吉川『三国志』の考察 第058話 「日時計(ひどけい)」

すでに孫策(そんさく)に敗れた劉繇(りゅうよう)は荊州(けいしゅう)へ落ち延びたものの、配下の太史慈(たいしじ)は涇県(けいけん)に立てこもり、なお抵抗を続けていた。

だが、周瑜(しゅうゆ)の策にかかって城外へ誘い出された末に捕らえられ、孫策の前に連れてこられる。早く首を刎(は)ねてほしい気持ちの太史慈だったが、ここで孫策から思わぬことを言われる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第058話の展開とポイント

(01)涇県(けいけん)

孫策(そんさく)の名は旭日(きょくじつ)の勢いとなり、江東(こうとう)一帯はその武威にあらまし慴伏(しょうふく。恐れてひれ伏すこと)する。ただ、太史慈(たいしじ)の立てこもる涇県の城は依然として抗戦を続けていた。

涇県に着いた孫策は味方の優勢を戒め、寄せ手の軍勢を遠巻きに配しておもむろに城中の気配を探る。

孫策、周瑜(しゅうゆ)とも城の攻略は至難との見方で一致したが、周瑜は陳武(ちんぶ)に決死隊10人を付け、風の夜に城中に忍び込ませて火を放つという策を献ずる。

孫策が、敵の太史慈を生け捕りにして味方に加えたいと言うと、周瑜は、城中に火光が見えだしたら同時に三方から攻め寄せ、わざと北門だけ手薄にしておくよう言い、北門から太史慈が打って出たら彼ひとりを目がけて追いまくり、その行く先に伏兵を置いておくよう勧める。

『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第15回)では、このとき周瑜が開けておくよう言ったのは東門。

孫策も手を打って同意。陳武の下に10人の決死隊が募られ、風の夜を待つ。

無月黒風(暴風)の夜が来ると、決死隊は油布や脂柴(あぶらシバ)などを背負い、陳武も身軽にいでたち、地を這(は)い草を分けて敵の城壁の下まで忍び寄った。

陳武が先頭に立ち、高温の火で土を焼いた磚(せん。煉瓦〈れんが〉の一種)を積み重ねた城壁をよじ登ると、みなも磚と磚の間に差し込んだ短剣を足がかりに踏み登っていく。

こうして城中の銭糧倉や櫓(やぐら)、書楼の床下や馬糧舎から一度に火が出ると、諸門の番人がわめきだした。

太史慈は将軍台から消火の指揮を執っていたが、城中は乱れ立つ。諸所の火の手が防ぎきれないうえ城の三方から孫策軍が迫ったので、北門を開いて突出するよう命ずる。

(02)涇県の城外

太史慈自身も北門から城外へ出たが、手薄に見えた孫策軍は案外に大勢だった。奮戦を続けた太史慈もやがてひとりになってしまい、やむなく故郷の東萊(とうらい)に潜み時節を待とうと考える。

心を決め江岸へ急ぐと、なお孫策軍が追ってくる声が聞こえる。10里(り)、20里と走っても追ってきた。

この地方は湖沼が多く、蕭々(しょうしょう)たる蘆(アシ)や葭(ヨシ)が一面に生い茂っていた。そのため太史慈も幾たびか道を見失う。駒が沼の泥土に脚を突っ込み、太史慈の体も蘆の中に放り出されると、四方の蘆の間から熊手(くまで)が伸び、ついに生け捕られた。

(03)孫策の本営

太史慈は早く首を刎(は)ねてくれと言うが、孫策は自ら縄目を解き仕えるよう説得。ここで太史慈は潔く降伏する。

孫策は酒宴を設けて語り合うが、今後の良計を尋ねても、太史慈は謙遜(けんそん)して話そうとしない。

孫策が、昔の韓信(かんしん)も降将の広武君(こうぶくん。李左車〈りさしゃ〉)に謀計を尋ねている、という逸話を引きなお意見を求めると、ようやく太史慈も一計を述べる。

それは、3日間ほど自由にしてもらえれば、自分が行って四散した劉繇(りゅうよう)の敗残兵を説き伏せ、必ず将来、孫策の盾となるような精兵3千を集めて帰るというものだった。

孫策は度量を見せすぐに許したが、3日目の午(うま)の刻(正午ごろ)までには必ず帰ってくるよう念を押す。

井波『三国志演義(1)』(第15回)では、孫策が太史慈に求めたのは明日の正午までに戻ってくること。

太史慈は一頭の駿馬(しゅんめ)をもらい、夜のうちに陣中を発った。翌朝、諸将は、太史慈の進言に任せ3日間も放してやったと聞き、もう彼は帰ってこないだろうと言い合う。

だが、孫策は笑いながら首を振り、太史慈が帰ってくることを確信しているようだった。

そして3日目になると陣外に日時計を据え、ふたりの兵に日影を見守らせた。番兵が午の刻を告げたころ、太史慈は3千の味方を連れ約束どおりに帰ってきた。

孫策の炯眼(けいがん)と太史慈の信義に感じ、先には疑っていた諸将も思わず双手を打ち振り歓呼して迎えた。

井波『三国志演義(1)』(第15回)では、太史慈が連れ帰った軍勢は1千余人。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (03) 草莽の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました