吉川版『三国志』の考察 第228話 「関平(かんぺい)」

樊城(はんじょう)の包囲を続けていた関羽(かんう)のもとに、曹操(そうそう)の援軍が迫っているとの知らせが届く。

関羽が迎撃に向かおうとすると、養子の関平が自分を代わりに遣わしてほしいと強く請う。許しを得た関平は敵の先鋒たる龐徳(ほうとく。龐悳)に挑むが……。

第228話の展開とポイント

(01)樊城(はんじょう)の城外

樊城の包囲は完成した。水も漏らさぬ布陣である。関羽(かんう)は中軍に座し、夜中頻々と報じてくる注進を聞いていた。

曰(いわ)く、魏(ぎ)の援軍数万騎。曰く、大将は于禁(うきん)、副将は龐徳(ほうとく。龐悳)。さらに魏王(ぎおう。曹操〈そうそう〉)直属の「七手組(ななてぐみ)」の7人の大将もおのおの士馬精鋭を引っ提げ、旋風のごとく進軍中と。

また言う。先鋒の龐徳は関羽の首を挙げずんば帰らずと、白き旗に「必殺関羽」と書き、軍卒に柩(ひつぎ)を担がせ、すでにここから30里(り)余りの地に陣して螺鼓(らこ)銅鉦(どうしょう)を鳴らし、気勢ものすごきばかりにて候と。

これを聞くとただちに関羽は駒を寄せてまたがり、養子の関平(かんぺい)を呼んで言った。

「父が龐徳と戦う間、汝(なんじ)は油断なく樊城を突け。魏の援軍、城外30余里の彼方(あなた。あちら)に来たれりと知れば、城兵の気はとみに高まり隙を見せると反撃してくるぞ」

関平は父の乗馬の口輪をつかむ。その前に立ちふさがり、まずは自分を遣わしてほしいと言った。許しを得た関平はたちまち馬上の人となり、部下の一隊を差し招くと、凜々(りんりん)と先に立って駆け出す。

(02)樊城の郊外

やがて関平の前方に、雲か霞(かすみ)を引いたように敵の第一陣線が望まれた。手をかざして見れば、皁(くろ)い旗には「南安之龐徳(なんあんのほうとく)」と印し、白い旗には「必殺関羽」と書いてある。

原文「皀い旗」だが、これは誤用と思われる。「皁い旗」もしくは、その俗字である「クロ(白+七)い旗」とすべきだろう。手元にある3種類の吉川版『三国志』を見比べてみると、「新潮社版」と「講談社版(新装版)」では「皀い旗」となっていたが、古いほうの「講談社版」では「クロい旗」となっていた。古いほうというのは1990年7月20日に第19刷が発行されたもので、1981年2月15日に第1刷が発行されたとあったもの。

関平は駒をとどめ、大音で龐徳を呼ぶ。龐徳が「あの青二才は何者か?」と左右に尋ねても、誰も知る者はない。そこで陣列を開かせ名を問えば、関羽の養子の関平との答え。龐徳は関羽を出すよう言って辱めた。

激した関平は馬もろとも龐徳に飛びかかる。刀を舞わせてよく戦ったが勝負はつかない。ついに相引きの形で引き分かれたが、さすがに若くて猛気な関平も肩で大息をつきながら、満身に湯気を立てていた。

関羽は合戦の様子を聞くと、次には必ず関平が負けると思ったらしく、翌朝、樊城攻めは部下の廖化(りょうか)に預け、自分は関平の陣へ来てしまった。

関羽が両軍の間に赤兎馬(せきとば)を進めると、一騎で龐徳も馬を向けてくる。互いに思うところを述べ合った後、ついにふたりは刃を交えた。

戦えば戦うほど両雄とも精気を加えるようなので、双方の陣営にある将士はみな酔えるがごとく手に汗を握っていた。

猛戦が数百合(ごう)を数えたころ、突然、蜀陣で金鼓を鳴らすと、それを機に魏のほうでも引き揚げの鼓を叩(たた)き、関羽も龐徳も同時に矛を収め、おのおのの営所へ引き退いた。

本陣で休息した関羽は龐徳の力量を認め、わが相手として決して恥ずかしくない敵だと話す。一方の龐徳も味方の内へ帰ると、口を極めて関羽の勇を正直に称えていた。

翌日、龐徳は再び馬を乗り出し関羽に挑みかけた。関羽も駒を進める。戦いが50余合に至り、龐徳は急に馬を巡らせて逃げかけた。関羽は偽計と察しながらも、これに追いすがる。

すると、不意に陣中から馬を飛ばしてきた関平が注意を促す。だが龐徳の放った矢は顔を狙って飛び、関羽は左臂(ひだりひじ)を曲げて受けた。関平は馬を寄せ、関羽を救い戻ろうとしたものの、龐徳が弓を投げ、刀を舞わせ躍りかかる。

蜀陣は鼓を打って動揺。魏陣も突貫し、たちまち双方は乱軍状態になった。その間をくぐり、関平は無二無三に父を扶(たす)けて味方の内へ駆け込む。

このとき魏の中軍では盛んに退鉦(ひきがね)を打ち叩いていた。龐徳は意外に思ったが、何か後方に異変でも起こったのではないかと、ともかくあわてて軍を収めた。

(03)樊城の郊外 于禁の本営

戻ってきた龐徳が于禁に尋ねると、その答えは心外極まるものだった。

「いや。別に何が起こったというわけではないが、都(鄴都〈ぎょうと〉?)を発つとき、特に魏王から戒めのお使者を派せられ、関羽は知勇の将、尋常(よのつね)の敵と思うて侮るなと、くれぐれ念を押された。ゆえに万一、彼の奸計(かんけい)に陥ってはと存じ、部下の者の深入りを止めたまでのことである」

曹操が戒めの使者を遣わしたことについては、前の第227話(04)を参照。ただしそこでは、戒めの対象が于禁ではなく龐徳だったように描かれていた。

龐徳は歯ぎしりした。于禁のために今日の勝機を逸しなければ、関羽の首を挙げ得たものを、と繰り返してやまなかった。

また部将の間には、それは于禁が自分の功を龐徳に奪われんことを恐れ、急に退鉦を鳴らさせたものだと穿(うが)った説をなす者もあった。

(04)樊城の郊外 関羽の本営

関羽の傷は浅いらしいが、なかなか薬の効き目は顕れない。関平らは努めてなだめ、彼が短慮に逸(はや)らないよう注意し、陣外の矢たけびなどもなるべく耳に入れなかった。

それをよいことに敵はほとんど毎日寄せてくる。龐徳は何とかして関羽を誘い出さんものと、日々兵をして罵り辱めた。

(05)樊城の郊外 于禁の本営

龐徳が于禁にこう献策する。

「どうしても誘いに乗ってきません。このうえは策を変え、わが先鋒と中軍が一手となり関羽の陣を突破し、一挙に樊城の味方と連絡を遂げてはどうでしょう?」

だが于禁は、これに対しても魏王の訓戒を繰り返す。関羽ほどの者が正面から突破されるような陣構えをしているわけはないと、容易に賛成する気色もない。

そればかりか、例の七手組の諸将を樊城の北10里の地点に移し、于禁自身は中軍をもって正面の大路に進撃を構え、龐徳の手勢はしごく出足の悪い山の後ろへ回してしまった。

管理人「かぶらがわ」より

関羽を相手に激闘を繰り広げ、ついには矢傷を負わせた龐徳。『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・龐悳伝)によると、龐徳は曹仁(そうじん)に従って南下し、樊に駐屯したということです。で、関羽と戦ったとき、その額に矢を命中させたのだと。

あれ? 左臂じゃないの? という感じですけど、この後の展開を見ていくと納得。額に矢(しかも「毒矢」)を受けていたら、さすがの華陀(かだ)でも見せ場はなさそうですからね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】