吉川版『三国志』の考察 第239話 「国葬(こくそう)」

【この記事をシェアする】

洛陽(らくよう)にいた曹操(そうそう)のもとに、孫権(そんけん)から関羽(かんう)の首が届けられる。

曹操は司馬懿(しばい)の進言により孫権の意図を悟るが、その受け取りを拒むことなく、王侯の礼をもって関羽の国葬を盛大に執り行う。

第239話の展開とポイント

(01)荊州(けいしゅう。江陵〈こうりょう〉?)

孫権(そんけん)は呂蒙(りょもう)の死に万斛(ばんこく)の涙を注ぐ。爵を贈り棺槨(かんかく。柩〈ひつぎ〉。「棺」は死体をじかに入れる箱。「槨」は棺を入れる外側の箱)を備え、その大葬を手厚く執り行った後、建業(けんぎょう)から呂覇(りょは。呂霸)を呼ぶよう言った。

呂覇は呂蒙の子である。やがて張昭(ちょうしょう)に連れられ荊州へ来た。孫権は可憐(かれん)な遺子を眺め、「父の職をそのまま継ぐがよい」と慰めた。

ここでの書き方だと、呂覇は父の大葬にかかわっていないことになると思う。彼の生年はわからないが、そういう解釈でいいのだろうか?

その折に張昭は、死せりといえど関羽(かんう)の処置が重要だと言う。関羽の死はもともと曹操(そうそう)の指図であり、曹操の所業(しわざ)であると、この禍いの鍵(かぎ)を魏(ぎ)へ転嫁してしまうに限ると。

孫権はこの言を珍重し、すぐに使者を選び、関羽の首を持たせて魏へ遣わした。

(02)洛陽(らくよう)

このとき曹操は、すでに凱旋して洛陽にあった。呉(ご)の使者が関羽の首を献じてきたと聞くと、群臣とともに引見する。

だが、この席で司馬懿(しばい)が怒鳴った。

「大王大王。ご喜悦のあまり、呉が送ってきた大きな禍いまでを、ともに受け取ってはなりませんぞ!」

曹操がなぜかと尋ねると、司馬懿は憚(はばか)りなく断言した。

「これは呉が禍いを転じ、蜀(しょく)の恨みを魏へ向けさせんとする恐ろしい謀計です。関羽の首をもって魏蜀の相克を作り、二国戦い疲れるのを待つ奸知(かんち)たることに間違いありません」

曹操はおぞけを震い、司馬懿の言は真に呉の意中を看破したものだとうなずく。関羽の首をそのまま返そうかとまで評議したが、ここでも司馬懿の意見が採られた。

「いや、それでは大王のご襟度が小さくなります。ひとまず納めて何気なく使者をお帰しになったうえで、また別にお考えを施せばよろしいでしょう」

やがて呉の使者が引き揚げると、曹操は喪を発し、100日間、洛陽の音楽を停止させた。

そして、沈香(ジンコウ)の木をもって関羽の骸(むくろ)を刻ませ、首とともに洛陽南門外の一丘に葬らせる。葬祭は王侯の礼をもって執行され、葬儀委員長には司馬懿があたった。

なお、この盛大な国葬の式場には特に魏王(ぎおう)曹操から奏請した勅使が立ち、地下の関羽へ「『荊王(けいおう)』の位を贈りたまう」と贈位の沙汰まであった。呉は禍いを魏へ移し、魏は禍いを転じて蜀へ恩を売った。

ここで出てきた「荊王」はよくわからなかった。もし「荊州王」というような意味合いであるなら、たとえ追贈だとしてもおかしな話。当時は皇子でさえ、せいぜい「郡王(ぐんおう)」までなのに……。

(03)成都(せいと)

ここで時は少しさかのぼるが……。成都にある劉備(りゅうび)は、これ以前に劉瑁(りゅうぼう)の未亡人で「呉氏(ごし)」という同宗の寡婦(やもめ)を後宮に入れ、新たに「王妃(おうひ)」とした。

ここで名のみ登場している「劉瑁」は劉璋(りゅうしょう)の兄。また、「呉氏」は呉懿(ごい。呉壱〈ごいつ〉)の妹。「呉懿」については先の第196話(05)を参照。呉氏のことを「同宗(の寡婦)」としていたのは気になったが、劉瑁の妻だったという関係からきた表現だろう。

なお井波版『三国志演義』(第77回)では、「以前、呉氏は劉瑁と婚約していたが、劉瑁が早死にしたため…」とあり、いくらかニュアンスが異なっている。

呉氏は貞賢で顔色も優れていた。劉備が荊州にいたころ、孫権の妹を娶(めと)ったこともある。だが、この呉妹と別れ去ってからは久しく寂寞(せきばく)な家庭に置かれていた。

劉備が孫権の妹を娶ったことについては、先の第173話(05)を参照。

また、劉備が孫権の妹と別れたことについては、先の第192話(05)を参照。

その劉備も若い王妃の呉氏との間にふたりの男子を儲けた。兄は「劉永(りゅうえい)」、あざなを「公寿(こうじゅ)」。弟は「劉理(りゅうり)」、あざなを「奉孝(ほうこう)」という。

このころ荊州方面から蜀へ来た者の話が、おもしろおかしく伝わる。

「呉の孫権が関羽を抱き込もうとして、彼の娘を嫡子に迎えようと使者を遣ったところ、関羽は『虎(トラ)の子を犬の児(こ)の嫁にはやれん』と断ったそうですよ」

このことについては先の第225話(04)を参照。

このうわさが諸葛亮(しょかつりょう)の耳に入ったのは、だいぶ後だった。

荊州に変が起こると直覚した諸葛亮が、「誰か代わりを遣って関羽と交代させないと、荊州は危うくなりましょう」と劉備に注意したころには、すでに荊州から戦況をもたらす早馬が、日夜蜀へ入ってきていた。

けれどみな勝ち戦の報ばかりだったので、むしろ劉備も喜んでいた。

やがて(建安〈けんあん〉24〈219〉年の)秋10月の一夜、劉備は机に寄りウトウトと居眠っているところを、王妃の呉氏に呼び起こされる。そこで、今ふと見た夢に慄然(りつぜん)と辺りを見回した。

吉川版『三国志』の設定としては矛盾がないが、井波版『三国志演義』(第77回)では関羽が処刑されたのは「建安24(219)年の冬12月」となっていた。このあたりのことについては、前の第238話(01)を参照。

管理人「かぶらがわ」より

どうも「荊王」が気になります。官職の追贈ならともかく、王位が追贈されたというなら、関羽の息子の関興(かんこう)などが継いで当然ではないかと……。

ですが、そういったことには一切触れられていません。これでは『演義』の安っぽい持ち上げに見えても仕方がなく、納得できない設定でした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】