吉川版『三国志』の考察 第223話 「次男曹彰(じなんそうしょう)」

漢水(かんすい)で黄忠(こうちゅう)と趙雲(ちょううん)に敗れた曹操(そうそう)は、北山(ほくざん)に続き米倉山(べいそうざん)も失い南鄭(なんてい)の辺りまで引く。

さらに曹操は陽平関(ようへいかん)も捨てて斜谷(やこく)へと後退したが、ここで思わぬ援軍が現れる。代州(だいしゅう)の反乱を治めに遣わしたはずの曹彰だった。

第223話の展開とポイント

(01)漢水(かんすい)

横道から米倉山(べいそうざん)の一端へ出て、魏(ぎ)の損害をさらに大にしたものは、蜀(しょく)の劉封(りゅうほう)と孟達(もうたつ)だった。

これらの別動隊は、もちろん諸葛亮(しょかつりょう)の指図により遠く迂回(うかい)し、敵も味方も不測な地点から黄忠(こうちゅう)や趙雲(ちょううん)らを扶(たす)けたものである。

それにしてもふたり(黄忠と趙雲)の功は大きい。わけて趙雲の今度の働きには、平常よく彼を知る劉備(りゅうび)も「満身これ胆の人か」と、いまさらのように嘆称した。

その後の敵情を探るに、さしもの曹操(そうそう)も予想外の損害にすぐ立ち直ることもできず、遠く南鄭(なんてい)の辺りまで退陣し、ひたすら軍の増強を急ぎつつあるという。

(02)漢水 徐晃(じょこう)の本営

ここに巴西(はせい)宕渠(とうきょ)の人で「王平(おうへい)」、あざなを「子均(しきん)」という者がある。この辺の地理に詳しいことから曹操に挙げられ、「牙門将軍(がもんしょうぐん)」として用いられていた。

王平は徐晃の副将となり、ともに漢水の岸に立ち次の決戦を計っていたが、徐晃が「河を渡って陣を取らん」と言うのに反対し、「水を背にするは不利だ」と主張していた。

けれど徐晃はこう言い、浮き橋を渡し漢水を越えてしまう。

「韓信(かんしん)にも『背水の陣』があったことを知らぬのか。孫子(そんし)も言っている。『死地ニ生アリ』と。ご辺(お前)は歩兵をひきいて岸に防げ。おれは馬武者をひきいて敵を蹴(け)破るから」

(03)漢水 劉備の本営

徐晃は一歩対岸を踏んだらば、必ず蜀の勢が鼓を鳴らし向かってくるだろうと予測していたが一本の矢すら飛んでこない。

拍子抜けしながらも、敵の柵(さく)を破壊し堀を埋め、日没に近づくと蜀の陣地に対してある限りの矢を射た。

劉備のそばにいてこの日、敵のなすままにさせていた黄忠や趙雲は、夜になる前に退く気だとつぶやき、その退路を脅(おびや)かすのは今だがと、身をむずむずさせていた。

劉備もその機微を察したか、急に命令を下しふたりを急き立てる。勇躍した黄忠と趙雲は薄暮の野に兵を動かし始めた。徐晃は蜀兵を見ると、終日の血の飢えを一気に満たさんとする餓虎(がこ)のようにおめき出る。

黄忠の部下は、一時は鼓を鳴らして喚声を上げ、甚だ盛んに見えたが、脆(もろ)くも潰(つい)え蜘蛛(クモ)の子のように夕闇へ逃げなだれた。

徐晃はわざと敵を辱めながら、どうかして黄忠を捕捉(ほそく)しようと試みたが、そのうち後ろのほうで敵のどよめく気配がする。ハッと驚いて振り向くと、漢水の浮き橋が炎々と燃えているのだった。

徐晃は急に引き返し、全軍に向かい「渡渉退却!」とわめいたが、河原の草木はことごとく蜀兵と化し、趙雲と黄忠が包囲してくる。

(04)漢水 徐晃の本営

ようやく徐晃は危地を切り抜け、ほとんど身ひとつで漢水の向こうまで逃げてきた。この敗戦の罪があたかも副将の罪でもあるかのごとく当たり散らし、味方の王平を罵った。

「何だって足下(きみ)はおれの後詰めもせず、浮き橋を焼かれるのを黙って見ていたのだ。この報告はつぶさに魏王(ぎおう。曹操)へ申し上げるぞ!」

王平は黙然と罵言に耐えていた。

けれど、その意見を異にしたときからすでに徐晃の無能を蔑(さげす)み、魏軍に見切りをつけていたものとみえる。その夜の深更(しんこう。深夜)、王平は自分の陣地に火を放つや、密かに脱して漢水を越え、部下とともに蜀へ投降してしまった。

「招かずして王平が降ってきたのは、われ漢水を取る前表である」

劉備は彼を容れ「偏将軍(へんしょうぐん)」に任じたうえ、もっぱら軍路の案内者として重用した。

(05)漢水 曹操の本営

徐晃のしたまずい戦(いくさ)はすべて王平の罪に嫁された。曹操は憤懣(ふんまん)に憤懣を重ね、再び漢水を前面にして重厚な陣を敷く。

(06)漢水 劉備の本営

一水を隔て、劉備は諸葛亮とともに冷静にその動きを眺めていた。

諸葛亮が言う。

「この上流に七丘を巡らせ一山をなしている山地があります。蓮華(レンゲ)のごとく七丘の内は盆地で、よく多数の兵を隠すことができる。銅鑼(どら)や鼓を持たせ、あれへ兵6、700を埋伏させておけば、必ず後に奇功を奏しましょう」

劉備が適任者を問うと、諸葛亮は、万一敵に見つかると一兵残らずせん滅の憂き目に遭う恐れもあるので、やはり趙雲を遣るしかないと答えた。

翌日、諸葛亮はまた別の一峰に登り、魏の陣勢を眺めていた。この日、魏の一部隊は渡渉してしきりに矢を放ち、鉦(かね)を叩(たた)き罵詈(ばり)を浴びせたが、蜀は一兵も出さなかった。

(07)漢水 曹操の本営

魏兵もより以上、軽々しく進出はしなかった。夜に入るとことごとく陣に収まり、篝火(かがりび)もかすかに自重していた。

すると突然、真夜中の静寂を破り一発の石砲が轟(とどろ)く。銅鑼・鼓・喚呼などをひとつにして、ワアッという声が一瞬天地を翔(か)け去った。上を下への騒動である。

曹操は、安からぬ思いを抱き四方の闇を見回していたが、何の発見もなかった。

「いたずらに騒ぐをやめよ。立ち騒ぐ兵どもを眠らせろ」

曹操も枕に就いたが、また爆音や鬨(とき)の声がする。それがいったいどこでするものか、見当がつかない。

3日の間、毎晩である。曹操は士卒が寝不足になった様子を見て、急に30里(り)ほど退き、広野のただ中に陣を営み直した。

(08)漢水 劉備の本営

諸葛亮は笑って、「曹操も怪(け)に取り憑(つ)かれた」と言った。もちろん夜ごとの砲声や銅鑼は、上流の盆地に潜んだ趙雲軍の仕業(しわざ)であったこと言うまでもない。

4日目の夜が明けてみると、蜀軍は先鋒から中軍もみな河を渡り、漢水を後ろに取り陣容を展開していた。

(09)漢水の近く 曹操の本営

曹操は、敵が「背水の陣」を取ったことを疑いもし、かつその決意のただならぬものを悟り、「明日、五界山(ごかいざん)の前にて会わん」と戦書を送った。戦書、すなわち決戦状である。劉備も快く承知した。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「『五界山』は山の名。益州(えきしゅう)漢中郡(かんちゅうぐん)の漢水北岸にあるとされる。後漢(ごかん)・三国時代にはこの地名はなかった」という。

(10)五界山のふもと

曹操と劉備は陣頭で言葉を交わした後、戦線数里にわたる大野戦を展開。午(うま)の刻(正午ごろ)を過ぎるまで、魏の大勝をもって終始した。

蜀兵は馬や物の具を捨て、われがちに壊走しだす。しかし、曹操は退鉦(ひきがね)を打たせる。魏の諸将は疑ったが、蜀兵の壊走が本当でないと見たので大事を取ったものだった。

ところが魏軍が退くと、果然として蜀軍は攻勢に転ずる。どうも曹操は事ごとに自分の知恵と戦い、その知に敗れている形だった。かくて曹操が自負していた知謀も、かえって彼の黒星を増すばかりとなる。

甚だしく精彩を欠いた魏軍は、南鄭から褒州(ほうしゅう)の地も連続的に敵の手に任せ、一挙に陽平関(ようへいかん)まで追われてしまった。

蜀の大軍は、すでに南鄭・閬中(ろうちゅう)・褒州の地方にまで浸透してきて宣撫や治安に取りかかり、遺漏のない完勝ぶりを示していた。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典』によると、「『褒州』は正しくは『褒中県(ほうちゅうけん)』。後漢では益州漢中郡に属す」という。

(11)陽平関

ここへまたも、味方の兵糧貯蔵地の危急が聞こえてくる。曹操は許褚(きょちょ)を呼び、兵糧奉行(ひょうろうぶぎょう)の手勢と協力し、危地にあるすべての兵糧を後方の安全な場所へ移すよう言いつける。

(12)魏軍の兵糧貯蔵地(場所は不詳)

許褚が1千余騎をひきいて着くと、兵糧奉行は歓喜して迎える。うれしさのあまりか、兵糧奉行は歓迎しすぎた。許褚は宴に臨み大酔してしまったのである。

(13)褒州

宵には出発し夜半ごろ、延々たる輜重(しちょう)の行軍は褒州の難所へかかった。すると谷間から一軍の蜀兵が突貫してきた。

許褚が、下の谷にいる敵に岩石を落とせと言うと、今度は自分たちの頭上から岩や石ころが落ちてくる。伏兵は山の上下にいた。

輜重車はなだれ下って谷間の懐へ出る。だが、ここに張飛(ちょうひ)の部隊が待っており、張飛は大矛を差し伸べ許褚の肩先を突く。不覚にも許褚は戦わないうちから痛手を受けたのみか、どうと馬から転げ落ちた。

張飛の二の矛がとどめを刺そうとしたとき、彼の鞍(くら)の腰へも大きな石が当たる。張飛の馬が跳ねたとたん、許褚の部下が切っ先をそろえて立ちふさがった。

許褚は部下に助けられ、辛くも一命は拾い得たが、輜重の大部分は張飛の手勢に奪われ、ほうほうの態で陽平関へ逃げ戻る。

(14)陽平関

すでに陽平関は炎に包まれていた。敗れては退き、敗れては退き、前線からなだれくる味方は関の内外に充満し、曹操の所在もわからない。

「北門を出て、斜谷(やこく)を指し退却しておられる」

味方の一将からこう聞くと、許褚は事態の急に驚きながら、ひたすら主君を追い慕った。

(15)斜谷

曹操は、扈従(こじゅう)や旗本に守られ陽平関を捨ててきたが、斜谷に近づくと、彼方の険は天を覆うばかりな馬煙を上げている。

諸葛亮の伏兵かと色を失うも、これは次男の曹彰(そうしょう)が、5万の味方をひきい駆けつけてきたものだった。

曹彰は父とは別に、代州(だいしゅう)烏丸(うがん)の夷(えびす)の反乱を治めに行っていた。しかし漢水方面の大戦の不利を聞き、あえて父の命も待たず、夜を日に継いで加勢に向かったのだった。

よほどうれしかったとみえ、曹操は馬上から手を差し伸べてわが子の手を握り、しばらく離さなかった。

「代州」については先の第15話(02)を参照。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『烏丸』は)幽州(ゆうしゅう)北部に居住する騎馬民族。かつて曹操に平定された。第5巻『遼西・遼東(りょうせい・りょうとう)』参照」という。

管理人「かぶらがわ」より

兵糧の貯蔵地を次々に失い、ついに漢中から斜谷へ退く曹操。ここで曹彰が到着しましたが、漢中攻防戦の救援としてはちょっと遅かったかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】