吉川『三国志』の考察 第100話 「破衣錦心(はいきんしん)」

曹操(そうそう)の関羽(かんう)への情熱はとどまるところを知らない。

ある時は関羽の袍(ひたたれ)が古びていたため見事な錦袍(きんぽう)を贈ったが、のちに同席した折に見てみると、彼は贈った錦袍の上に古びた袍を重ね着していた。その心は……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第100話の展開とポイント

(01)許都(きょと) 丞相府(じょうしょうふ)

ある日、関羽(かんう)がぶらりと丞相府に姿を見せる。劉備(りゅうび)の夫人たちの暮らす内院が雨漏りするため、その修築を頼みに来たのだった。

担当の役人から満足な返事を聞き、帰っていく関羽。その姿を曹操(そうそう)が楼台から見かけ、侍臣を遣って呼び戻す。

曹操は関羽の緑の袍(ひたたれ)が古びているのを見て、見事な一領(いちりょう)の錦袍(きんぽう)を贈る。

「錦(にしき)」は、いろいろな色糸や金銀の糸を横糸に使い、きれいな模様を織り出した厚い高価な織物。

ところがその後、何かの折にふと関羽の襟元を見ると、先に与えた錦袍は下に着て、上には依然、緑のボロ袍を重ね着して澄まし込んでいた。

訳を尋ねると関羽は、上に着ている袍はかつて劉皇叔(りゅうこうしゅく。天子〈てんし〉の叔父にあたる劉備)から拝領した恩衣なのだと話す。

朝夕にこれを着、これを脱ぐたび、劉皇叔と親しく会うようでうれしい気持ちを覚えるのだと。そのため、いま丞相(曹操)から錦繡(きんしゅう)の栄衣を頂いたものの、にわかに旧衣を捨てる気にはならないのだとも。

こう聞いた曹操は感に打たれたもののごとく、しみじみと関羽の姿に見惚(と)れた。

そこへ劉備の夫人たちに仕えている者が来て、関羽に帰宅を促す。夫人たちが何事かを嘆き、関羽を呼んでいるという。

すると、関羽はあいさつもせずに駆け去ってしまうが、曹操は呆然(ぼうぜん)と見送り、何とか彼のような人物から心服されたいものだと、ひとりつぶやいていた。

(02)許都 関羽邸 内院

帰宅した関羽が甘夫人(かんふじん)と糜夫人(びふじん)に泣いている理由を尋ねると、何のことはない。うたた寝していた糜夫人が、夢にありありと夫の死を見たというのだ。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第25回)では、二夫人が泣き伏している一件は、関羽が屋敷にいたときの話になっている。

関羽は不安を打ち消し、しきりと陽気な話題に話を逸(そ)らす。こうしてふたりを慰めていると、曹操の侍臣が内院の苑(にわ)まで来て再度の来訪を促した。

(03)許都 丞相府

関羽は丞相府へ戻っていく。こうしている間も劉備のことを忘れ得ない関羽だったが、今ここで曹操の機嫌を損じてはと、ひとり忍辱の涙を飲み、何事にも唯々諾々と服していた。

曹操は先ほどとは別の閣室に花を飾って美姫を巡らし、善美な佳肴(かこう)と紅酒黄醸の瓶(かめ)を備えて待っていた。

そして、関羽の瞼(まぶた)に泣いた跡があるのを見つけ、意地悪く尋ねる。

関羽は包まずに、二夫人が日夜、劉皇叔を慕って嘆かれるため、実は今ももらい泣きをしてきたのだと話す。大人的な態度に、また惚(ほ)れぼれと見入る曹操。

やがて酒も半ばたけなわのころ、曹操は関羽の髯(ひげ)について尋ねる。しかし関羽は、何の話が出てもすぐに自分を責め、劉備を思慕してやまない。

そのたびに曹操は話を逸らすことに努めながら、心の内で関羽の忠義に感じたり、反対にほろ苦い男の嫉妬(しっと)や不快を味わうなどし、すこぶる複雑な心理に陥るのが常だった。

(04)許都 禁中(宮中)

翌日、曹操は関羽を誘って参内し、そのついでに錦の髯囊(ひげぶくろ)を贈る。献帝(けんてい)は関羽が胸に掛けている囊のことを尋ね、「なるほど、美髯公(びぜんこう)よ」と感想を漏らした。

帰り際、曹操は関羽がみすぼらしい痩せ馬を用いているのを見とがめる。凡馬では乗りつぶされてしまうことを聞くと急に侍臣を走らせ、一頭の馬を引いてこさせた。

全身の毛は炎のように赤く、目はふたつの鑾鈴(らんれい。天子の車馬に付ける鈴)をはめ込んだよう。かつて呂布(りょふ)が乗っていた「赤兎馬(せきとば)」だった。

この馬を贈ると言うと、関羽は再拝して喜色をみなぎらせる。曹操は、これまで何を贈っても喜ばなかった関羽が大喜びしているので、訳を尋ねた。

すると関羽は言下に答えた。「こういう千里(せんり)の駿足(しゅんそく)が手にあれば、一朝、故主玄徳(げんとく。劉備のあざな)のお行方が知れた場合、一日の間に飛んで行けますから、それをひとり祝福しているのです」

悠々と赤兎馬にまたがって帰っていく関羽を見送りながら、曹操は唇をかみ締める。どのような憂いも長く顔にとどめていない彼も、その日は終日ふさいでいた。

(05)許都 丞相府

張遼(ちょうりょう)は侍側の者から子細を聞き、深く責任を感ずる。そこで曹操に、関羽と会い本心を打診してみると申し出た。

(06)許都 関羽邸

曹操の内諾を得た張遼は数日後に関羽を訪ねる。世間話の末に探りを入れてみたが、あくまで彼は劉備への忠義を貫く覚悟であることがわかった。

また関羽は、何か一朝の事でもある場合は身相応の働きをし、日ごろのご恩に応えた後に立ち去る考えだとも話す。

(07)許都 丞相府

張遼からありのままの復命を受けた曹操。あえて怒る色も見せず、是非もないと長嘆するばかりだった。

関羽がひと働きしてご恩を報じ、そのうえで立ち去ると言っていたことを聞くと、そばにいた荀彧(じゅんいく)が献言。このうえは関羽に功を立てさせないに限ると。

管理人「かぶらがわ」より

劉備にもらったボロ袍を愛用する関羽。そして曹操から赤兎馬をもらい、大喜びする関羽。関羽のことではほろ苦い思いばかりの曹操。どうあっても志操を曲げない関羽。

その人柄と才能に惚れ込むあまり、執ように口説き続ける曹操。まぁここまで来ると、ふたりとも立派ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (4) 臣道の巻
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました