吉川版『三国志』の考察 第227話 「生きて出る柩(いきてでるひつぎ)」

樊城(はんじょう)の曹仁(そうじん)が関羽(かんう)に包囲されると、曹操(そうそう)は援軍の総大将に于禁(うきん)を指名したうえ豪勇の龐徳(ほうとく。龐悳)を副将とし、「七手組(ななてぐみ)」と呼ぶ自身の親衛軍も添えることにした。

すでに副将の印綬(いんじゅ)を授かった龐徳だが、夜半に曹操から急な呼び出しがあり軍令の変更を伝えられる。その理由を聞いた龐徳は……。

第227話の展開とポイント

(01)樊城(はんじょう)

樊城は包囲された。弱敵に囲まれたのと違い、名だたる関羽(かんう)とその精鋭軍に包囲されたのであるから、落城の運命は当然に迫った。

(02)鄴都(ぎょうと) 魏王宮(ぎおうきゅう)

樊城から来援を乞う早馬が着くと、魏王宮中は大いに憂える。

井波版『三国志演義』(第73回)では、この時まだ曹操(そうそう)は長安(ちょうあん)にいたことになっていた。

曹操は評議の席に臨むと、列座を見回し于禁(うきん)を指名。于禁は重責を感じ、この命を受けるとともに、誰か先手の大将たるべき豪勇の人を添えてほしいと願い出る。

すると龐徳(ほうとく。龐悳)が名乗り出た。漢中(かんちゅう)進攻で捕らわれて以来、曹下の禄を食(は)んでいた者である。

このことについては先の第207話(08)を参照。

曹操はこれを許したうえ、「七手組(ななてぐみ)」を加勢に付けた。これは彼の親衛軍七手の大将で、魏軍数百万から選び挙げた豪傑たちだった。

ところがその夜、七手組のひとりの董衡(とうこう)が密かに于禁を訪ね、副将として龐徳が先陣にあたることへの不安を述べる。

龐徳は西涼(せいりょう)の生まれで、馬超(ばちょう)の腹心だった者。その馬超は、いま蜀(しょく)で劉備(りゅうび)に重用され、「五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)」のひとりに加えられている。

「五虎大将軍」については先の第225話(01)を参照。

のみならず、龐徳の兄の龐柔(ほうじゅう)も蜀にいる。そういう危険な陰影を持っている人物を先陣に立てて蜀軍とまみえることは、何とも複雑な神経を抱かせるのだと。

これを聞いた于禁は夜中ながら曹操に目通りを願い、その由を告げた。曹操はひとまず聞き置くとし、別に使いを遣り龐徳を呼び寄せる。

そして軍令の変更を伝え、いったん授けた印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)を取り上げると、龐徳は面色を変えて訴えた。

曹操は、予自身は汝(なんじ)に二心がないことをわかっているが、衆口は何とも防ぎようがないとなだめる。

龐徳は冠を解き床に座し、頓首(とんしゅ。頭を地面に打ちつけて礼をすること)して自己の不徳を詫びた。

さらになお激しく語り続け、兄の龐柔とは多年、義絶している仲であること。また、馬超とは別離以来、一片の音信も通じていないこと。

ことに馬超のほうから自分を捨て蜀へ降ったものであるから、今日その人に義を立てて、蜀軍に弓を引けないような筋合いはまったくないのだと述べた。

曹操は龐徳の身を扶(たす)け起こし、いと懇ろにその苦悶(くもん)をなだめた。こうして印綬が戻されると龐徳は感涙にむせび、誓って大恩にお応えせんと、百拝して退出した。

(03)鄴都 龐徳邸

龐徳の屋敷には、出陣の餞別(はなむけ)を呈するため知己朋友(ほうゆう)が集まった。

井波版『三国志演義』(第73回)や(第74回)の筋に従うなら、ここも「鄴都」ではなく「長安」ということになるが……。どうも話の展開と合わない気がする。吉川版『三国志』では、ここは「鄴都」だという設定の下に話を作っている感じだ。

帰宅した龐徳は召し使いを走らせ、死人を納める柩(ひつぎ)を買いに行かせる。そして妻の李氏(りし)に、柩を酒席の正面に飾っておくよう言う。

井波版『三国志演義』(第74回)では、帰宅した龐徳が、職人に木棺を作らせたとあった。

龐徳は着替えた後で客間に臨んだが、客はみな正面の柩をいぶかり、お通夜のように潜まり返っていた。

龐徳は今宵の顚末(てんまつ)を逐一話し、魏王の大恩に感泣して帰ってきた心事を一同へ告げ、関羽との決戦に臨む覚悟を述べた。

悲壮な主の決心を知り満座みな袖(そで)を濡(ぬ)らしたが、妻の李氏はかいがいしく侍女や下僕を指図して、夜の白むまで夫や客の酒間に立ち働き、ついに涙を見せなかった。

夜が白むと、鄴都の街は鉦太鼓(かねたいこ)の音がやかましい。于禁の一族や七手組の大将がそれぞれ出陣する触れである。

龐徳の屋敷でもはや門を開かせ、掃き清めた道を、やがて主人が郎党を従えて出てきた。見れば彼の兵は列の真っ先に、白錦襴(しろきんらん。金襴〈金の糸を模様に織り込んだ美しい織物〉のたぐいか?)で覆いをした柩を高々と担っている。

門外に堵列(とれつ)していた500余人の部将や士卒はびっくりした。葬式が出てきたと思ったからである。

龐徳は馬上から、生きて帰らぬ決心と魏王の大恩を告げた。さらに、もし自分が関羽に討たれ空しき屍(しかばね)となったときは、この柩に亡骸(なきがら)を納め、魏王の見参に入れてくれとも話す。

(04)鄴都 魏王宮

曹操は龐徳の出陣ぶりを聞き喜悦を表す。

ここも井波版『三国志演義』(第74回)では、長安での出来事として描かれているようだ。

すると、そばにいた賈詡(かく)が注意を促した。武勇だけなら龐徳は関羽とも互角だが、知略では到底及ばないだろうと。魏のまたなき大将をむざむざ死なせに遣るようなことは、決して良計とは思えないとも。

曹操は使いを遣り、龐徳に王命を伝えさせた。戦場に着いても必ず軽々しく仕掛けるな。敵を甘く見るな。関羽は知勇兼備の聞こえある者。くれぐれも大事を取り、仕損ずるなかれと。

管理人「かぶらがわ」より

味方から起用を危ぶむ声が出て、男泣きに忠心を示す龐徳。これほどの勇将が曹操に付いたことは、劉備にとっては痛手でしたね。

もちろん馬超や馬岱(ばたい)は活躍してくれましたが、それに龐徳も加わっていたら、諸葛亮(しょかつりょう)の作戦にも少なからず影響を与えたはず……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】