吉川版『三国志』の考察 第278話 「出師の表(すいしのひょう)」

諸葛亮(しょかつりょう)は魏(ぎ)の要職を占めるまでになった司馬懿(しばい)のことを警戒していた。

その司馬懿が曹叡(そうえい)に免官され故郷へ帰されたと聞くや、劉禅(りゅうぜん)に「出師の表」を奉呈。宿願である北伐を断行し、自ら大軍をひきいて成都(せいと)を発つ。

第278話の展開とポイント

(01)成都(せいと) 丞相府(じょうしょうふ)

馬謖(ばしょく)は、魏(ぎ)における司馬懿(しばい)の立場を自己分析してみせたうえ、諸葛亮(しょかつりょう)に一計を献ずる。

「司馬懿は自ら封を乞うて西涼州(せいりょうしゅう)へ着任しました。明らかに彼の心には魏の中央から身を避けたいものがあるのでしょう。当然、魏の重臣どもはその行動を気味悪く思い、狐疑していることも確かです」

「そこで、司馬懿に謀反の兆しありと世上へ流布させ、かつ偽りの回文を諸国へ放てば、魏の中央はたちまち惑い、司馬懿を殺すか、官職を褫奪(ちだつ。奪うこと)して辺境へ追うかするに相違ありません」

馬謖の説くところはよく諸葛亮の思慮とも一致した。そこで彼の献言を容れ、密かにこの策を行う。いわゆる対敵国内流言策である。旅行者を用い、隠密を用い、あるいは縁故の家から家へ、女子から女子へなど、あらゆる細胞が利用された。

一方で偽の檄文(げきぶん)を作り諸州の武門へ発送。案のごとく司馬懿に対し、世間にいろいろな陰口が立ってくる。

(02)洛陽(らくよう)

そのようなところへ、檄文の一通が洛陽や鄴城(ぎょうじょう)の門を守る吏員の手に入り、ただちに魏の宮中へ上達された。

原文「洛陽鄴城の門を守る」だったが、これだと意味が通じにくい。一応「や」を挟んで「洛陽や鄴城」としてみたが、ここはどう解釈すべきかわからなかった。

檄文は過激な辞句で埋まっている。魏三代にわたる罪状を数え、天下の不平の徒へ向かって打倒魏朝を扇動したものだった。

曹叡(そうえい)は、これが司馬懿の檄文なのかと判断を迷う。華歆(かきん)や王朗(おうろう)は彼が本性を現したものだと言ったが、なお曹叡は決めかねていた。

そのうち曹真(そうしん)が穏当な反対意見を述べる。

「まさかそのようなこともあるまい。もし軽々しく征伐などしてそれが真実でなかったら、求めて君臣の間に擾乱(じょうらん)を醸すものではないか?」

結局、漢(かん)の高祖(こうそ。劉邦〈りゅうほう〉)が雲夢(うんぼう)に行幸した故知に倣い、曹叡自ら安邑(あんゆう)へ遊ぶことになる。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「高祖が謀将陳平(ちんぺい)の計略に従い、雲夢に遊びに出かける体を装って、韓信(かんしん)をおびき出し捕縛した故事を指す」という。

司馬懿が出迎えに来たときそっと気色をうかがい、もし反気が見えたなら即座に搦(から)め捕ってしまえばよかろう、という説に帰着したのだった。

(03)安邑

やがてこの行幸は実現をみる。布達により、司馬懿は西涼の兵馬数万を華やかに整え、曹叡の御車(みくるま)を迎えるべく出発した。すると誰からともなく騒ぎだす。

「司馬懿が10万の軍勢をひきい、これへ押し寄せてくるぞ!」

近臣は動揺し曹叡も色を失う。沿道の到る所、恐々たる人心と乱れ飛ぶ風説のるつぼとなってしまった。

何も知らない司馬懿は数万の兵を従え安邑へ入る。たちまち曹休(そうきゅう)の一軍が道を阻み、曹休自身も馬を進めて怒鳴った。

「聞け仲達(ちゅうたつ。司馬懿のあざな)。汝(なんじ)は先帝(曹丕〈そうひ〉)より親しく、孤(みなしご)を託すぞとの遺詔を受けたひとりではないか。何とて謀反を企むぞ。ここより一歩でも入ってみよ。目にもの見せん!」

司馬懿らが曹丕の遺詔を受けたことについては、前の第277話(02)を参照。

司馬懿は仰天し、それこそ蜀(しょく)の間諜(かんちょう)の計にすぎないと、声を大にして言い訳する。そして馬を下り剣も捨て、数万の兵も城外へ残し、単身で曹休についていく。

御車の前に至るや大地に拝伏し、その謂(い)われなきことを涙とともに弁解した。神妙な様子に曹叡は心を動かされたが、華歆や王朗などは容易に信じない。

司馬懿を控えさせておき、曹叡を中心に密議する。もとより華歆や王朗の言が、それを決定するのはいうまでもない。すなわちこう決まった。

「要するに、司馬懿に兵馬を持つ地位を与えたからいけないのだ。世間にいろいろな臆測が生じたり、このような不穏な問題が起こる原因にもなる」

「爪(つめ)のない鷹(タカ)にし、野に放ってしまえばよい。これは漢の文帝(ぶんてい。劉恒〈りゅうこう〉)が周勃(しゅうぼつ)に報いた例しにある」

こうして司馬懿は勅命により官職を剝がれ、その場から故郷へ帰されてしまう。彼の残した雍涼(ようりょう)の軍馬は曹休が引き継ぐことになった。

(04)成都 丞相府

このことは、すぐに蜀の細作(さいさく。間者)から成都へと飛報された。諸葛亮は物事に対してあまり感情を表さない人だが、これを聞いたときは限りなく喜悦したということである。

彼は丞相府の屋敷にこもり、幾日かの間、門を閉じ客を謝していた。魏の五路侵攻による国難の前にも、やはりここの門を閉じていたことがある。だが、今度はその折のように、彼の姿を後園の池のほとりに見ることもなかった。

このあたりのことについては先の第259話(02)を参照。

神思幾日、一夜、斎戒沐浴(もくよく)の後、燭(しょく)を掲げて劉禅(りゅうぜん)に上す文を書く。後に有名な「前出師(ぜんすいし)の表」は、実にこの時に成ったものである。

ここで書き下し文として採り上げられていた「(前)出師表」については、この記事中で改めて全文の考察をしない。

今や彼は北伐の断行を固く決意したもののようである。一句一章、心血を注いで書いた。華文彩句を苦吟するのではなく、いわゆる満腔(まんこう)の忠誠と国家百年の経策を述べんとするのである。表は長文だった。

おそらく筆を置くとともに、文字どおり亡き玄徳(げんとく。劉備〈りゅうび〉のあざな)の遺託に対し、瞑目(めいもく)やや久しゅうしたであろう。そして、さらにその誓いを新たにしたであろう。このとき彼は47歳。蜀の建興(けんこう)5(227)年にあたっていた。

(05)成都

諸葛亮は丞相府の門を出る。久しぶりに籠居(ろうきょ)を離れて朝(ちょう)へ上ると、ただちに闕下(けっか。ここでは「御前」の意か?)に伏し「出師の表」を奉った。

劉禅は表を見て心から言う。

「相父(しょうほ。諸葛亮に対する敬称)。相父が南方を平定して帰られてからわずか1年余りしか経っていない。さるを今また前にも勝る軍事に赴くのは、いかに何でも体に無理ではないか? 相父も50になろうとする年齢。国のために少しは閑を楽しみ、身を養ってくれよ」

諸葛亮は感泣しながらもただただ劉禅を慰め、ひとまず退がった。ところが、ひとり劉禅の憂いにとどまらず、「出師の表」によって掲げられた北伐の断行は、俄然(がぜん)、蜀の廟堂(びょうどう。朝廷)に大きな不安を抱かせる。

丞相の諸葛亮の決意に出るものなので明らかに反対を唱える者はなかったが、消極論は劉禅を巡りかなり顕著だった。それらの人々の第一に懸念するところは兵員の不足であり、戦争遂行に要する財源の捻出(ねんしゅつ)。

蜀中の戸籍簿によって魏呉(ぎご)両国の戸数と比較してみると、蜀は魏の3分の1、呉の2分の1しかないのである。

さらに人口密度から見れば、魏の5分の1強、呉の3分の1ぐらいの人間しか住んでいない。もって蜀の開発と地勢とが、いかに守るにはよいが、文化には遅れがちであるかわかる。

しかも常備の帯甲将士の数に至っては、魏や呉など中原(ちゅうげん。黄河〈こうが〉流域)を擁する両国とは比ぶべくもない貧弱さ。

加うるに劉禅は登位以来すでに4年。21歳にもなっているが、必ずしも名君とは言われないものがあった。父の劉備のような大才はなかったし、何より艱難(かんなん)を知らずに育てられてきている。

人々はみな諸葛亮に服してはいたが、その真意をなお深く知りたいと思うのだった。

(06)成都 丞相府

一夜親しく訪ね、蜀臣全体の不安を代表するかのようにそれとなく諫めに来た太史(たいし)の譙周(しょうしゅう)に対し、諸葛亮の諭言は懇切を極めた。

井波版『三国志演義』(第91回)では、譙周は劉禅の御前において、諸葛亮の出征を諫めたことになっている。

「今です。今をおいて魏を討つときはないのです。もともと魏は天富の地に恵まれ、肥沃(ひよく)にして人馬強く、曹操(そうそう)以来ここに三代、ようやく大国家の態を整えてきました。これを早く討たなければ、とうてい彼を覆すことは不可能であるばかりでなく、わが蜀は自滅するほかありません」

このようにまず天の時を説き、自国の備えを語る。

「なるほど、わが蜀はまだ弱小です。天下13州のうち、完全に蜀の領有している地は益州(えきしゅう)1州しかないのですから、面積の上では魏や呉とは比較にならない。したがって兵員も不足。軍需や資材も彼の比でないことは是非もない。けれど、乞う安んぜよ。多少の成算はある」

諸葛亮は簿を取り寄せ、これまで誰にも打ち明けなかった秘密の予備軍があることを初めて明らかにした。

それは荊州(けいしゅう)以来、禄を送り領外の随所に養っておいた浪人部隊と、南方そのほかの異境から集め、趙雲(ちょううん)や馬忠(ばちゅう)などにここ1年調練させていた外人部隊。

それらの兵員を五部に編制し、連弩隊(れんどたい)・爆雷隊・飛槍隊(ひそうたい)・天馬隊・土木隊などの機動作戦に充てしむべく、十分に訓練を施してある。ゆえに、これは敵側にとって予想外なものとなり、作戦を狂わせるに至るだろうと説明した。

また財力については、その間の苦心をしみじみと述懐。

「北伐の大望は決して今日の思いつきではなく、不肖が先帝(劉備)のご遺託を受けたときからの計画である。私は、その根本の力は何より農にあるとなし、『大司農(だいしのう)』や『督農(とくのう)』の官制を置き、農産振興に尽くしてきた結果、連年の軍役にもかかわらず、まだ蜀中の農には十分な余力がある」

「かつ田賦や戸税のほかに、数年前から塩と鉄とを国営にした。わが蜀の天産の塩と鉄とは、実に天恵の物と言ってよい。こうした国家経済の安定により、蜀は中原に進む日の資源を得ている」

こういう苦心や用意とつぶさな説明を聞いては、諫めに来た譙周もふた言なく帰るほかない。そのため蜀の朝廷の不安も反対も声なきに至ったのみか、かえって楽観に傾きすぎる空気さえ漂ってきた。

(07)成都

三軍の整備は成る。この間、蜀宮の内部にこそ多少複雑な経過はあったが、国外に対してはほとんど何の情報も漏れなかったほど、それは密かに迅速に行われた。(蜀の建興5〈227〉年の)春3月の丙寅(ひのえとら)の日、いよいよ発向と令せられた。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「(蜀の)建興5(227)年3月に『丙寅の日』はない。4月1日が『丙寅』にあたる」という。

諸葛亮は朝に上り、劉禅に別れを告げる。だが、彼のただひとつの心配は自身の向かう征途にはなく、後に残す劉禅の補佐と内治だけであった。

そのためここ旬日の間に大英断をもって人事の異動を行う。郭攸之(かくゆうし)・董允(とういん)・費禕(ひい)の三重臣を「侍中(じちゅう)」とし、彼らに宮中のすべての治を付与した。

また、御林軍(ぎょりんぐん。近衛軍)の司には向寵(しょうちょう)を「近衛大将(このえたいしょう)」とし、留守の守りをくれぐれも託す。

井波版『三国志演義』(第91回)では、蔣琬(しょうえん)を「参軍(さんぐん)」に任じたともある。

さらに、自分に代わるべき丞相府の仕事は一切を張裔(ちょうえい)に行わしめ、彼を「長史(ちょうし)」に任じた。

杜瓊(とけい)を「諫議大夫(かんぎたいふ)」に、杜微(とび)と楊洪(ようこう)を「尚書(しょうしょ)」に、孟光(もうこう)と来敏(らいびん)を「祭酒(さいしゅ)」に、尹黙(いんもく)と李譔(りせん)を「博士(はくし)」に、譙周を「太史」にそれぞれ起用。

井波版『三国志演義』(第91回)では、「尹黙と李譔を『博士』に…」に続き、「郤正(げきせい)と費詩(ひし)を『秘書(ひしょ)』に」というくだりが挟まれていた。なお吉川版『三国志』では「郤正」を使っていない。「費詩」のほうは先の第204話(03)で既出。

そのほか彼の眼鏡で用いるに足り、頼むに足るほどな者は文武両面の機構に配置し、留守の万全は十分に期してある。

いま諸葛亮が劉禅の周囲の者を見回したのは、その静かな眸(ひとみ)をもって、補佐の人々へ「くれぐれも頼みまいらすぞ」と心から言い、別辞に代えたものだった。

そしていよいよ成都を発つ日となると、劉禅は宮門を出て街門の外まで見送る。

(08)蜀の北伐軍の編制

春風は三軍の旗を吹く。丞相府の前に勢ぞろいして、鉄甲燦々(さんさん)と流れゆく兵馬の編制を見ると次のような順列だった。

前督部(ぜんとくぶ)・鎮北将軍(ちんぼくしょうぐん)・領丞相司馬(りょうじょうしょうしば)の魏延(ぎえん)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「前督部」に「鎮北将軍・領丞相司馬・涼州刺史(りょうしゅうのしし)・都亭侯(とていこう)の魏延」とある。

前軍都督(ぜんぐんととく)・領扶風太守(りょうふふうたいしゅ)の張翼(ちょうよく)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「前軍都督」に「領扶風太守の張翼」とある。

牙門将(がもんしょう)・裨将軍(ひしょうぐん)の王平(おうへい)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「牙門将」に「裨将軍の王平」とある。

後軍領兵使(こうぐんりょうへいし)の呂義(りょぎ)。

井波版『三国志演義』(第91回)では、「後軍領兵使」に「安漢将軍(あんかんしょうぐん)・領建寧太守(りょうけんねいたいしゅ)の李恢(りかい)」とあり、「その(李恢の)副将に『定遠将軍(ていえんしょうぐん)・領漢中太守(りょうかんちゅうたいしゅ)の呂義』」ともあった。

兼管運糧(けんかんうんりょう)・左軍領兵使(さぐんりょうへいし)の馬岱(ばたい)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「兼管運糧・左軍領兵使」に「平北将軍(へいほくしょうぐん)・陳倉侯(ちんそうこう)の馬岱」とある。

副将(ふくしょう)・飛衛将軍(ひえいしょうぐん)の廖化(りょうか)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「その(馬岱の)副将に『飛衛将軍の廖化』」とある。

右軍領兵使(ゆうぐんりょうへいし)・奮威将軍(ふんいしょうぐん)の馬忠。

井波版『三国志演義』(第91回)では「右軍領兵使」に「奮威将軍・博陽亭侯(はくようていこう)の馬忠」とある。

撫戎将軍(ぶじゅうしょうぐん)・関内侯(かんだいこう)の張嶷(ちょうぎ)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「撫戎将軍」に「関内侯の張嶷」とある。

行中軍師(こうちゅうぐんし)・車騎大将軍(しゃきだいしょうぐん)の劉琰(りゅうえん)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「行中軍師」に「車騎大将軍・都郷侯(ときょうこう)の劉琰」とある。

中監軍(ちゅうかんぐん)・揚武将軍(ようぶしょうぐん)のトウ芝(とうし。登+阝)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「中監軍」に「揚武将軍のトウ芝」とある。

中参軍(ちゅうさんぐん)・安遠将軍(あんえんしょうぐん)の馬謖。

井波版『三国志演義』(第91回)では「中参軍」に「安遠将軍の馬謖」とある。

前将軍(ぜんしょうぐん)・都亭侯の袁綝(えんりん)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「前将軍」に「都亭侯の袁綝」とある。

左将軍(さしょうぐん)・高陽侯(こうようこう)の呉懿(ごい)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「左将軍」に「高陽侯の呉懿」とある。なお「呉懿」については先の第196話(05)を参照。

右将軍(ゆうしょうぐん)・玄都侯(げんとこう)の高翔(こうしょう)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「右将軍」に「玄都侯の高翔」とある。

後将軍(こうしょうぐん)・安楽侯(あんらくこう)の呉班(ごはん)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「後将軍」に「安楽侯の呉班」とある。

領長史(りょうちょうし)・綏軍将軍(すいぐんしょうぐん)の楊儀(ようぎ)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「領長史」に「綏軍将軍の楊儀」とある。

前将軍・征南将軍(せいなんしょうぐん)の劉巴(りゅうは)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「前将軍」に「征南将軍の劉巴」とある。

前護軍(ぜんごぐん)・偏将軍(へんしょうぐん)の許允(きょいん)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「前護軍」に「偏将軍・漢城亭侯(かんじょうていこう)の許允」とある。

左護軍(さごぐん)・篤信中郎将(とくしんちゅうろうしょう)の丁咸(ていかん)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「左護軍」に「篤信中郎将の丁咸」とある。

右護軍(ゆうごぐん)・偏将軍の劉敏(りゅうびん)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「右護軍」に「偏将軍の劉敏」とある。

後護軍(こうごぐん)・典軍中郎将(てんぐんちゅうろうしょう)の官雝(かんよう)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「後護軍」に「典軍中郎将の官雝」とある。

また、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・李厳伝〈りげんでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)には「(官雝でなく)上官雝(じょうかんよう)」とある。

行参軍(こうさんぐん)・昭武中郎将(しょうぶちゅうろうしょう)の胡済(こさい)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「行参軍」に「昭武中郎将の胡済」とある。

行参軍・諫議将軍(かんぎしょうぐん)の閻晏(えんあん)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「行参軍」に「諫議将軍の閻晏」とある。なお閻晏に続き、同じく「行参軍」として「偏将軍の爨習(さんしゅう)」の名が見えるが、吉川版『三国志』では「爨習」を使っていない。

行参軍・裨将軍の杜義(とぎ)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「行参軍」に「裨将軍の杜義」とある。

武略中郎将(ぶりゃくちゅうろうしょう)の杜祺(とき)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「行参軍」に「武略中郎将の杜祺」とある。

綏戎都尉(すいじゅうとい)の盛勃(せいぼつ)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「行参軍」に「綏戎都尉の盛勃」とある。

従事(じゅうじ)・武略中郎将(ぶりゃくちゅうろうしょう)の樊岐(はんき)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「従事」に「武略中郎将の樊岐」とある。

典軍書記(てんぐんしょき)の樊建(はんけん)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「典軍書記」に「樊建」とある。

丞相令史(じょうしょうれいし)の董厥(とうけつ)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「丞相令史」に「董厥」とある。

帳前左護衛使(ちょうぜんさごえいし)・龍驤将軍(りゅうじょうしょうぐん)の関興(かんこう)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「帳前左護衛使」に「龍驤将軍の関興」とある。

右護衛使(ゆうごえいし)・虎翼将軍(こよくしょうぐん)の張苞(ちょうほう)。

井波版『三国志演義』(第91回)では「右護衛使」に「虎翼将軍の張苞」とある。

ここまで書かれていた通りに官爵を拾ってみたが、よくわからないものも多かった。井波版『三国志演義』(第91回)の記述に比べると、吉川版『三国志』の記述はわかりにくいと思う。

「前将軍・征南将軍の劉巴」などはその一例で、これでは「前将軍」と「征南将軍」を兼ねているように見え違和感がある。ほかにも「前将軍」として袁綝と劉巴がカブるなど、吉川版『三国志』と『演義』ともこのあたりはテキトーに書かれた印象を受けた。

この中にひとり、なくてはならない大将が漏れていた。それは劉備以来の功臣の趙雲である。この日、趙雲の英姿が出征軍の中に見えなかったのは、こういう理由に基づく。長坂橋(ちょうはんきょう)以来の英傑もようやく今は老い、鬢髪(びんぱつ)も白くなっていた。

趙雲の長坂での活躍については、先の第142話第143話第144話を参照。

諸葛亮は、南征の際にも趙雲がその老骨を引っ提げ、終始よく戦ってきたことなども思い合わせ、わざと今度は編制から除き、留守に残そうとしたのだった。

ところが彼は、その情けをかえって喜ばないのみか、編制の発表を見るや否や丞相府へやってきて、諸葛亮に膝(ひざ)詰めで談じつけたのである。

「どうしてそれがしの名がないのか。怪しからん!」

これには諸葛亮も辟易(へきえき)した。強いて止めるなら、ただいまこの場において自ら首を刎(は)ね滅ぶべし、とも言うのである。

そこで、副将に中監軍のトウ芝を伴うことを条件として従軍を許す。趙雲とトウ芝に精兵5千を授け、別に戦将10人を付与して「前部大先鋒軍」となし、大軍の発つ1日先に成都を出発させていたものだった。

上のような事情だったのなら、「丞相府の前に勢ぞろい」した中にトウ芝の名もあるのはおかしいと思うが……。

(09)成都

何にしても、このような大規模な軍隊が国外へ発つのは成都初めてのこと。この日、市民は業を休んで歓送する。街門までの予定で見送りに出た劉禅も名残を惜しみ、百官とともに北門の外10里まで見送った。

(10)洛陽

魏は不意に大きな衝撃を受けた。蜀の出師(出兵)は国を傾けてくるの概ありと知ったからである。

曹叡は迎撃に立つ将を募るが、満堂の魏臣はしばし声もない。この時ひとり、願わくは臣これに当たらん、と進んで立った者があった。

安西鎮東将軍(あんぜいちんとうしょうぐん)兼尚書(けんしょうしょ)・駙馬都尉(ふばとい)の夏侯楙(かこうも)、あざなは「子休(しきゅう)」。夏侯淵(かこうえん)の息子である。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると「(『駙馬都尉』の)俸禄は比二千石(せき)。三国時代は皇女の夫のほか、外戚や宗室も就任した」という。

なお、史実の夏侯楙は夏侯淵の息子ではなく夏侯惇(かこうとん。吉川版では『かこうじゅん』と読む)の次男である。

「安西鎮東将軍」というのも微妙だ……。「前後将軍」みたいでおかしな官職。

彼の父の夏侯淵は曹操の功臣で、漢中の戦(いくさ)に亡くなった。いま蜀軍の指してくる所も漢中である。

夏侯淵の戦死については先の第221話(10)を参照。

恨みあるその戦場において、父の魂魄(こんぱく)を慰め国に報ずるは子の務めなり、と言うのだった。

父亡き後の幼少のころ、夏侯楙は叔父の夏侯惇に育てられた。後に曹操がそれを哀れみ、自分の娘を娶(めあわ)せたので諸人の尊重を受けてきた。

ここは「叔父」ではなく「伯父」とすべきだと思う。ただ上で述べたように、そもそも夏侯楙は夏侯惇の甥ではなく息子なのだが……。

井波版『三国志演義』(第91回)では、(ここでいう曹操の)娘というのが「清河公主(せいかこうしゅ)」であることが書かれていた。なお、清河公主が夏侯楙に嫁いだことは史実にも見えている。彼女は曹操と劉夫人との間に生まれた娘で、曹昂(そうこう)の同母姉妹にあたる。

だが、ようやく人となりが現れてくるにつれ天性やや軽躁(けいそう)。加えて慳吝(けち)な質も見えてきたので、魏軍のうちでもあまり声望はなかった。

しかしその位置、その重職に不足ない大将軍たる資格はあるので衆議異論なく、曹叡も志を壮なりとし、関西(かんぜい。函谷関〈かんこくかん〉以西の地域)の軍馬20万を授け、もって諸葛亮を粉砕すべしと印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)を許した。

管理人「かぶらがわ」より

本当に諸葛亮の策によっては、蜀が旧都の洛陽へ帰るなどということが可能だったのでしょうか? それでも劉備から受け継いだ流れとしては、蜀が地方政権のままでいることは決して許されない。そもそも劉備が無茶ぶりをしたのですよね……。

ただ、とにかく劉備が諸葛亮を迎えていなければ、蜀に国を建てることはできなかったでしょう。諸葛亮が忠義の人だった、という見方にも異議なしです。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】