吉川『三国志』の考察 第026話 「江東の虎(こうとうのとら)」

袁紹(えんしょう)を総大将に仰ぎ、曹操(そうそう)を参謀として、各地の諸侯からなる反董卓(とうたく)連合軍が結成され、その先鋒を任された孫堅(そんけん)が汜水関(しすいかん)に攻めかける。

まずは程普(ていふ)が胡軫(こしん)を討ち取るも、孫堅は関を守る華雄(かゆう)の反撃に遭い、ひとまず引いて袁紹の本営に兵糧を送るよう伝えた。ところが――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第026話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう) 丞相府(じょうしょうふ)

早朝、李儒(りじゅ)が董卓(とうたく)を起こし、陳留(ちんりゅう)を中心として大規模な反乱が勃発(ぼっぱつ)したことを伝える。

李儒は、反乱軍が袁紹(えんしょう)を総大将に仰ぎ、曹操(そうそう)を参謀とし、その先鋒として孫堅(そんけん)が汜水関(しすいかん)近くまで攻め上がってきたことも伝える。

ここで李儒が董卓に、孫堅が17歳の時に海賊の群れへ躍り入り、その頭目(親分)を斬ったという話をしていた。この話は『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫堅伝)の冒頭に見える。

董卓は将軍(しょうぐん)の華雄(かゆう)に先鋒を命じ、5万の兵を与え汜水関へ向かわせる。華雄の副将として李粛(りしゅく)・胡軫(こしん)・趙岑(ちょうしん)の3名が選ばれた。

(02)反董卓連合軍 鮑信(ほうしん)の軍営

華雄の軍勢が南下してくることを聞くと、鮑信は弟の鮑忠(ほうちゅう)を呼び、間道を迂回(うかい)し汜水関に奇襲をかけるよう持ちかける。鮑忠は鮑信と示し合わせ、夜のうちに500騎ばかりをひきい、道なき山を越えていった。

『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第5回)では、このとき鮑忠は歩騎3千をひきいていた。

しかし、この動きはすぐに華雄の知るところとなり、深入りした鮑忠は500の騎兵とともに全滅。このとき華雄は自ら鮑忠を一刀の下に斬り落とし、その首を早馬で洛陽へ送った。董卓からは感状と剣ひと振りがただちに届けられた。

井波『三国志演義(1)』(第5回)では戦勝の報告を受けた董卓が、華雄に都督(ととく)の官位を加えたとある。

(03)汜水関

孫堅が十分な備えをして汜水関の正面へ攻めかける。胡軫は華雄から5千の兵を分けられて関を下り、華雄自身も1万の兵をひきい関の側面から出ていった。

関下の激戦の中、孫堅の旗本の程普(ていふ)が手にした槍を投げ胡軫を討ち取る。華雄はひとまず退いて関の諸門を閉じると、間近に攻め寄せた孫堅軍に石・大木・鉄弓・火弓などを雨のごとく浴びせかけた。

孫堅のほうにも多数の犠牲者が出たため梁東(りょうとう)という部落の辺りまで退く。そして袁紹の本営に胡軫の首を届け、兵糧を送るよう伝える。

ここでは梁東という部落とあったが、梁東は梁県以東の意である。

(04)反董卓連合軍 袁紹の軍営

ところが、袁紹は孫堅に恨みを持っていた者の讒言(ざんげん)に乗り、とうとう兵糧を送らなかった。

井波『三国志演義(1)』(第5回)では「ある者」の進言に従い、孫堅に食糧と秣(まぐさ)を届けなかったのは袁術(えんじゅつ)。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(02) 群星の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました