吉川版『三国志』の考察 第206話 「冬葉啾々(とうようしゅうしゅう)」

先に「魏公(ぎこう)」に封ぜられていた曹操(そうそう)だったが、彼の追従者たちからは「魏王」に爵位を進めるべきだという声が上がる。

このことはすぐに実現を見なかったものの、いよいよ不安を募らせた献帝(けんてい)は、皇后(こうごう)の父である伏完(ふくかん)のもとへ密書を届けさせた。しかし、こうした動きをいち早くつかんだ曹操は……。

第206話の展開とポイント

(01)許都(きょと)

魏(ぎ)の大軍が呉(ご)へ押し寄せてくるとの飛報はうわさだけにとどまった。噓(うそ)でもなかったが早耳の誤報だったのである。

この(建安〈けんあん〉19〈214〉年の)冬を期して曹操(そうそう)が宿望の呉国討伐を果たそうとしたのは事実で、すでに南下の大部隊を編制し、各部の諸大将も内々には決定していた。

ところが、ここで参軍(さんぐん)の傅幹(ふかん)から長文の上書がある。「今はその時ではないこと」「漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)、蜀(しょく)の劉備(りゅうび)などの動向の重大性」「呉の新城秣陵(まつりょう)の堅固と長江戦(ちょうこうせん)の至難」「魏の内政拡充と臨戦態勢の整備」といった事柄を挙げての諫言だった。

「呉の新城秣陵の堅固」というのはいくらか引っかかる。これは建業(けんぎょう)に築かれた「石頭城(せきとうじょう)」を指しているのだろうか? 「石頭城」については先の第193話(01)を参照。

曹操も出動を思い直し、なおしばらくは内政文治にもっぱら意を注ぐことにする。新たに文部の制を設け、諸所に学校を建てて教学振興を図った。こうして彼が少し善政を敷くと、すぐにそれを誇大に称え、お太鼓を叩(たた)く連中もできてくる。

侍郎(じろう)の王粲(おうさん)・和洽(かこう)・杜襲(としゅう)などという軽薄輩で、「曹丞相(そうじょうしょう。曹操)は、もう『魏王(ぎおう)』の位に即かれるべきだ。魏王になられたところで何の不思議もない」と運動し始めた。

井波版『三国志演義』(第66回)では、王粲・杜襲・和洽に加えて「衛凱(えいかい。正しくは『衛覬〈えいき〉』)」の名も見え、みな「侍中(じちゅう)」ということになっている。吉川版『三国志』では「衛凱(衛覬)」を使っていない。

うわさを聞いた荀攸(じゅんゆう)は、お太鼓連をたしなめて言った。

「先に『九錫(きゅうしゃく)』の栄を受け『魏公(ぎこう)』の金璽(きんじ)を持たれたのは、いわゆる人臣の位を極めたというもの」

曹操が「魏公」に封ぜられ「九錫」を受けたことについては、先の第193話(02)を参照。また、ここでいう「金璽」は「金製の印」のことだと思うが、天子(てんし)ではない魏公の印を「璽」と表現していいのかよくわからなかった。

「そのうえなお『魏王』の位に進まれたら、俗に言う天井を突き、人心の反映は決してよい結果をもたらさないでしょう。あなた方にしても、それでは『贔屓(ひいき)の引き倒し』ということになろう」

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「『王』は漢代(かんだい)における最上の爵位。高祖(こうそ)劉邦(りゅうほう)により劉氏一族のみに限ると定められていた」という。

これが人づてに曹操の耳に入る。もちろんその間に、為にする者の肚(はら)も入っていたから曹操は非常な不快を感じた。

「荀攸もまた荀イク(じゅんいく)に倣おうとするのか。馬鹿な奴だ」

荀イクの最期については先の第193話(02)を参照。

大変に立腹してそう罵ったと聞こえたから、それをまた人づてに耳にした荀攸はいたく気に病む。そして門を閉じ自ら謹慎したまま、その冬に病死してしまう。

「58歳で世を去ったか。彼も功臣のひとりだったが……」

死んでみると、曹操は痛惜に堪えないようにつぶやき、盛んな葬祭を執り行った。

(02)許都 内裏

こうして魏王に即く問題はしばらく沙汰やみになっていたが、このことは宮廷の諫議郎(かんぎろう)の趙儼(ちょうげん)から献帝(けんてい)の耳にも入っていた。

参考文献に挙げた『三國志人物事典(さんごくしじんぶつじてん)(中)』によると、「(『演義』の『趙儼』は)弘治本(こうじぼん。嘉靖本〈かせいぼん〉)にのみ登場する人物」だという。

確かに史実における趙儼は、魏の曹芳(そうほう)の時代に「司空(しくう)・都郷侯(ときょうこう)」まで昇り、正始(せいし)6(245)年に亡くなっている。ここで出てきた「諫議郎の趙儼」のくだりはまったくの創作であるため、一見しただけでは(正史に見える)趙儼と同じ人物なのかわかりにくかった。

ところが、ほどなく献帝のもとに、趙儼が市へ引き出されて斬られたとの報告が届く。

伏皇后(ふくこうごう)は、父の伏完(ふくかん)に決意のほどをそっと伝え、曹操を刺す謀(はかりごと)を巡らせてもらうよう勧める。使いには穆順(ぼくじゅん)が確かだとも。

ここで名の挙がった「穆順」は、先の第28話(05)で出てきた「穆順」とは別人。

ついに献帝は、厳しい監視の目を忍んで秘勅の一文をしたためる。これを朝臣の穆順に預け、伏完の屋敷へ届けさせた。

井波版『三国志演義』(第66回)では、献帝の秘勅ではなく、伏皇后が父あてに書いた手紙を密かに届けさせたとある。

忠節無二な穆順は秘勅を髻(もとどり。髪の毛を頭の上で束ねた所)の中に隠し、この命がけの使いのため一夜、禁門(宮門)から出た。

朝臣のうちにも曹操の回し者たる、いわゆる「見る目」や「嗅(か)ぐ鼻」はたくさんいる。すぐに密告し、曹操の耳へこう伝えた者があった。

「何かそそくさした様子で穆順が内裏を出て、伏完の屋敷へ使いに行ったようです」

勘のよい曹操には何かピンと響くものがあったに違いない。わずかな武士を連れ内裏の門にたたずみ、穆順が戻ってくるのを待っていた。

深更(しんこう。深夜)になり、穆順は何も知らずに帰ってくる。門の衛士には出るときに賄賂(わいろ)を渡してあった。辺りに人影はなく、すたすたと内裏の門へ差しかかる。すると不意に物陰から呼び止める声がした。

曹操の姿を見、ぞっと毛穴をよだてる穆順。夕刻から皇后さまがにわかに腹痛を催されたため、命を受け医師を求めに行ったのだと言い繕う。

しかし曹操は信じず、武士に命じて穆順の体を改めさせる。だが、衣服を剝ぎ足の先まで調べたものの一物も出てこない。とがめるかどもなく、曹操は彼を放した。

虎(トラ)の口を逃れたように、穆順は衣服を着直すとすぐ走りかけた。ここで頭にかぶっていた帽子が夜風に落ちる。あわてて拾いかけると曹操は再び呼び止め、自分で帽子を子細に改めた。

帽子の中からも何も出ない。曹操が投げ返すと穆順は両手に受け、真っ青になった顔の上にそれをかぶった。

井波版『三国志演義』(第66回)では、このとき穆順が帽子を前後逆にしてかぶったため、曹操は不審に思い、左右の者に髪の毛の中まで探らせたとある。

曹操は三度呼び止める。今度は穆順がかぶり直した帽子を引きちぎり、その下の髻を髪の根まで搔(か)き分けた。曹操は舌を鳴らす。一通の紙片が現れた。細字で綿密に書いてある。伏完の筆跡で、娘の伏皇后にあてたものだった。

穆順は拷問にかけられ夜通し責められたが、ひと言も吐かない。一方で伏完の屋敷を襲った兵士たちは献帝の内詔を発見して持ち帰った。

井波版『三国志演義』(第66回)では、伏完の屋敷から見つかったのは「伏皇后直筆の手紙」。

曹操は冷然と命ずる。

「伏完以下、彼の三族を召し捕って獄につなげ。縁故の者はひとりも余すな」

「三族」については先の第120話(02)を参照。

さらに御林将軍(ぎょりんしょうぐん)の郗慮(ちりょ)にも、内裏へ入って伏皇后の璽綬(じじゅ。本来は「天子の印と組み紐〈ひも〉」の意)を取り上げ、平人(ひらびと)に貶(おと)して罪を明らかにせよと命じた。

ここで出てきた「伏皇后の璽綬」という用法についても、この第206話(01)と同様の疑問を感じた。

武装した御林の兵(近衛兵)は、郗慮を先頭に内裏へなだれ込む。伏皇后は、いち早く宮女に扶(たす)けられ内裏の朱庫に隠れていた。ここには二重壁があり、壁の中へ身を塗り隠してしまう仕掛けがあった。

郗慮は尚書令(しょうしょれい)の華歆(かきん)を呼んで協力を促し、ともに朱庫の扉を破って内部へ躍り込む。

伏皇后は見えず、郗慮は外へ戻ろうとしたが、華歆は職掌柄ここの構造を知っていた。剣を抜いて壁を切り開くとたちまち鮮血を吹き、その中から伏皇后が転(まろ)び出る。

井波版『三国志演義』(第66回)では、このあたりで華歆と管寧(かんねい)の逸話に触れていた。だが、吉川版『三国志』では「管寧」を使っていない。

伏皇后が素足のまま引っ立てられてくると、曹操はにらみつけて言った。

「われかつて汝(なんじ)を殺さざるに、かえって汝われを殺さんと謀る。この結果は今に思い知らせてやる」

ここにある「われかつて汝を殺さざるに…」については、先の第95話(03)を参照。おそらく董承(とうじょう)らが曹操殺害を計画し露見した事件に絡み、「董承の娘」という設定の董貴妃(とうきひ)は自害させられたのに、伏皇后はそうならなかった、という意味合いだと思う。

曹操が武士に命じて鞭(むち)や棒で乱打を加えさせると、伏皇后は悶(もだ)え苦しみながら、ついに息絶えてしまった。

その悲鳴や曹操の罵声は外殿の廊まで聞こえてきたほど。献帝は髪をつかんで身を震わせ、天へ叫び、地へ昏絶(こんぜつ)した。

「こんなことが天日の下にあってもよいものか。この地上は人間の世か? 獣の世か?」

血も吐かんばかりなありさまに、郗慮は武士の手を借りて無理やり献帝を抱え、秘宮の内へ閉じ込めた。

曹操は毒に酔える人のごとく、もうどのようなことでも平然とやってのけた。伏完の一門から穆順の一族縁類の端まで、総計二百何十人という男女老幼をたった半日の間に残らず捕らえ、宮衙門(きゅうがもん。宮殿の役所の門?)の街辻(まちつじ)で首斬ってしまった。

時は建安19(214)年の冬11月、天も悲しむか曇暗許都の昼を閉じ、枯れ葉の啾々(しゅうしゅう。ここでは「枯れ葉が音を立てている様子」の意か?)と御林に泣き、幾日も幾日も衙門(役所の門)の冷霜は解けなかった。

ここで出てきた「御林」についてはうまく意味がつかめなかった。もちろん「近衛軍」という意味ではないと思うが……。

ある日、曹操は朝へ出て、憂愁そのものの裡(うち)に閉じこもっている献帝に奏した。

「陛下。承れば供御(くご。天子の御用にあてる)の物も連日お上がりにならない由ですが、どうかもう宸襟(しんきん)を安んじていただきたい」

「臣も何とてこれ以上、情けのない業(わざ)をいたしましょう。本来、無情は曹操の好んですることではないのですが、ああいう問題が表面化しては捨て置くわけにまいらないではありませんか」

そして、自分の娘を強いて皇后に薦めた。献帝に拒む力はなく、翌(建安20〈215〉年の)春正月、晴れて曹操の娘は宮中に入り「皇后」の位に即いた。

それとともに曹操もまた、「国舅(こっきゅう。天子の母方の親類や妻の一族である父兄)」という容易ならぬ身分を加えた。

井波版『三国志演義』(第66回)では、曹操の娘はこのとき宮中へ入ったのではなく、すでに宮中へ入って「貴人(きじん)」の位にあったことが語られていた。

管理人「かぶらがわ」より

曹操の増長ぶりが強調されていた第206話。伏皇后の件はともかく、荀攸の態度や死因についてはまったくの創作。

曹操のこういう一面だけを取り上げて、「残虐だ」「悪だ」などと決めつけるのはマズいのではないかと思います。立場のある者が立場のある者を謀って失敗すれば、この状況で見逃してもらえるはずがありません。

それだけの覚悟と覚悟のぶつかり合いの結果なのですから、「伏皇后はお気の毒」で「曹操はひどい」という片づけ方はないでしょう。もし献帝が善政を敷いていたというなら、また話は変わってきますけど……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】