ)を始め夏侯淵(かこうえん)・徐晃(じょこう)・曹洪(そうこう)など、曹操軍の驍将(ぎょうしょう)はことごとく出そろっていた。

馬超は手はずが整っていたことを察し急に陣外へ駆け出したが、はや龐徳は見えず、馬岱も見当たらない。西涼勢の混乱は言うまでもなく、各所の軍営からは濛々(もうもう)と黒煙が上がっていた。日は暮れたが炎は天を焦がし、渭水の流れは真っ赤だった。

管理人「かぶらがわ」より

賈詡の献策が見事にハマり、韓遂に疑心を抱く馬超。先には親しげな密談の演出もあったので、これを看破するのは難しそうですね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】