吉川版『三国志』の考察 第226話 「烽火台(のろしだい)」

魏王(ぎおう)の曹操(そうそう)に対抗して劉備(りゅうび)が「漢中王(かんちゅうおう)」に即位したことを知り、呉侯(ごこう)の孫権(そんけん)はイラ立ちを隠せない。

さらに荊州(けいしゅう)へ遣わした諸葛瑾(しょかつきん)が関羽(かんう)に追い返されたと聞くや、密かに曹操と結んで荊州攻略に動きだす。だが、そのころ関羽は王甫(おうほ)の進言を容れ、各地に烽火台を築かせていた。

第226話の展開とポイント

(01)建業(けんぎょう)

諸葛瑾(しょかつきん)の荊州(けいしゅう)への使いは失敗に帰す。ほうほうの態で帰ってありのままを復命したところ、孫権(そんけん)は荊州攻略の大兵を動かさんと、建業城の大閣に群臣を集めた。

その場で歩隲(ほしつ。歩騭)が、荊州進攻は断じてご無用と反対の意見を述べた。それは魏(ぎ)の思うつぼで、呉の兵馬を曹操(そうそう)のために用いるも同様ではないかと。

さらに歩隲は主戦的な人々を抑え、今こそかねて懸案の対魏方策を一決し、曹操の望み通り同盟を結ぶよう主張。その代わり襄陽(じょうよう)から樊川(はんせん)地方に陣取っている曹仁(そうじん)の軍勢をもって、荊州へ攻め入ることを条件とするのだと。

孫権は献策を容れ、すぐに曹操のもとへ使者を送り、魏呉不可侵条約ならびに軍事同盟の締結を急いだ。

(02)鄴都(ぎょうと)

呉の使節が入府したとき、曹操は歯医者を呼んで入れ歯をさせていた。斜谷(やこく)の乱軍中に口に鏃(やじり)を受け、その折に欠けた2本の前歯の修繕ができた日だったのである。

曹操の前歯が欠けたことについては、先の第224話(04)を参照。

前後の話を見ると井波版『三国志演義』(第73回)では、この時まだ曹操は長安(ちょうあん)にいたことになっているようだ。

曹操は使者を引見し、条約の文書に調印を与えた。この直後、満寵(まんちょう)を「樊川軍参謀(はんせんぐんさんぼう)」に任じ、曹仁のいる前線基地である樊城へ派遣した。

(03)成都(せいと)

蜀(しょく)はこの間に内治と対外的な防御に専念。漢中王(かんちゅうおう)の劉備(りゅうび)は成都に宮室を造営し、百官の職制を立てた。

そして、成都から白水(はくすい)までの400余里(り)の道中に駅舎を設け、官の糧倉を建て、商工業の振興と交通の便を促進するなど着々とその実を上げていた。

井波版『三国志演義』(第73回)では、(400余里ではなく)400余りの宿舎や駅舎を設置したとある。

ここへ荊州から急使が着き、魏の曹仁が突如、境を侵してきたことが伝わる。諸葛亮(しょかつりょう)は劉備をなだめ、関羽(かんう)がいるから心配ないと言った。

(04)荊州(江陵〈こうりょう〉?)

諸葛亮の旨を受けた司馬(しば)の費詩(ひし)が荊州へ急行する。

井波版『三国志演義』(第73回)では、費詩は「前部司馬(ぜんぶしば)」とある。

費詩は関羽に会うと漢中王の王旨であるとして、州中の兵を起こし、ただ守るにとどまらず、敵の樊城をも攻め取るよう伝えた。また、関羽が「五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)」のひとりに列せられたことも告げ、印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)を受けるよう言う。

「五虎大将軍」については前の第225話(01)を参照。

だが関羽は、自分のほかに馬超(ばちょう)や黄忠(こうちゅう)も任ぜられたと聞くと、児戯に等しいと笑い、不満の色を見せる。

井波版『三国志演義』(第73回)では、関羽は、馬超の「五虎大将」への叙任については不満を述べていない。不満の対象は黄忠ひとりだった。

この様子を見た費詩は諭す。そのお考えは、大いなる国家の職制と私の交情とを混同されたものだと。すると、関羽は急に費詩の前に拝伏し慙愧(ざんき)。卒然と自分の小心を恥じて印綬を受けた。

関羽は一夜のうちに麾下(きか)を集め、曹仁が境に迫りつつある事態を告げ、これを迎撃したうえ樊城も奪うと演説。この場で先陣を廖化(りょうか)とし、副将には関平(かんぺい)を添え、参謀として馬良(ばりょう)と伊籍(いせき)を付けることを決めた。

その夜は満城に篝(かがり)を焚き、未明の発向に備えて腰に兵糧を付け、馬にも飼い葉を与える。陣々には少量の門出酒も配られ、東雲(しののめ。夜明け)の空を待っていた。

関羽も支度を整え、「帥」の大字を書いた旗の下で盾に寄り居眠っていた。するとどこからか全身真っ黒な大猪(オオイノシシ)が走ってきて、いきなり具足の上から足にかみつく。

驚きざま、抜き打ちに大猪を斬ったかと思うと目が覚めていた。夢だったのである。父の声に養子の関平が来て尋ねた。夢ではあったが、大猪にかまれた跡がまだズキズキ痛む気がすると言い、苦笑する関羽。

(05)襄陽の郊外

曹仁の大軍は襄陽へ突入したが、関羽が全軍をひきいて荊州を出たとの報を受けるとにわかにたじろぎ、襄陽平野の西北に物々しく布陣。

魏の進撃が思いのほか遅かったのは、曹仁が樊城を発つときから、参謀の満寵と夏侯存(かこうぞん)などの間に作戦上の齟齬(そご)があり、出足が一決しなかったためである。

たちまち関羽軍は襄陽の郊外まで来て対陣した。魏の翟元(てきげん)が蜀の廖化に挑み、この戦(いくさ)の口火を切る。やがてやや乱軍の相を呈してきたころ、廖化は偽って敗走しだす。そのころ夏侯存と戦っていた関平も崩れ立つ。

関羽軍は全面的な敗色に包まれたかにみえたが、20里も追われてくると、逆に追撃してきた曹仁や夏侯存らの魏軍が乱脈に騒ぎ始めた。

後方に関羽を見ると、曹仁は肝を飛ばしたまま逃げる。偽って敗走していた関平と廖化の二軍も、遥か後ろに味方の鼓を聞くと、にわかに踵(きびす)を返し圧倒的な攻勢に出た。

魏軍は網中の魚に等しかったが、関羽から言われている旨もあったので長追いや悪戦はせず、ただ退路を失い四方に壊乱した敵を手ごろに捉(とら)えては壊滅を加えた。

関羽軍としては、ほとんど損害という程度の兵も失わなかったが、敵に与えた損害と心理的な影響は相当大きなものだった。

なぜなら、曹仁こそ辛くも生きて帰ったが、夏侯存は関平に討たれ、翟元は廖化に追い詰められて乱軍中に倒れた。いわゆる先陣の二将を序戦に失ったためである。

2日目も3日目も曹仁は不利な戦ばかり続け、ついに襄陽市中からも撤退。襄陽を越えて遠く退いてしまう。

井波版『三国志演義』(第73回)では、夏侯存を討ち取ったのが「関羽」、翟元を討ち取ったのが「関平」ということになっていた。

(06)襄陽

関羽の軍勢が襄陽に入ると城下の民衆は旗を掲げ、道を掃いて酒食を献じたりし、慈父を迎えるような歓迎ぶりを示した。

このとき司馬の王甫(おうほ)が一案を述べる。呉の呂蒙(りょもう)が陸口(りくこう)に一軍を屯(たむろ)させていることに触れたうえ、つなぎ烽火(のろし)の備えをしておくに限ると。

井波版『三国志演義』(第73回)では、王甫は「随軍司馬(ずいぐんしば)」とあった。

(07)荊州(江陵?)

王甫は関羽の許しを得ると、ひとまず荊州へ帰り人夫や工人を集め、地形を視察して烽火台の築造に着手した。

烽火台は1か所や2か所ではない。陸口の呉軍に備えるためであるから、その動きを遠望できる地点から、江岸の10里、20里おきに適当な丘や山地を選び、見張り所を建て、兵5、60人ずつを昼夜交代で詰めさせておくのである。

ひとたび呉の動きに異変があると見るや、まず第一の見張り所の丘から烽火を上げる。夜ならば曳光弾(えいこうだん)を上げる。

ここで出てきた「曳光弾」にはいくらか違和感があった。「曳光弾のようなもの」という意味合いだろう。

第二の見張り所はそれを知るや、またすぐ同様に打ち上げる。第三、第四、第五、第六というふうに、一瞬の間に烽火が次々の空へと走り移って、数百里の遠くの異変もわずかなうちに本城で知り得るという仕組みなのである。

(08)襄陽

やがて王甫は襄陽へ戻り、着々と工事が進んでいることを伝え、後は人の問題だと言う。

「江陵方面の守備は糜芳(びほう。麋芳)と傅士仁(ふしじん)のふたりですが、ちといかがと案ぜられます」

ここで出てきた「傅士仁」は(正史の)『三国志』では「士仁」とある。「傅」は衍字(えんじ。間違って入った不用の文字)だという。

「荊州の留守をしている潘濬(はんしゅん)も、政事(まつりごと)に私の依怙(えこ)が多く、貪欲(どんよく)だといううわさもあっておもしろくありません」

このあたりの記述が相変わらず不可解。「荊州の留守をしている」というが、その「荊州(城)」が「江陵」なのでは?

「烽火台はできても、それをつかさどる人に人物を得なければかえって平時の油断を招き、不時の禍いを招くもととならぬ限りではありませんからな」

だが関羽は生返事だった。自分が選んで留守を預け、あるいは江岸の守備にあたらせた以上、その者たちを疑う気にはなれない。考えておこうという程度に王甫の言葉を聞き流してしまった。

襄陽滞陣中に船筏(ふないかだ)の用意を整えた関羽は、ほどなく襄江(じょうこう)の渡河を決行させる。しかし、渡河中に予想された敵の猛襲はなく、大軍は難なく舟航を進め、続々と対岸への上陸を果たした。

(09)樊城

ここでも魏軍は内部的な不一致を暴露している。先に逃げ帰った曹仁は以後、関羽の武勇を恐れることひと通りでない。

関羽軍が歴然と渡河の支度をしているのを眺めながらも、参謀の満寵にひたすら策を求めているようなありさまだったのである。

満寵は初めから関羽を強敵と見て、曹仁が襄陽へ軍勢を出すことさえ極力諫めた守戦主義だったので、ふた言もなく、出て戦っては勝ち目はないと言った。

ところが、城中の呂常(りょじょう)らの考えはまったく背馳(はいち)しており、城にこもるのは最後のことだと痛嘆した。

前夜が激論に暮れてしまうと、翌朝にはもう関羽の旗がこちらの岸へ上っていた。呂常は自説を曲げず、上陸中の関羽軍を襲撃したが、関羽の雄姿を見た部下たちは戦いもせず城門の内に逃げ込む。

管理人「かぶらがわ」より

兵員には限りがありますから、王甫の指摘した通り、烽火台ごとの指揮官に優秀な人物を得られれば、効果的に国境を守ることができそう。ですが、その人選は非常に難しい……。この時期から荊州の関羽配下は駒不足の感が否めません。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】